insider

ミワンダフルMiwonderful

© Miwonderful

© Miwonderful

Having her strong thoughts “Make the whole world smile with makeup” and “Makeup provides entertainment”, Miwonderful jumps over the pre-existed field of makeup-artist「メイクでもっと世界を笑顔に」「メイクでエンターテインメントを」という強い思いを胸に、既存のメイクアップ・アーティストの枠を飛び越えるように日本、アジア、欧米で活動を続けてきたミワンダフル。メイクスマイルアーティストという肩書きで世界中のストリートやステージに立つ彼女の、バイタリティーの秘密を探った。

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

メイクで世界を旅するプロジェクト「メイクアップ・ツアー」をしています。オリジナルの音楽に合わせて、唱うように踊るようにパフォーマンスしながら、メイクを楽しく届けることを大事にしています。これまで旅をしてきた国は、アメリカはロサンゼルス、ニューヨーク、ハワイ、ヨーロッパはパリ(ジャパン・エキスポ)、アジアは台湾、香港、上海、マレーシア、ミャンマー、バンコクや韓国にも行きました。

オリジナルのピンクフレームを担いで、ストリートでもメイクのパフォーマンスをし、日本流のメイクで出会う人と会話します!世界は広く、いろんな文化や習慣があって、ファッションも求めるカワイイも違うのですが「メイクでコミュニケーションして仲良くなる。世界中にメイクのお友達を作りたい」、そう思って活動しています。「メイク」という手段を使ってインスタレーションし、参加型のアートプロジェクトを目指したいと思っています!

「メイクスマイルアーティスト」という名前について教えて下さい。また、ミワンダフルさんの活動のベースとなる想いなども改めてお聞かせ下さい。

「自分はメイクアップアーティストとはまた違ったアーティストだ」という意識を持ち始めた海外活動のスタートから5年。「なぜ頑張ってこれたのかな、なぜやれるのかな」「どうして普通にできないんだろう、どうして面白くしたいんだろう」という想いを抱えながら世界のストリートで活動していた頃に…そうだ確か、台湾の渋谷と呼ばれる西門町にあるストリートで初めて、小さなスピーカーで音を鳴らして踊りながらメイクをしたらあっという間に1時間が経ち、多くの人だかりの中でメイクを必死にしていた自分がいました。その時、次から次にメイクをしに来てくれた方々と笑顔で話をし、写真を撮り、一緒に歌い踊るうちに「あ~、なんというかメイクで世界に繋がるってこういうことなのかな」という感覚をもらいました。その時、私が作りたいのは最新のメイク術などではなくて、メイクで喜んでもらえること、笑顔になってもらえることなんだと強く感じました。

そんな想いを背景に自分のアーティストの肩書きを考えていた頃、東京の一線で活躍している演出家の友人が渋谷のカフェで「メイクスマイルアーティストでしょ!」と。「それすっごい良い!メイクっていう言葉と笑顔、それにメイクスマイル=笑顔を作るって言う意味もあって良いね~」となり、「メイクスマイル アーティスト」ミワンダフルが誕生しました。

活動を続けてきて、変わらないこと、そして変わってきたことはありますか?

変わらないのは「メイクで世界中を笑顔に!」という想いですね。変わってきたことはそうですね、初めは「とにかくやるんだ!」というところから「常に成長したい、もっと面白いことをしたい。もっと質を高めたい、もっと強いメッセージを届けられるようになりたい」と、よりシンプルになって来た気がします。

書籍「世界中をメイクで笑顔に」、DVD「メイクアップ・キッチン」の発売や反響は、ご自身の活動にどのような影響を与えていますか?

自分が20歳の頃からずっと取り組んできた活動が、本という一つの形になった世の中へ出て行き、メイクスマイルアーティスト、ミワンダフルの想いを自分自身も整理することができ、改めて「何のために、誰のために活動してきたのか」「何を目指すのか」を確認することができました。全国各地のいろんな方からコメントを頂けたことも嬉しかったです。

DVDは、音楽を使ってメイクを表現している活動やメイクでエンターテイメントを目指していることがこれもまた一つの形となってくれたことで、周りの方に説明しやすくなりました(笑)!楽曲の反応も良いですね。初めて歌を作った時は、まさかリリースになるとは思っていなかったので嬉しいです!

札幌で今、注目している人やアーティストは誰でしょうか?

デザイナーのカズヒロマンです。世界一長いモヒカンのギネス記録保持者で、タトゥーストッキングの先駆的ブランド「アバンギャルド」のオーナーでもあります。昨年、本の撮影でお世話になり、あまりにもユニークで面白い方でびっくりしました!その後、DVDの演出やスタイリングにも関わっていただき、考えたモノを突き詰めて作り上げる強さと周りを明るくする素敵なアーティストさんだと私は思っています。現在は、東京から活動拠点を札幌に移し、北海道から新しいアパレルブランドを発信すべく準備なさっているそうです。2016年秋には正式に発表となるようなので楽しみにしています。

