theater

オーディアムAUDIUM

たまたま聞いていた日本の某FM局から、ホロフォニックスという技術を使用した3D音響のデモが流れていた。もう10年以上も前の話である。ヘアカットをシミュレートしたこのサウンド・デモを、Tired of bad sound system at your party? Just a stack of loud speakers don’t turn you on any more? If you are looking for a true sonic stimulant that maxes out your adrenaline level,ラジオDJが勧めるように自宅のヘッドフォンを繋げて聞いてみたところ、ハサミが髪を切る音が、上下左右、そして前後に実際に動いているような、奇妙な体験を今でも覚えている。一般のステレオ方式による音響を超えたリアルな臨場感が、子供ながらに大変興味深かったのだが、ホロフォニックスとの出会いは、そのほんの5分たらずのラジオのエアーで終わってしまい、その後再び耳にすることはほとんどなかった。

そんなたわいもない昔の記憶の一片をノスタルジックに思い出させてくれたのが、今回紹介する Audium と呼ばれるシアターである。サンフランシスコの中心部からほど遠くないロケーションにあるこの施設は、3次元スペースと音響の密接な関係を体感できる、世界でも稀な存在の「音」のミュージアムである。レニー・クラビッツのビデオクリップにでてくるような、レトロ調のドーム型をした Audium のメインルームには、169にも及ぶ、様々なサイズのスピーカーが天井からフロアーまで四方いたるところにビッシリと埋めつくされている。オーディエンスは、円形に設置されたリクライニングチェアーに座り、空間を上下左右に飛び交うサウンドパルスを楽しむといった具合だ。

一般に3D音響体験というと、ドルビーサラウンドを駆使したハリウッド映画やエキスポ等をイメージするが、この Audium シアターとそれらの違いは、音に伴う映像が意識的に排除されているという点だろう。セッションが始まると同時に、ドームの照明は全て消され、観客は完全な闇につつまれた環境に身をまかせる事になる。全く何も見えない状態で周囲を動き回るサウンドの数々は、予想以上に強烈な体験をかもしだす—–49人を一度に収容するこのスペースを、他の観客と一緒になって共有しているにもかかわらず、オーディエンスひとりひとりは、まるで周囲から遮断されたような孤立した感覚におちいるのである。「耳と想像力を持参してください」というシアターのキャッチフレーズのとおり、暗闇の中で繰り広げられる、目に見えない音の彫刻は、全身の感覚を敏感にし、頭の中のイマジネーションをフルに増殖させる。いわば、脳にダイレクトに伝わってくる音に反応して、体験者がそれぞれ個人的なリアリティーを頭の中でつくりあげる、といったところだろうか。あえて例えるなら、アフターアワーズの朝5時、爆音で響くベースが延々と神経を麻痺させている時間とか、クラシックコンサートでの、ピンと張りつまった無音の瞬間、あるいは、シンクロエナジャイザーのゴーグルが目の裏に写し出す、疑似ドラッグのような光のパターンを初めて見た時の興奮に、この Audium の音と空間がつくりだす体験は似ているのかもしれない。中には刺激が強すぎて、しばしエモーショナルになるお客さんもいるとか。要注意である。

AUDIUM
住所:1616 Bush Street, San Francisco, CA 94109
TEL:+415 771 1616
audium@mindspring.com
http://www.audium.org
here’s the alternative option— the Audium, a audio experimental theater pioneering the mind excursion of space in sound. It is the only “gallery for ears” in the world built exclusively for dimensional sound movement, using the whole environment as a unique musical instrument.

The Audium’s history goes back to 1960’s, when the two founders, a professional composer, Stan Shaff, and engineer Doug McEachern, started to experiment with physical dimension in audio composition. The current facility in downtown San Francisco was established in 1975 with the grant from the National Endowment for the Arts. Since then, the founders conducted live performances using their custom made console to create atmospheric mix of various sound bits, ranging from simple pulse clinks to ambient, nature sounds.

Inside, the Audium is heavily equipped with 169 speakers of various kinds and sizes, mounted throughout the dome shaped room from the floor to the ceiling. Sitting in one of the seats, you are literally surrounded by massive objects of sound flying all over the space from your head to toe. “Bring your ears and imagination,” as the program note mentions, the performance is played in totally pitch black darkness where the sounds stimulate your sensory imagination. Without relying on vision, you are likely to experience invisibly kinetic “sound sculptures” bouncing around in your head. You will sense the sound transforming into physical shape. The intense, yet unseen sound presence will evoke your subconscious journey— as Stan Shaff describes, the exploration of images, dreams and memories of your own.

The Audium opens every Friday and Saturday at 8pm. Consider changing your next club circuit plan for weekend to a trip to the Audium.

AUDIUM
Address: 1616 Bush Street, San Francisco, CA 94109
Tel: +415 771 1616
audium@mindspring.com
http://www.audium.org


AUDIUM
地址:1616 Bush Street, San Francisco, CA 94109
电话:+415 771 1616
audium@mindspring.com
http://www.audium.org

san-franciscoのお勧めイベント
Recommended Events in san-francisco
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.