insider

シモン・ポルト・ジャックムーSimon Porte Jacquemus

© Schnati Weiss

© Schnati Weiss

Paris-based Simon Porte Jacquemus is a self-taught fashion designer impressively young in his years, but creating collections with an impeccable intelligence of elegance wise beyond his years若い独学のファッションデザイナー・ジャックムーは、主にパリで活動している。彼の年齢では考えられない程、知的でエレガント、そして完成度の高いコレクションを作り出している。シンプルなスタイルにデザインされたレディースウエアは、どの服をとってもデザインにストーリーを感じることができる。例えば、自信をもったヒロインとラフでシックな気を使わない雰囲気を併せ持った楽なスタイルとの素敵な出会い。
自身のブランド「ジャックムー」のコレクションはロンドンと東京のドーバーストリートマーケットで取扱われており、世界中で行われている発表会では、彼の実験的で詩的な美学がファッションと、着る人たちに影響を与え続けている。


生まれ故郷の南フランスを離れ、パリに長い間住んでいますね。なぜ住む場所としてパリを選んだのですか?

実を言うとパリにどうしても住みたかったわけではありませんでした。でも、ファッションの街で働きたくてここを選びました。


この街はあなたのデザインやコレクションにインスピレーションを与えてくれますか?

それはその時の物語によりますね。去年の冬のテーマは90年代のオアリスに住む10代の若者だった。いつもそういったストーリーから始まります。それからコレクションを作っていきます。


あなたの作品は上品なのにどこかラフだけどシックで、無駄がない。そんなジャックムーのスタイルについて教えてください。

はいその通りで、スクールガールのようなとても基本的なものと、ハーフトップのようなものやシースルーなどの、スポーティでモダンなスタイルのミックスです。ジャックムーウーマンは気にしません。まだ若いのですから。


パリは、ファッションやアートがあふれる中で、鮮やかでクリエイティブな文化を生み出すおしゃれの都ですが、1年の中で1番良い時期はいつですか?

私がお気に入りの時期は、太陽がどんどん存在感を増す4月と5月です。日差しの強い南フランスを思い出させてくれるので。


パリでのパーフェクトな一日の過ごし方を教えて下さい。

友人と自転車でパリをさまよう夏の日。


私たちに何か人生のアドバイスをするとしたら?

「When I want I can(私がしたいと思ったときに何でもできる)」幼いころ、私はこの言葉がお気に入りでした。そしていまだに私にとって本当のことですし、いつもそういう風に考えています。


パリでのあなたのお気に入りの場所をお教え下さい。

ラ・フォア・デュ・トローヌです!


Text: Joanna Kawecki
Translation: Kyoko Ogawara
. Dedicated to a minimalist style in womenswear, each piece of clothing designed tells a story. It is a poetic encounter of a self-assured heroine with effortless style, accompanied by a nonchalant influence of grunge chic.
Jacquemus‘ collections are found at Dover Street Market in London and Tokyo, and Opening Ceremony stores worldwide, where his experimental aesthetic poetically inspires the garment to the wearer.


Simon, you were born in the South of France, but have been living in Paris for many years. Why have you chosen Paris as your home now?

I didn’t really choose Paris to say the truth, but I did choose to work in fashion…smile.


Is the city an inspiration for your designs and collections?

It depends on the story. Last winter it was about a young teenager living in Oaris during the 90’s. My starting point is always a story, and then I do the collection.


Your collections are chic yet grunge minimal. Tell us about the Jacquemus woman?

Yes it’s this mix between something very radical, maybe a bit school-girl, and something also very sport and moderne as a crop top or a transparent top. The Jacquemus woman doesn’t care, she is raw.


Paris is the fashion capital, producing brilliant creative culture in fashion and art. What are the best times of the year to visit the city to see this in full swing?

My favourite time of the year is April or May, when the sun starts to be more and more present. It reminds me of the South of France, where it is so sunny.


Please run us through your perfect day in Paris.

A summer day with my friend, on a bike lost in Paris.


Do you have a piece of advice on life to share with us?

“WHEN I WANT I CAN” – When I was a little boy it was my favourite sentence. It is still very true, everyday I think about it.


Please let me know your favorite place in Paris?

La foire du trône !


Text: Joanna Kawecki

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.