insider

ストーム・サープStorm Tharp

Einstein, 2006 / Ink, gouache, colored pencil on paper, 59 1/2" x 48" framed / Courtesy of <a href="http://www.pdxcontemporaryart.com/" target="new">PDX Contemporary Art</a>

Einstein, 2006 / Ink, gouache, colored pencil on paper, 59 1/2" x 48" framed / Courtesy of PDX Contemporary Art

ストーム・サープはオレゴン州ポートランドに住む画家、そして彫刻家である。遠く、限りなく自由な景色、そしてピアノの音を好んでいる。彼は37歳で好きな色は、ホットピンク。Storm Tharp is a painter and sculptor living in Portland, Oregon. He enjoys distant, unfettered landscapes – and the sound of piano. He is 37 years old and his favorite color is hot pink.


まずはじめに自己紹介をお願いします。

オレゴン州のオンタリオで育ったんだ。アイダホ州とオレゴン州の境のスネーク・リバーにある農業が盛んな、小さな町なんだ。僕の10代の青春時代は典型的に難しいものだったよ。僕が今まで出会った中で一番美しい州にいたにも関わらずね。だから頻繁に帰省するんだ。
ニューヨークのイサカにあるコーネル大学の中にあるカレッジに行ってファインアートを学んだんだ。ペインティングと彫刻を学びたいという本能に加えて、知識を深めたくて伝統的なアートスクールの中で学問的なプログラムを選んだんだ。
その後、ニューヨークに移ることが目的だったんだけど、1992年にノースウエストで起こった事が原因で、戻る事に決めたんだ。ポートランドがまた新しく生まれ変わったように見えたよ。たぶんこの決断が自分の中ですごい重要なものになったんだと思う。
ポートランドには15年住んでいる。作品制作にも積極的に取り組んでるし、いい仲間もできたし、彼らに影響もされ続けてるしね。PDXコンテンポラリー・アートと10年間専属契約してるし、カレッジでの広告の授業もうまくいっています。


ポートランドのデザイン、アートシーンについてどう思いますか?

激しいと思うよ、市の人口統計が過去の5年間でかなり変わったから。当時はそれがすごく嫌いだったんだけど、自分がただ古い考えを持った気難しい男になっていただけだったんだって後で気がついたんだ。そのかわりに僕たちの街がこれから面白くなっていくという新しいバイタリティを見つけたし、アーティストとしてこの街で生きていける可能性が増えた。この場所での好きな物が変わっていくのが少し心配だけどね、見え透いた大都市のようになっていく姿は見たくないよ。もしもここがアートの大都市になるなら、スネーク・リバーに戻らなきゃいけないかもしれない。まだわからないけどね。

ポートランドのデザイン・コミュニティはすごく強い。僕たちは今面白い建造物とプロダクトを作っているところなんだ。グラフィック・アートはかなり成功してると思う。刺激的な作品は小さなプレスや出版から出されている。デザイナーは大きな広告業界で得られる利益と、もっと地についた努力との間で動揺するかもしれない。でもポートランドはこういうことに関してはとてもオープンだし、この都市のモデルチェンジがデザインの機会を創出するんだ。

ポートランドは明らかに独立した思想をもっていると思う。それは人々が何を食べるか、何を読むか、そしてどう街を歩き回るかを見ると明白なんだ。新しい進歩が起こっている中で、論理にチャレンジする対抗文化(カウンター・カルチャー)があるんだ。これは素晴らしいことだと思うよ。


ポートランドで優れたローカル・デザイナーを見つけるいい方法とはなんでしょう?

ああ、それは実際に来てみた方がいいよ、自分自身で発見できるだろうからね。

でも、もし名前をあげるとすればオンラインのアートマガジン、PORTかな。毎日読んでるし、総合的なクリエイティブ・コミュニティを知る事ができるんだ。このサイトはわかりやすいし、コラボレーションも多いし、議論なんかもできる。もちろん全ての事には賛成できないけどね。でも役立っていると思う。

あとローカルなニュースペーパー、マーキュリーを読んでみるといいよ。音楽イベント情報も見れるし、ジョン・モトリーとカース・ボウイが書いてるアートの批評も面白い。インターネットを使って街の非営利団体で何が起こっているかを見てみることもおすすめ。名前をあげると、PICAポートランド・アートセンターブルー・スカイ・ギャラリー、学校では、リード・カレッジメリルハースト・ユニバーシティ、そしてPSUが現代的な発想をプログラムするため精力的に動いてる。

