art/design

WROアート・センターWRO Art Center

WRO Art Center entrance. Photo by Michal Szota

WRO Art Center entrance. Photo by Michal Szota

ポーランドのヴロツワフにある、秀逸な現代アートとメディア、テクノロジーの機関。WROアート・センターは、ポーランドのヴロツワフにある、秀逸な現代アートとメーディア、テクノロジーの機関であり、国際メディア・アート・ビエンナーレ。A leading contemporary art, media and technology institution in Wroclaw, Poland.
WRO Art Center is a leading contemporary art, media and technology
、WROによる恒久展示・研究施設として新しく設立された。

活動はWRO メディア・アート財団に基づいて運営されている。1989年から、財団はコミュニケーションツールの発展に関連した現代アート的な試みを発表する国際規模のイベントとして、WROビエンナーレを開催している。技術の創造的な活用を促進しながら、展示会や上映会、マルチメディアコンサートやパフォーマンスといった幅広いアートの分野で魅力的なアート・プロジェクトを推進してきた。

WROによる展示には、ステラークロバート・カエンジャロン・ラニアージェフリー・ショーロラン・ミニョノー、クリスタ・ソムラーといったヴロツワフで活動してきた高名なアーティストが名を連ねる。また、阿部好志草原真知子ケイジ・ナカムラ沖啓介の参加した「Mediation/Medialization」(2000年) を含めた多くの展示会も企画しており、「virtual reality」(仮想現実) や「medialization」(メディア化) といった新しいポーランド語も生み出している。特別企画としては、NHKのデジスタ・アウォードからの作品を集めた「Digital Japan Exhibition」(2003年)、藤幡正樹らの作品を集めた「The Other Book」(2005年)などが挙げられる。開設当初から、多くの人々を魅了し続けているイベントである。(2007年WROビエンナーレの会期中には2万人が参加)

20世紀初頭のオットー・シュタイプラーのコーヒー・ロースト工場の屋根裏は、このWROアート・センターの700平方メートルのスペースとして、現代アートの表現の場に非常に適合している。建物の改修の際には、公共スペースとして作品を発表するのに適した大型スクリーンとなるガラス製のファサードが設置され、(垂木の枠組みを含む)修復されたインテリア要素と組合わさっている。

多目的ギャラリーや研究スペースは、異なった種類のイベントの同時開催を可能としている。研究活動と共に、WROアート・センターでは、書籍の出版やプロジェクトの普及、教育関連にも力を注いでいる。

子供達に焦点を当てた展示会を立ち上げたことは、WROアート・センターの活動にとって、最新のアート事情に詳しい人々に加えて新しい観衆を呼び込むことに関して大きな役割を果たしている。「Media Kindergarten」シリーズの幕開けとなった「Interactive Playground」は、子供達を対象としたインタラクティブ・メディアのインスタレーションとして、彼らのメディアリテラシーを育み、その教育を推進することを目的としている。会期中には、始めの2週間だけで1200名を越える来場者を数え、今後、ポーランド国内外を巡回することになる。

2008年も様々なイベントが計画されている。以前にWROビエンナーレで取り上げられた、イゴール・クレンツやピオトル・ヴィルツコフスキー、そして、ナムジュン・パイクミロスワフ・バウカのソロエキシビジョンに加えて、昨年にWROから書籍を出版したヨゼフ・ロバコフスキのプレゼンによって幕を切ったレクチャーシリーズ「Art is Power」。さらには、「WRO Reader」と「Hidden Decade」の出版の準備も着々と進んでいる。

メディア閲覧室等の施設はポーランドや国際的なメディア・アート・コレクションへのアクセスを実現した。このコレクションには、ビデオアートや録音物、ネット上のプロジェクトを含める1970年代から現在に至るメディア・アートが収まっている。1989年から開始された徹底したポーランド・ビデオアートのコレクションはおよそ4000を数える。データベースは整然とデジタル化や修復が施されてアーカイブ化することによってメディア・アート作品を閲覧することを可能にしている。

幅広い感覚をメディア・アートや視聴覚の分野で養う、アーティストやキュレーターを対象としたレジデンシャル・プログラムもWROの活動の一端として行われている。2008年のアルザスとロウワー・シレジア地方の文化交流やアーティスト交換プログラムの一環として、WROではフランスから3名のレジデンシャル・アーティストを受け入れ、彼らの作品群はキュレーションの元で、WROのワークショップや制作後援に活用されている。

WROアート・センターは火曜日から土曜日の朝10時から夜6時まで開館している。尚、日曜日は昼12時から夕方4時までの開館となる。WROアート・センターでの全てのイベントは無料。

WRO Art Center
住所:ul. Widok 7, 50-550 Wroclaw, Poland
時間:火~土 10:00~18:00/日曜 12:00~16:00
TEL:+48 71 344 83 69
info@wrocenter.pl
http://wrocenter.pl

Text: Alicja Grabarczyk
Translation: Yoshitaka Futakawa
institution, and a newly-founded permanent exhibition/lab space from the makers of International Media Art Biennale WRO, based in Wroclaw, Poland.

