art/design

本田明二ギャラリーMeiji Honda Gallery

© Meiji Honda Gallery

Netsled in the residential area, Meiji Honda Gallery can be reached walking from the Nishisen 14 Jo Station of Sapporo City tram. The gallery is a private gallery opened in 2003 by the bereaved family of Meiji Honda札幌の街を走る路面電車の西線14条電停から住宅街を歩くと、ひっそりと佇むコンクリートの建物「本田明二ギャラリー」が現れる。ここは、本田明二(ほんだめいじ)の遺族が2003年に開設した私設ギャラリー。作品を通して北海道の芸術文化を育む場として沢山の方に足を運んで欲しいという想いから、無料で開放されている。

本田明二は、本郷新、山内壮夫、佐藤忠良とともに、戦後の北海道の現代彫刻芸術を押し進めた人物の一人。4人は札幌第二中学校の同窓生でもあり、生涯にわたり深い親交を持ち互いに切磋琢磨しながら製作を行ってきた。1972年に開催された札幌オリンピックの記念として札幌市真駒内五輪橋に4人で手掛けた作品が設置されている。

本田明二(1919~1989年)は、北海道・月形町に生まれ、札幌第二中学校(現・札幌西高)を卒業後、上京。木彫家・澤田政広に師事。戦後、札幌に定住して作家活動に専念した。1981年には札幌市民芸術賞、1986年には北海道文化賞を受賞。本田の手掛けた多くの野外彫刻作品は北海道の人々に親しまれている。

ギャラリーの館内は、吹き抜けと螺旋階段が印象的なモダンな空間となっている。展示スペースは1階と2階に分かれ、螺旋階段を利用し移動する。本田の素朴で力強いが繊細な美しさを持つ作品と、白を基調とするモダンな空間とがマッチしている。

展示作品は、札幌芸術の森野外美術館に展示されている代表作「けものを背負う男」(1986年)の様々なバリエーションや、旭川のスタルヒン球場にある銅像作品「スタルヒンよ永遠に」(1979年)の原型など、収蔵作品の中から10〜15点ほどを展示している。北海道らしい、ふくろうや、馬などの動物をモチーフにした作品も多い。

『もし北海道的というものがあるとすれば、それは意識して出てきたものではない。半年間の雪との闘いの中から自然とにじみでてきたものである』という、生前の本田の言葉にもあるように、北の文化はその風土と密接に関わっている。彼の彫刻を通して北海道文化の一端を見ることができるのではないだろうか。

本田明二ギャラリー
住所:札幌市中央区南15条西13丁目1-34
開館時間:10:00~16:00
休館日:日・月・祝日、年末年始、展示替えなどのための臨時休館日
TEL:011-530-3050
http://www.nordvento.co.jp

Text: Yui Shimomura
. The gallery is open for free admission with an aim to provide many people to visit the gallery as a place to nurture the culture of art in Hokkaido.

With Shin Hongo, Takeo Yamanouchi and Churyo Sato, Meiji Honda is one of the leading modern sculptors in postwar Hokkaido. The 4 sculptors went to the same school, Sapporo Daini Junior High School, and worked hard on sculptural pieces together maintaining a deep friendship for lifetime. As a commemoration of the Sapporo Olympic Game held in 1972, their pieces were installed on the Orympic Bridge in Makomanai, Sapporo.

Born in Tsukigata Hokkaido, Meiji Honda (1919-1989) moved to Tokyo after graduating from Sapporo Daini Junior High School (current Sapporo Nishi High School). Studied with a wood sculptor Seikou Sawada, Honda resided permanently in Sapporo for his creation after the war. Awards include Sappro Citizens Art Prize (1981) and Hokkaido Cultural Award (1986).

Inside the gallery, the interior design is a modern look with an atrium and spiral staircase. The exhibition space is divided into 2 areas on 1st and 2nd floors. The simple, strong yet delicate beauty of Honda’s work and white-color modern interior space match well together.

The collection includes about 10-15 works of a variety of different versions of his famous work of 1986 which is displayed in Sapporo Artpark Sculpture Garden, other bronze statues, and pieces based on animals like owls and horses as motifs.

The culture in the north region is closely related with the climate. You will be able to see a glimpse of the culture in Hokkaido through Honda’s sculpture.

Meiji Honda Gallery
Address: 1-34, South 15 West 13, Chuo-ku, Sapporo
Opening Hours: 10:00-16:00
Closed on Sunday, Monday, Public Holiday
Tel: 011-530-3050
http://www.nordvento.co.jp

Text: Yui Shimomura
Translation: Mariko Takei
本田明二画廊
地址:札幌市中央区南15条西13丁目1-34
开放时间:10:00-16:00
休息日:星期日、星期一、祝日
电话:011-530-3050
http://www.nordvento.co.jp

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.