music

チカル・スタジオCHIKAR STUDIO

© CHIKAR STUDIO

アサンカラ(旭川)アイヌの血を引く、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者。 楽器プレイヤーとしてだけでなく、トンコリやアイヌの伝統歌「ウポポ」によるアイヌ伝統音楽を基調にOKI was born to a Japanese mother and an Ainu father. After graduating in crafts at the Tokyo University of Fine Arts and Music, he moved to New York in 1987, where he worked as special effects artist on film productions、ダブ、レゲエ、ロック、アフロ・ビートなど世界のルーツ音楽のダイナミズムを織り込んだ斬新なサウンド作りで独自の音楽スタイルを切り拓き、知られざるアイヌ音楽の魅力を国内外に知らしめてきた稀有なミュージシャン/プロデューサー。

1995年に発表したアルバム「カムイ コル ヌプルペ」から2007年の「ダブ アイヌ バンド ライブ イン ジャパン」まで12作品を発表。アイヌの天才的歌手安東ウメ子の2つの作品では演奏とプロデュースを手がけ現代に息づくアイヌ音楽として高い評価を受ける。オキの演奏するトンコリは樺太アイヌに親しまれていた5弦の琴。いわゆる日本の琴との共通点は全くない。トンコリのルーツをたどるのであれば、それは中央アジア、さらに遡ると遠くアフリカの赤道直下「イトゥリの森」であるとオキは主張する。

五弦、つまり五つの音階しかないという意味においてトンコリは現代の、例えばピアノなどと比較すると明らかに劣勢に立たされる。ではトンコリに限界があるかといえばそうとも言い切れない。トンコリの伝統曲「ケント ハッカ トゥセ」はたった5つの音でピアノでは到底表現できない完璧なリズムとメロディを構築している。トンコリをメロディ楽器として認識してしまうと限界はあるがリズム楽器としてとらえれば可能性は広がるというのがオキの持論だ。

オキはトンコリの限界と可能性の中で試行錯誤を繰り返し,2005年には伝統曲と正面から向き合い、トンコリだけで録音、制作されたアルバム、その名も「トンコリを発表した。オキがトンコリ名人であるかどうかは後の歴史が評価するものだが、より多くの多彩なリズムを弾きこなせる者がトンコリ名人であるとオキは定義している。

ここ数年オキが取り組んでいるプロジェクトの一つに「ダブ アイヌ バンド」がある。海外のフェスティバル出演の経験から、今日的なマナーであるドラムとベースを導入し、2006年にはアルバム「ダブ アイヌ バンド」を発表。

2005年以降「ダブ アイヌバンド」はドイツ、イギリス、スペイン、ノルウェー、ポルトガル、シンガポールのフェスティバルに出演、2008年は国内各地の野外フェスティバルの出演が決定している。ソロ活動とバンドの両面からさらに鍛錬を積み重ねていく決意を見せている。

CHIKAR STUDIO (OKI Official website)
http://www.tonkori.com
. He returned to Japan in 1992, and was presented with his first tonkori – the traditional stringed instrument of the Karafuto Ainu. Originating from the Sakhalin Island, the instrument inspired him to relocate to Hokkaido, where he taught himself to play and craft the tonkori. Currently, OKI is the most prominent performer of this instrument in the world.

His contemporary approach, which fuses Reggae, African and Electronica with Ainu folk melodies, has won praise not only in Japan, but also worldwide. Through his active participation in the United Nations’ Working Group on Indigenous Populations (WGIP), OKI has developed a network with other indigenous artists. He has collaborated so far with the well-known Native American Flutist, R. Carlos Nakai, the Australian Aboriginal band, Waak Waak Jungi, the Taiwanese singer-songwriter, Pau-Dull (Chien-Nien), as well as Abe Barreto Soares, the East Timorese poet, and the Siberian vocalist, Olga Letykai Csonka.

Many of these collaborations are featured on his latest album, No-One’s Land, released in 2002. OKI is accredited as the producer for the widely acclaimed CDs Ihunke (2001) and Upopo Sanke (2003), both featuring Umeko Ando, the renowned Ainu performer of the mukkuri (Jew’s harp) and upopo (traditional chanting). In 2004, OKI toured throughout the US, as well as performing at WOMAD in Australia, with his band OKI & the Far East Band.

In 2005 OKI Dub Ainu Band were one of the sensations of the WOMAD festival in the UK, where they also appeared with the highly regarded British broadcaster Charlie Gillett live on BBC London. In 2006 OKi Dub Ainu Band were the closing act at the City of London Festival and the group toured in Norway and Spain. Oki recorded with Irish group Kila on the album Oki and Kila, receiving rave reviews by fRoots (playlist) and Songlines (Top of the World). Tracks from Oki’s Dub Ainu CD have been selected for Charlie Gillett’s Sound of the World compilation 2006 (Rhino/Warner Bros.) and the Very Best of World Music (Nascente).

Discography- Kamuy Kor Nurpurpe (1996), Hankapuy feat. Umeko Ando (1999) No One’s Land (2002) Dub Ainu (2004) Tonkori (2005) Dub Ainu Deluxe (2006) OKI Dub Ainu Band (2007) Producer works: Umeko Ando, Ihunke (2001), Umeko Ando, Upopo Sanke (2003)

CHIKAR STUDIO (OKI Official website)
http://www.tonkori.com

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.