The Center’s activities are based on the experience of the WRO Center for Media Art Foundation. Since 1989 the Foundation has established the WRO Biennale as a world-scale event presenting contemporary artistic practices related to the development of communication tools. The WRO Foundation, promoting the creative use of technology has been carrying out significant artistic projects expressing the diffusion of varied genres of art in the form of exhibitions, screenings, multimedia concerts and performances.

Within the exhibitions organized by WRO such renowned artists as Stelarc, Robert Cahen, Jaron Lanier, Jeffrey Shaw, Laurent Mignonneau and Christa Sommerer have presented their projects in Wroclaw. Numerous international symposia and conferences, such as Mediation / Medialization (2000) with participation of Yoshiyuki Abe, Machiko Kusahara, Keiji Nakamura and Keisuke Oki contributed to assimilation of such terms as ‘virtual reality’ or ‘medialization’ into the Polish vocabulary. Special events carried out so far include among others Digital Japan exhibition (2003) gathering a set of works from the Digista Awards organized by NHK or The Other Book (2005) including among others works by Masaki Fujihata. From the very beginning, the events have been attracting the attention of audiences of several thousand (20 thousand during WRO 07 Biennale).

Located in the attic of an early 20th century Otto Stiebler’s coffee roasting plant, WRO Art Center takes up over 700m2 of space fully adapted to the requirements of contemporary art presentations. The architectonic adjustments combine the restored elements of the interiors (including the original rafter framing) with the newly designed glass façade to serve as a large-format screen to present works conceived for the public space.

The multifunctional gallery and laboratory spaces enable the simultaneous implementation of different kinds of events. Together with the lab activities and research, WRO Art Center launches series of educational and dissemination projects, as well as conducts its publishing works.

Starting the activities of WRO Art Center with an exhibition addressed to children is a significant idea for gathering new audiences than those already familiar with the new art. ‘Interactive Playground’ inaugurating the ‘Media Kindergarten’ series is an exhibition of interactive media installations addressed to the youngest, aiming at developing media literacy and promoting art education among them. During the first two weeks the exhibition drew over 1200 visitors and is to be presented within different venues in Poland and abroad afterwards.

Several events are planned for 2008, such as solo exhibitions of works by the artists previously featured during past editions of the WRO Biennale: Igor Krenz and Piotr Wyrzykowski, individual exhibitions of Nam June Paik, Miroslaw Balka, as well as the series of lectures ‘Art is Power’ inaugurated by a presentation by Józef Robakowski have been published by WRO in 2007), together with the preparation of publications: ‘WRO Reader’ and ‘Hidden Decade’.

A Media Reading Room facility enables access to a collection of Polish and international media art. The collection covers a cross-section of media art from the 1970s to the present day, including video art, recordings and documentation of audiovisual performances, art action projects, multimedia objects, interactive installations and net projects. Developed since 1989, among about 4000 elements it includes an exhaustive collection of Polish video art created between 1970-2007. The database is systematically digitalized, restored and made accessible by means of the system of archiving and presentation of media art works.

The residential program for artists and curators developing in the domain of media art and audiovisuality in a broad sense of this term is co-ordinated as a part of WRO’s program activities. In the framework of the cultural co-operation and artistic exchange between Alsace and Lower Silesia regions in 2008 WRO is hosting three residential artists from France, whose works are carried out under the curatorial, workshop and production patronage of WRO.

WRO Art Center opens to the public from Tuesday to Saturday between 10 a.m. and 6 p.m. and on Sunday between 12 a.m. and 4 p.m. The admission to all events at WRO Art Center is free of charge.

WRO Art Center
Address: ul. Widok 7, 50-550 Wroclaw, Poland
Open: Tue-Sat 10:00-18:00 / Sun 12:00-16:00
Tel: +48 71 344 83 69
info@wrocenter.pl
http://wrocenter.pl

Text: Alicja Grabarczyk

polandのお勧めイベント
Recommended Events in poland
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.