bar/restaurant

ル・ポンポンLe Pompon

© Le Pompon

Nights in Paris are long and energetic, especially on the weekends, when excitement runs high. Although there are so many bars and clubs in Paris, the good spots are usually slightly off the beaten pathパリの夜は長く熱い。その夜も週末になると、一層熱を帯びたものになる。パリにバーやクラブの数は多くあれど、たいていは中心から少し離れたところに穴場があったりするもの。パリ北駅から近くに位置するも、あまり観光客の訪れないエリアである、シャトー・ドー駅付近。ここにとっておきの穴場がある。

駅を降り、黒人向けのお店の多い繁華街を少し抜け、静かな界隈に出ると、クールなパリジャン(ヌ)たちが「ル・ポンポン」の前でたむろしているのを見つけるだろう。どことなくかわいらしさのある名前の由来は、帽子のポンポン飾りや、ケーキの上の飾りを指す「ポンポン」から取ったもの。そしてこの名前のごとく、店内は、ぱっと見ただけでは、その中身を知ることができないような、ちょっとした面白い仕掛けに富んでいる。

まずは、入口の守衛さんに挨拶し、中に入ってみよう。ユダヤの教会であったという建物をリノベーションして作ったというスペースは、1階部分がバーになっている。床のタイルは当時の星形を留めており、ほのかに照明を落とした店内で、思う存分に夜のひと時を過ごせるだろう。

しかし、ナイト・ライフはここで終らない。週末にはやはりダンスをしたいのがヒトの性。店内のバーカウンターを抜け、階段を下りると、そこにはダンスフロアが待ち構えている。レッドライトに照らし出されたフロアは人で溢れかえり、ここからがナイトライフの始まりだとばかりに、皆々が踊りを楽しむ。このフロアを飾る「P」をかたどったネオンはとてもチャーミング。ここでのイベントは、ファッショニスタなら、思わずヨダレを垂らしてしまうようなものが多くあり、その空気感に触れるだけでも、訪れる価値のある場所に違いない(あまりにも豪華なメンツだったとだけ記しておこう)。

僕は地下のクラブの模様を写真に収めたが、何よりも「ル・ポンポン」そのものを現していたのは、インタビューに応じてくれたオーナーのシャラフであった。シャトー・ドー近辺で生まれ、ごく自然にこの界隈で店を始めたという、彼のちょっとコミカルでクールな風貌と店の空気感が見事にマッチしていた。当初は彼の写真の提案を受けたものの、断ってしまったことがとても悔やまれる。自分のホームで仲間たちと共に始めるなんて、最高にクール!さらに、「ル・ポンポン」にまつわる貴重なサイド・ストーリーも聞くことができたが、それは次の機会に述べたいと思う。

Le Pompon
住所:39 rue des Petites Ecuries, 75010 Paris
営業時間:19:00〜2:00(日曜定休)
TEL:+33 (0)1 5334 6085
http://www.lepompon.fr

Text and photo: Shotaro Okada
. Château d’Eau station is an area which doesn’t see too many tourists even though it is located near Gare du Nord. There is a cool spot near the station which bears interest.

After you exit the station and walk through the busy streets, through a row of stores aimed at the Afro-French populace, you’ll come upon at a quiet area and spot a lot of hip Parisians in front of “Le Pompon.” This cute name is said to have come from the pompons on beanies and the strawberry topping on a shortcake. As the name might suggest, there are many interesting layers inside the shop which one might not notice with just a short glance.

Once you greet the gatekeeper and enter, you will encounter a bar on the first floor. What was once a synagogue was renovated into this building, though you can still spot the Star of David on the floor tiles. The mood-lighting inside is conducive to an awesome night.

However, the nightlife does not stop here. People want to go dancing on the weekend, so if you walk through the bar counter and down the stairs, a dance floor will be waiting for you there. The floor is usually crowded and illuminated by a bright red light, Everyone is dancing as if the night is still young, with a charming P-shaped neon sign on the dance floor. This place also holds events that should excite fashion victims. It’s worth a visit just for the experience. (The fashion events held in the past have all featured amazingly awesome guests, just as a hint).

I took pictures of the club downstairs, but, the owner, Charaf, whom I interviewed, is a far better representation of “Le Pompon.” He was born near Château d’Eau, and naturally started this business in the neighborhood. His comical and cool vibe and the atmosphere of the place are a perfect match. Charaf offered me some photo ideas, and now I regret having rejected them. I think that it’s so cool that a person can create exciting things together with his friends in his hometown. He recounted me some anecdotes about “Le Pompon” during this interview, but I’ll save them for the next time.

Le Pompon
Address: 39 rue des Petites Ecuries, 75010 Paris
Opening Hours: 19:00-2:00 (Closed on Sunday)
Tel: +33 (0)1 5334 6085
http://www.lepompon.fr

Text and photo: Shotaro Okada
Translation: Yumico Miyagawa

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.