art/design

IZU PHOTO MUSEUMIZU PHOTO MUSEUM

© Hiroshi Sugimoto / IZU PHOTO

© Hiroshi Sugimoto / IZU PHOTO

Garnering attention since its opening in October 2009, the IZU PHOTO MUSEUM includes vintage and contemporary works such as unconventional photographs, modern art, and works by artists related to photography2009年10月に開館し、注目を集める「IZU PHOTO MUSEUM」は、古写真から現代美術まで、また芸術だけでなく今まで写真史や美術史の中では語られることのなかった写真・映像を紹介する写真美術館だ。現代美術作家・杉本博司設計の美術館は、美術館が現代の宝物を収蔵するような場所でもあることから、古墳や石室をイメージした現代の石室として設計デザインされている。

三島駅から無料シャトルバスで約25分。富士山麓に位置する「IZU PHOTO MUSEUM」はさまざまな美術館やレストラン、庭園が一体となった複合施設・クレマチスの丘の一角にある。エントランスの右手にある石垣と美術館奥の休憩所の前の石垣は、小田原の根府川石を切り出したまま自然なカタチで積み上げられた小端(こば)積みが美しい。また床には屋根に使う瓦の敷石用の敷瓦が使用されている。写真・映像に関する新刊古書を販売する「ミュージアムショップNOHARA」の本棚やベンチには、樹齢800年から1,000年と言われる米ヒバが使用され、ヒバを支える三角形のガラスは光学ガラスというカメラのレンズになる元のガラスを選んだ。これは透明度と硬さの強度が高く高価なもので、これらのような素材は杉本氏が考える一番古いことをやるのが一番新しいという事で、あまり使われなくなってしまった素材を今に復活させようとする新素材研究所の考え方によるものだ。

美術館内部のエントランスは少し天井が低くなっており、これは茶室の頭をかがめて入るというような、一度ワンクッションを置き、空間の雰囲気を変える効果を狙っている。また、展示壁の一部が斜めにカットされているのは、光の角度による陰影効果と空間を広く見せるためのもの。そして、その先にある館内の休憩スペース。こちらは窓の外にやはり根府川石が小端(こば)積みされ、小さな石室が設けられている。

静岡にも足を伸ばしてでも立ち寄りたいアートスペースの誕生だ。

IZU PHOTO MUSEUM
住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
営業時間:季節により異なる
TEL:055-989-8780
http://www.izuphoto-museum.jp

Text: mina
. The Museum, designed by contemporary artist Hiroshi Sugimoto, is arranged like a modern stone chamber resembling ancient burial mounds and tomb chambers. There is also a stone chamber, which particularly signifies the modern museum’s similarity to ancient treasure chambers or tombs. The Sugi-koke (haircap moss) growing around the base of this chamber seems to symbolize Mr. Sugimoto.

The Museum’s entrance ceiling is built a little low to emphasize the feeling of entering a different environment, similar to doorways in Japanese tearooms. The slanted cut of one of the walls is another design decision that was made in order to create a shadow effect, and to make the space appear larger. The rest area beyond this room looks out onto the koba-zumi style stone wall.

The stone walls located on the right-hand side of the entrance and the rest area (by the far end of the Museum) use the koba-zumi style of stone piling with Nefukawa stones from Odawara. For its stone floors, kawara roof tiles are laid out. Hiba cypress wood said to be 800 to 1,000-years-old is used for the bookshelves in the Museum Shop NOHARA, which carries photography-related books, and for the wood protecting the Museum’s glass surfaces. The triangular glass used to support the Hiba wood is actually an optical glass used for camera lenses. These materials were chosen for their transparency and strength, but Mr. Sugimoto also considers use of old supplies an innovative move. This revival of outdated materials is also the New Material Research Laboratory’s architectural approach.

The Museum is 25 minutes by a free shuttle bus from Mishima Station. Located at the base of Mt. Fuji, the IZU PHOTO MUSEUM is part of Clematis no Oka, which is a multi-cultural facility with museums, restaurants, and gardens. This new, unique art space deserves a trip out to Shizuoka prefecture.

IZU PHOTO MUSEUM
Address: 347-1 Clematis-no-oka, Nagaizumi-cho, Shizuoka
Tel: 055-989-8780
http://www.izuphoto-museum.jp

Text: mina
Translation: Makiko Arima
伊豆摄影博物馆
地址:静岡県長泉町東野克莱默蒂斯的丘347-1
电话:055-989-8780
http://www.izuphoto-museum.jp

shizuokaのお勧めイベント
Recommended Events in shizuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.