プリアム・デフェンバーグPDXコンテンポラリー・アートエリザベス・リーチ・ギャラリーが過去何年かで場所を移していいる。このことはアート・コミュニティーが成長してきた事を反映してるようだ。より良くより大きな空間を、より良くより大きな作品のためにという事かな。

川を渡ったオールドタウンにすごく面白い、独立したギャラリーがあって、そこは常に刺激的な作品を展示してるんだ。特にモーテルスモールA、そしてニュー・アメリカン・アート・ユニオン(NAAU)がお気に入りなんだ。


ストーム・サープ
コーネル大学在学中の1991年に、ローマにあるパラッツォ・マッシモにてロベルト・エイナウディ建築プログラムに参加。
1992年に同大学卒業後、1993年からアーティストとして活動。


Text: Ryan Bukstein
Translation: Junko Isogawa
Could you tell us about yourself including your background?

I was raised in Ontario, Oregon. It’s a small, agricultural town on the Snake River border between Idaho and Oregon. Adolescent and teenage years were typically difficult – however the region is one of the most beautiful that I have ever encountered. So I frequently return.

I went to college at Cornell University in Ithaca, New York where I studied fine art. I chose an academic program over a traditional art school – because I needed to learn more about reading and writing in addition to instincts I had about painting and sculpture.

My intention was to move to New York, but in 1992 – the Northwest had so much going on culturally, I decided to move back. Portland seemed like a new place again. I think it was the most important decision I have made.

It’s been 15 years in Portland. I have worked consistently on my artwork and have made good friends and remain inspired. I have been represented by Jane Beebe and PDX Contemporary Art for 10 years and I paid off my college education working in advertising.


What do you think of the current design/art situation in the city?

It’s intense. The cultural demographic of the city has changed so much in the past 5 years. At times I have really hated it – but I realized I was just being sour and old fashioned. It required a new mind set that I wasn’t really keen on – but in turn I have found the new vitality of our town to be kind of exciting. . . And the opportunity to live as an artist in this town has remained possible. It’s worrisome because what I liked about this place is changing and I don’t want to see it evaporate into something transparently cosmopolitan. If it becomes an art capital, I might have to move back to the Snake River. We’ll see.

The design community is really strong. We are building some interesting buildings and making some good products. And the graphic arts are thriving. Exciting work is being done with small presses and independent publishing. Designers can fluctuate between big advertising initiatives and more grass roots endeavors. Portland is very open in this regard, and the on-going facelift creates the gambit for design opportunities.

Portland has an obvious, independent spirit. Its evident in the way people eat, what they read and how they get around town. For all the new development going on, there is the counter culture that challenges the reasoning. I love it.


What are good ways for people to find out about the local designers here?

Oh Jeez. I think you should just came here, you would discover it for yourself.

But if I were to name some names, I would start with the on-line, arts magazine called PORT. I read it daily and it serves the overall creative community. It’s comprehensive, collaborative, and controversial. You can’t agree with it all. But who would want to? I would also suggest that you pick up a local newspaper called The Mercury – to get all of the rock club listings, but also to take in the art reviews penned by John Motley and Chas Bowie. I recommend getting on the interweb and finding out what is happening at a few non-profits in town. Namely, the Portland Institute for Contemporary Art (PICA), The Portland Art Center and Blue Sky Gallery. Local academic institutions, like Reed College, Marylhurst University, and PSU work diligently to program contemporary ideas.

Established art galleries like Pulliam Deffenbaugh, PDX Contemporary Art and The Elizabeth Leach Gallery have all relocated in the past years, reflecting the growing arts community. Better, bigger spaces – for better, bigger works.

In Old Town and across the river, exciting, emerging galleries have consistently shown progressive work. In particular, Motel, Small A and New American Art Union (NAAU).

I am also a huge fan of The Half and Half and Valentines. Both representing a lot that is good about this town, providing space for creative people to hang out and show their ideas.


Storm Tharp
While in Cornell University, Storm Tharp took part in Roberto Einaudi Architecture Program at Palazzo Massimo in Rome, Italy in 1991. After his graduation in 1992, he started his carrier as an artist from 1993.


Text: Ryan Bukstein

portlandのお勧めイベント
Recommended Events in portland
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.