それからクリョーン。出会いは2013年のRSRにて、私がプロデュースするメイクアップブース「ミワンダーランド」でライブをしてもらったことでした。透明感のある音色は、特に朝や部屋の中、自然の中で聞くのがオススメ!独特の空気感を持っている彼女とは、色んな話をしました。現在アメリカに拠点を移し、きっとこれからもっともっと世界で活躍するトラックメーカーになると思います!インスタグラムの世界観も可愛いので是非のぞいてみて下さい。

札幌でのお気に入りの場所をいくつか教えて下さい。

ファッションなら「ビザー」。とっても可愛くて素敵なお洋服ばかりで、オーナーのリエさんのセレクトのセンスの良さが光るお店です!ここでは定期的にお買い物しています。

レストランは「和菜 きらり」、すっごく美しい会席です。眺めも良いです。

カフェなら伏見の山の上にある「ハイ・グロウン・カフェ」か「純喫茶オリンピア」(札幌市中央区北4条西6丁目)です。

Text: Aya Shomura
and explores her activity in Japan, Asia, Europe and U.S. We asked her about the secret of her vitality whom makes up on streets all over the world and stages, with a title “Make Smile Artist”.

Firstly please introduce yourself.

I’ve been organizing “Makeup Tour” in the world and providing makeup to people. With original music, I perform singing and dancing. Providing makeup as an entertainment is one of the most important things I try. I’ve been traveling Los Angels, New York, Hawaii, Paris (Japan Expo), Taiwan, Hong Kong, Shanghai, Malaysia, Myanmar, Bangkok, and Korea.

I always bring my original pink flame, show the performance on the street, and talk with people through Japanese style makeup! World is huge and there are bunch of kinds of cultures and customs. Fashion and the sense of “cute” are varied. Makeup is one of the communication tools there. “I want to make friends all over the world through makeup”. This is my concept. I’m interested in participation type art as installation with makeup!

Could you tell me about the name “Make Smile Artist”? What was the basic idea which made you start this activity?

It’s been 5 years since I began to recognize myself as “I’m totally different from makeup artist” in the activity at foreign countries. I was performing on the streets in the world and thinking “Why I’ve been able to keep on performing” and “Why I can’t do normally. Why I can’t stop thinking to make things fun”. It was when I had show on the street of Ximending where was called as Shibuya in Taiwan for the first time. I started dancing and makeup with music from the little sound speaker. 1 hour had passed in an instant and I found myself who had been concentrating on makeup desperately in the crowds. I talked with people who came to have my makeup, laughed, took photos, and danced together. This was the time when I felt “connecting the world through makeup”. Not the latest techniques of makeup, but making people smile and have fun. I strongly thought this was what I wanted to do.

With such thought, the idea about my title as an artist came up. My friend who is a director in the front line suggested at the café in Tokyo “You should be Make Smile Artist!” And I agreed as “That’s super good! The word “make” and “smile”, and meaning of “make-smile” fit perfectly well!!” This was the birth of “Make Smile Artist” Miwonderful.

Please tell us what has never changed and what has changed for you.

The thing which has never changed is my thought “Make the world smile by makeup”. The thing which has been changing is my way of thinking. Firstly I thought I had to do something anyway. I think now “I want to keep learning. I want to do more interesting thing. I want to heighten the quality. And I want to tell stronger message to people.” It’s getting simpler.

After released your first book “Make the World Smile by Makeup: MAKE SMILE TRIP@Miwonderful” and DVD “Makeup Kitchen”, is there any influence and impact for your activity?

Through the book about my activity since 20 years old, I could organized my idea and thoughts as a Make Smile Artist “Miwonderful”, and confirmed anew by myself such as “What and whom have I acted for?” and “what do I aim for?” Of course, I was so glad to receive comments from many people throughout Japan.

About DVD, it became easy for me to explain my entertainment through makeup with music for others. Indeed, DVD is a kind of instrumental to express the activity of Miwonderful. I feel the reaction is good also. I never imagined that my song would be released when I had made my first song, so I’m really happy!

Who is the creator or artist that you keep an eye on now?

Kazuhiroman”, a designer. He is the Guinness record holder for the longest Mohican in the world, and the owner of the pioneering brand “AVANTGARDE” in Shibuya for tattoo stockings. Last year, I met him first at the shooting for my book, but I was surprised because he is unique a lot! After that, I requested to work again for direction and styling of my DVD. I think he is a wonderful artist who has a strong mind to complete production and work thorough investigation and make people around him enjoy. As moved to Sapporo, he is preparing for starting to promote his new brand from Hokkaido. I look forward to hear his latest announcement soon, in 2016.

And “Qrion”. Our first met was at the Rising Sun Rock Festival in 2013, and she acted her DJ performance for my makeup booth “Miwonderland” there. I recommend to hear her clear sound especially in the morning, your private room and the nature! I have been talked with Qrion having her own personality, several times. Now she moved her base to America, and I believe she will be a more international track maker. Please check out her cute instagram.

Please tell me your favorite places in Sapporo.

For fashion, it’s “BZAR”. As filled with very cute and wonderful clothes, the owner RIe’s selection should make you satisfied! In my case, I do my shopping regularly there.

For restaurant, “Kirari” will serve you so delicious traditional Japanese meal brought in courses. The view is also good.

And my favorite cafes are “high Grown Cafe” and “coffee shop Olympia”.

Text: Aya Shomura
Translation: Fuyumi Saito

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.