art/design

アルバニー・バルブAlbany Bulb

Unknown artist - Emeryville mudflats, circa 1980

Unknown artist - Emeryville mudflats, circa 1980

「アルバニー・バルブ」に入るのは、少々プライベートを侵害するような気持ちになる。道は舗装されていないし、他のベイサイドパークに見られるような明確な提示もない。生々しく、草木が茂り、工場廃物が散らばっている。Entering the Albany Bulb feels a little like trespassing on private property. The paths are not paved or clearly defined like other bay-side parks – it’s raw, overgrown, and strewn with industrial refuse.「バルブ」の奥へと進むと、その無印の道は分かれはじめる。茂みの中のトンネルか、行き止まり、または出戻ってくる道。最終的に、その「バルブ」の最西端にたどり着くと、そこはベイブリッジからエンジェル・アイランドにかけての広範囲な景色が広がる、ゴールデンゲートブリッジ正面の海岸線だ。ここが、そのアートに気付くはじめの地点になる。

アートや彫刻の群れに気付かなくとも、ここは息を呑むような場所だ。最初に目につく「ハート・キャスル」は、捨てられたセメントで組み立てられ、刺激的な色で塗装されたへんてこな建物。北を歩き回ると、散らばったアートが密集しはじめ、あらゆる方角の風景に、変わった修飾が加わる。

サンフランシスコ・ベイ」の東海岸はもう長い間、廃物利用アーティストの場所とされてきた。「エマリービル・マドフラッツ」というベイブリッジの側のエリアは、大規模で品粗な彫刻のための良く目立つ展示スペースとして、また天然資材のまかない屋として役立ってきた。80年代後半の高速道路拡大で、このエリアは取り払われ、アーティストは他の場所に送られた。そのうちの1つが数マイル北に位置する「アルバニー・バルブ」だった。
「バルブ」はゴミ捨て場として建てられ、有毒なので発展しないと考えられていた。60年代後半のウォーターフロント環境法令への変更で、ゴミは捨てられなくなり、20年もの間使われずに佇んでいたのだ。ゴミ捨て場としされてきた頃の廃物資材が豊富にあり、この場所は廃物利用アーティストの理想だった。

80年代から「バルブ」はアーティストに使われていたが、ここ5年くらいの間にアートが激増したのだ。へんてこな構造物、大規模な彫刻、カラフルな壁画が、目眩がする勢いで現れた。2度訪れても同じものは見つからない。「スニーフ」として知られている団体は、「バルブ」の資材を最も活用するアーティストとして自らを掻き立てた。「バルブ」の北西の角はすべて、「スニーフ」の作品のためのギャラリーと化した。大きな壁画のラインが小道になっている。「バルブ」の不明確な運命や論争の増加により、「スニーフ」は昨年のいつかより、活動を辞めてしまったとの噂がある。

他のメジャーな「バルブ」アーティストには、オーシャと、「バルブ」のホームレス住居の立ち退きを代表する弁護士でもある古くからの廃物彫刻家がいる。

「アルバニー・バルブ」は現在、その特徴を失う危機にさらされている。この入口付近にショッピングモールを建て、天然公園を人工に返るという計画があるのだ。たくさんの様々なグループが「バルブ」をそのまま手にしようと、大きな戦いに備えているが、力のある開発者たちももちろんウォーターフロントの価値ある場所に目を光らせている。アルバニー・シティーとパーク・サービスによると、数日は彫刻、インストール、仮住まいの数をつけることにかかるとのこと。

廃物アートの自然は、不要なものから貴重なものへ変わりつつある。「バルブ」は変わったアートのための理想的な場所であるが、くずから美へと変更していく意気が、このスペースの未来を越えることは確かだ。

Albany Bulb
アルバニー・バルブへの行き方は、ここから

Text: Ammon Haggerty from Qaswa
Translation: Yurie Hatano
As you travel deeper into the Bulb, the unmarked paths begin to splinter – some tunnel into brush while others dead end or circle back. Ultimately, you reach the west most point of the Bulb, a shoreline facing the Golden Gate Bridge with sweeping views from the Bay Bridge to Angel Island. It’s here that you begin to notice the art.

Even without noticing the bevy of art and sculptures, this is a breathtaking place. The first structure most notice is the Heart Castle, an odd building assembled from discarded cement and painted in vibrant colors. Wandering north, the art strewn about becomes dense, revealing unusual modifications to the landscape in all directions.

The east shore of the San Francisco Bay has long been a draw for scrap/salvage artists. The Emeryville mudflats, an area near the Bay Bridge, served as a purveyor of raw materials and a highly visible public display space for large scale scrap sculpture. A freeway expansion in the late 1980’s cleared the mudflats and sent artists looking elsewhere. One location was a few miles north – a place called the Albany Bulb.

The Bulb was built as a dump and considered too toxic to develop. Changes to waterfront environmental laws in the late 1960’s prevented continued dumping, so the Bulb had been sitting unused for 20 years. Rich in scrap building materials from the dumping days, the location is ideal for scrap artists.

Artists have been using the Bulb since the 1980’s, but the past 5 years have seen a proliferation of art. Odd structures, large scale sculptures, and colorful murals appear at a dizzying rate. No two visits yield the same finds. A collective known as Sniff established themselves as the most prolific of the Bulb’s ever expanding artists. The entire northwest corner of the Bulb serves as a “gallery” to Sniff’s work, where large murals line the pathways. Rumor has it that Sniff stopped contributing sometime last year due to the increasing controversy and unclear destiny of the Bulb.

Another major contributor is Osha, and old-timer scrap sculptor who also happens to be the lawyer representing the displaced homeless residents of the Bulb.

The Albany Bulb is currently in danger of loosing its character. Plans are in the works to build a strip mall near the entrance and transform the natural park into a manicured foot path – sans art. A number of different groups are prepared for a major fight to keep the Bulb intact, but powerful developers have their eye on this valuable piece of waterfront property.. According to the City of Albany and the Park Service, the days are numbered for the sculptures, installations, and makeshift dwellings.

The nature of scrap art is the transforming of the discarded into something precious. The Bulb is indeed an ideal place for renegade art, but it’s certain that the spirit of transforming junk to beauty will transcend the future of the space.

Additional photos are here, here, and here.

Albany Bulb
Directions to the Albany Bulb can be found here.

Text: Ammon Haggerty from Qaswa

<a href='http://www.shift.jp.org/guide/san-francisco-map/'><i class="fa fa-reply fa-fw fa-lg"></i> <span class='en' style='font-weight:bold;'>View with A Large Map</span><span class='ja' style='font-weight:bold;'>大きな地図で見る</span></a>
san-franciscoのお勧めイベント
Recommended Events in san-francisco
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.