insider

アンナ・グレイ&ライアン・ウィルソン・ポールソンAnna Gray & Ryan Wilson Paulsen

© Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

© Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

Anna Gray and Ryan Wilson Paulsen are artists. Their idea-based practice fuses history, fiction, autobiography and artistic commentary into a wide variety of material worksアンナ・グレイとライアン・ウィルソン・ポールソンというアーティストがいる。彼らの着想に根ざした活動は、歴史、小説、自叙伝や美術解説を多岐に渡る作品群へと融合させる。それは、ポスタープロジェクトや彫刻、マルチメディアインスタレーションから出版、索引、そしてパフォーマンス講義にまで至る。この2人は彼らの属するPDXコンテンポラリーアートのあるオレゴン州ポートランドで生活を営みながら活動している。さらに、お互いがパシフィック・ノースウェスト美術大学でインターメディアの美術学士号を取得、そしてポートランド州立大学で現代アート実践の美術修士号を修めている。


いつから作品作りを共に始めたのか、どのように始まったのか聞かせて下さい。

一緒に活動を始めたのは2005年に出会った頃まで遡るかな。2人ともパシフィック・ノースウェスト美術大学(PNCA)で同じ科学の授業を取っていました。ライアンの作った小冊子を見る機会があって、何かのリストであったと思うけれど、その下に彼の住所が載っていたんです。それでメモと一緒に自作した本を彼の元に送りました。彼が同じ科学のクラスのクラスメートだとは全く知らずに、手紙を通してのやり取りが始まったんです。そして最終的に話をし始めて、ある日、ライアンがみんなの前で私を呼び出して尋ねたの。「そしたら今夜は何時に夕食にお邪魔したらいい?」と。どう答えればいいのか分からなかったから、9時に来るように伝えたらその通りにやって来たわ。そんな感じ。それからほとんど帰ってないわね。彼は鳥小屋の上のほったて小屋に住んでいたんだけど、その頃は既に11月だったから、そんな寒い家で寝に返す分けにもいかないでしょ。


初の共同作品となったのはどんなプロジェクトでした?

初共作として一緒に展示したのは「every which way」と名付けたインスタレーションで、探索、探求、そして発見への行為を題材としています。アーティストや思想家、そして、バス・ヤン・アデルやアラン・ボンバール、ベルナール・モワテシエール、ドナルド・クロウハーストといった冒険家達の遺産を描き出したもの。大きな壁一杯の世界探索の絵を用いて、世界の大洋の地図には幾つもの海原探検の物語を記しながら潮流を書き込んで、大量の砂の上には手作りの模造船を乗り上げさせてね。船のキャビンは取り付けられた小さなビデオモニターに照らされて、そこから海原の映像が映し出されていた。その時点から私たちは共に活動を始めた感じ。


お二人は結婚をし、そして一緒にコラボレーションをしています。それはどういった経験でしょうか?

連帯感の秘訣といった意味では少し度を越した面もあるけど、全般的に驚くほど素晴らしくて、そのリスクに値することに疑問の余地はないわ。私たちは2人で完全に相互補完する環境を作り上げたの。それは日常生活、職場、そして共に教鞭を取るまでに至って、私たちの職業やアーティストとしての生活はプライベートと密接に絡まり合っている。孤独を感じることが滅多にないの。こういった種類の継続した親密さから得るものはよりたくさんのことを成し遂げることが出来るということと、細かく区分けしないということ。アートに関連した話題が尽きることは決してない理由は、時として一緒に一つのことに取り組んだり、日常生活のサイクルや外界との触れ合いを共に補完し合っているからだと考えているの。


まだ誰も知らないようなポートランドの素晴らしさを5つ挙げてください。

1.息子のカルダー・グレイ・ポールセン。これがもし反則であるとしたら、ポートランド国際空港の匂い。
2.多彩なコミックブックストアー
3.日本食レストラン「Kale
4.安い家賃
5.PNCA図書館
そして勿論、私たちの好きなPDXコンテンポラリーアート


Text: Nat Andreini
Translation: Yoshitaka Futakawa
from poster projects, sculpture and multi-media installations, to publications, indexes and performative lectures. Their work has been shown and published nationally and internationally. The pair live and work in Portland, Oregon where they are represented by PDX Contemporary Art. They each hold a BFA in Intermedia from Pacific Northwest College of Art, and an MFA in Contemporary Art Practice from Portland State University.


Tell me when you began making artwork together and how it all started.

We began working together pretty much from the moment we met in 2005. We were both in the same science class at Pacific Northwest College of Art (PNCA). I saw a leaflet that Ryan had made, a list I think, and it had his address on the bottom. I sent him a note and a book I had created, not completely realizing he was the guy from science class, and we started corresponding through the mail. Eventually, we started talking, and one day Ryan cornered me in front of a group of people and said, “So what time am I coming over for dinner tonight?” I didn’t know what to say, so I just told him to come over at nine and he did and that was that. He never really left. He was living in a three-walled structure above a chicken coop and it was November, so I couldn’t exactly make him sleep at home in that cold.


What was the first project that you collaborated on?

The first real work we made and exhibited together was an installation called “every which way“. It was about the act of searching, research, and discovery. It drew on the legacies of artists, thinkers, sailors, and explorers like Bas Jan Ader, Alain Bombard, Bernard Montessier, Donald Crowhurst, The Floating Neutrinos and others. It featured a large wall drawing of a word search, a map of the world’s oceans with currents drawn using the words of various stories of sea exploration, and a handmade model boat beached on a ton of sand. The boat’s cabin was illuminated by the light of a tiny video monitor, which showed footage of the moving sea. From that point on we worked together exclusively.


You two are married and you are collaborating together. What is that experience like?

It is a little crazy on the togetherness tip, but generally amazing and completely worth the risks. We have constructed a situation of total co-dependency where we live, work, and teach collaboratively, so our professional and artistic life is intimately entangled with our personal lives. It’s rarely lonely. The benefit of this kind of continuous closeness is that we get more done and we don’t compartmentalize. We never stop the conversation about art; because we are often doing the same thing we are a part of each other’s ongoing cycle of experience and reaction to the world.


Name 5 great things about Portland that you think no one has ever said before.

1. Our son, Calder Gray Paulsen. Or, if you consider that an illegitimate answer then the smell of the Portland International Airport.
2. Amazing comic book stores.
3. Kalé, which is a Japanese restaurant.
4. Cheap rent.
5. The PNCA library.
And of course, we like PDX Contemporary Art.


Text: Nat Andreini

portlandのお勧めイベント
Recommended Events in portland
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.