insider

ミレーナ・ネヴェスMILENA NEVES

リオデジャネイロは南米有数の大都市。またブラジル最大の港湾都市として知られ、ブラジルの経済、文化の中心都市である。Milena Neves is from Bahia, a state in the northern part of Brazil that’s famous for African and Portuguese cultural influences. Many of the most今回お話を伺った女性ジャーナリスト、プロデューサー、その他様々な分野で勢力的に活動しているミレーナ・ネヴェスも現在リオデジャネイロ、イパネマ在住。そんな彼女の仕事内容、また彼女の愛するリオデジャネイロについてお話を伺う事が出来た。


自己紹介と最近の活動について教えてください。

ジャーナリスト、プロデューサーとしてリオのアートコミュニティ、音楽コミュニティで活動を行っています。ジャーナリストとしてはGlobo TVと仕事をしたり、数々の新聞社でもフリーランスの仕事を行っています。ワックス・ポエティック、ニューヨークのバンド、ジャム・ダ・シルヴァ、有名なブラジルのパーカッショニストなどのコンサートのプロデュースもしています。エルトン・ジョンやダイアナ・クラール、ザ・ポリスなど有名アーティストたちのツアーでも、フリーランスの活動を行っています。


リオについて教えてください。またリオでの生活はあなた自身そして活動にどんな影響を与えていますか?

リオは、大都市的な生活と自然の美しさが調和した都市です。リオ出身の人は、カリオカスと呼ばれ、外交的でリラックスしており、それぞれの人生の楽しみ方をよく知っています。リオの活気のある雰囲気の中では、サンバだけではなく、すばらしいアートや音楽が生み出されます。街は、ミュージシャン、俳優、映画監督、ダンサー、アーティストで溢れています。ブラジル人だけではなく、その他からも自然の美しさやリラックスした雰囲気からインスピレーションを得ようとする人々でいっぱいの街です。


リオでお気に入りの場所を教えてください。

パラク・ラーゲにいくのが好きです。パラク・ラーゲは、コルコバードを中心にした伝統的で荘厳な森に囲まれた家です。建物の中には、美術学校があったり、おいしい朝食を出す素敵なレストランがあったりして、終末にはライブコンサートなども行われます。平日には、チャールズ・ワトソンのクリエイティブコースを受講しに行ったり、ちょっとインスピレーションを求めて行ったりします。

もう1つの穴場は、バー・ウルカです。シュガー・ローフの岩のモニュメントの近くにあるグアナバラ・ベイの沿岸の行き止まり通りにあるリオの小さな酒場です。テーブルもイスもない、ただオールドスクールのブラジルビールを出すシンプルなバーです。海沿いに走る低い堤防があり、夕焼けを見ながら午後を過ごすには最高の場所です。


Milena Neves
アフリカやポルトガルの文化的影響が強いブラジル北部の町、バヒア出身。5年前にリオに移住し、大学に入学。その後ニューヨークやパリにも移住し現在、映画監督のフィアンセとイパネマで暮らしている。


Text: Patrick Burns
Translation: Tatsuhiko Akutsu
famous Brazilian artists and musicians come from Bahia. She came to Rio about 5 years ago to attend university and left only to spend a short time in New York and Paris. She lives in Ipanema with her fiancée, who is a film director.


Please tell us about yourself and your recent activity.

I’m a journalist and producer, and I work in Rio’s art and music community. As a journalist, I’ve worked with Globo TV and freelanced for various newspapers. I’ve also produced concerts for artists such Wax Poetic, a band from New York, and Jam da Silva, a great Brazilian percussionist. I do freelance work for major artists who tour in Brazil, such as Elton John, Diana Krall, and The Police.


Please tell us about your city, and how about living in your city for yourself/activity.

Rio is a city that seamlessly combines cosmopolitan life and natural beauty. Cariocas, as people from Rio are known, are open-minded, relaxed and know how to enjoy life and the city. They know how to be elegant and how to live life as a bohemian, sometimes in the same day. Rio’s vibrant atmosphere has produced some incredible art and music, and it’s not just about samba. The city is full of musicians, actors, filmmakers, dancers, artists—Brazilian or otherwise, they call come here because it’s so easy to find inspiration among the natural beauty and relaxed vibes.


Please tell us a favorite places in the city you live and work in.

I always love to go to Parque Lage, an antiquated and slightly imposing house surrounded by a forest at the base of Corcovado. The building houses an art school and a great bistro that serves a breakfast and has live music on the weekends. I often go there for the Charles Wattson creative courses and for quick inspiration during the week.

Another charming hidden spot is Bar Urca. On a dead-end street on the shore of Guanabara Bay near the iconic Sugar Loaf rock monument is the best little joint in Rio. There are no tables or chairs, just a bar that serves old school Brazilian beer. There is a short wall that runs along the sea—it is the best place to spend the afternoon watching the sunset.


Text: Patrick Burns

rio-de-janeiroのお勧めイベント
Recommended Events in rio-de-janeiro
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.