insider

クレメント・パスカルClément Pascal

© Clément Pascal

© Clément Pascal

With an increasingly impressive client list and an equally charming collection of personal work to boot, Clément Pascal is a leading young photographer capturing contemporary culture and style. Parisian-born during a graffiti-influenced 80’sますます増える印象的なクライアントリストと、数々の作品のムラのない質の高さを見ると、クレメント・パスカルは現代のカルチャーとスタイルをとらえる、若手の先頭を行くフォトグラファーといえる。このパリジャンは、80年代のグラフィティに影響された時代に生まれ、レンズを通して写真を撮ることへの興味は、友人たちや、頻繁にでかけた旅など、自分の周りの環境を撮影することからはじまった。

メゾンキツネ、アンリ・ヴィブスコフ、そしてサンブルーマガジンのファッション・エディトリアルとポートレイト撮影や、個人的な作品、そしてモノクル・マガジンの協力によるドキュメンタリー・フィルム・フォトグラフィーを見れば、彼の才能は一目瞭然だ。彼の視点は断固としてぶれず、この視点は彼の感情が込められたボスニアとエジプトの個人的ルポタージュからも垣間見ることができる。クレメントの、自然でオーガニックなアプローチは、もはや彼からは切り離すことができないフォトグラファーとしての持ち味であり、そのアプローチが彼を国境を越えた旅へ向かわせ、印象的な彼のコレクションや、クライアントの幅をさらに広げている。


最初に、写真に対する情熱と興味を持ち始めたきっかけを教えて下さい。

私の父は静物をたくさん撮影している写真家でした。学校から帰宅すると、私は父のスタジオに入ってただ遊んだり、きれいな継ぎ目のない床の上を歩いて、人が働いてるのを見ていました。フラッシュの音、ポラロイドの準備ができてタイマーが鳴ったあとそれを剥いて、カメラが撮影をはじめる音。私はいつも、それが大好きでした。


ファッション・エディトリアルからポートレイトまで、レンズの前で仕事をするときあなたは何を考えていますか?

私はすべての仕事において対象物と心を通わせ合いたいと思っています。もしそれがアーティストやモデルの場合、彼らと過ごす時間のなかで、彼らが一体どういう存在なのか、見せてあげたいと思っています。いつも、画面のなかで何が起こっているのかということにとても興味があります。例えば、実際に見える姿ではないものが見える瞬間とか。そういうときに、シャッターを押したくなります。


あなたは「モノクル・マガジン」のなかで、個人的なフォトジャーナリズムのプロジェクトも行っていますよね。ルポタージュの何に惹かれますか?

それが、私が写真をはじめた本当のきっかけです。友達や旅や、自分の身のまわりのものごとを撮るということです。あと、構えず、特に設定なんかも準備しないで、あるがままに起こっていることを撮影することも好きでした。ただ、目の前で起こっていることをとらえて、いいものを撮るということです。


あなたが思うパリでの理想的な一日の過ごし方を教えて下さい。朝食、ランチ、ギャラリー、バーなど。

レノートルで朝食を買って、お気に入りスポットでそれを食べて、たぶんヴォージュ広場あたりがいいかな。その後その辺りを散歩して、テュレンヌ通り辺りの細道にあるギャラリーをぶらぶらとまわって。
ランチはポンピドゥーセンターの最上階にあるジョルジュで、パリの街を眺めながら食べた後、2階下のポンピドゥーのパーマネント・コレクションを見ます。
そしてメルシーフレンチ・トロッターズOFRで家のものを買って、洋服や本・雑誌やカメラとかはブールヴァード・ボーマルシェで買ったりします。
日中に、ジャルディン・デュ・ルクセンブルグで芝生に寝っ転がります。だって最高の一日だからね!
ディナーはモリエール通りのシブスという素晴らしい小さなイタリアンレストランで食べた後、コンプトワール・ジェネラル、クワ・ド・ジュマペで友達とお酒を飲みます。それでたぶん最後はセント・マーティン運河でわいわい遊んでおしまい。
理想は、そんな一日を妻と過ごしたいね。


おすすめできる、お気に入りや隠れ家的なあまり知られていない場所はありますか?  

いくつかパストリーがあるスウェーデン文化センターの、ル・カフェ・スードワです。私の大好きな小さな公園のひとつ、ジョルジュ・カインの向かいにあります。


Text: Joanna Kawecki
Translation: Mio Ota
, his interest in capturing images through the vision of a lens began with an inquisitive proclivity in documenting his surrounding, friends and frequent travels at a young age.

Whether shooting fashion editorials and portraiture for Maison Kitsuné, Henrik Vibskov or Sang Bleu Magazine, his talent also includes his incredibly insightful personal work and accompanying documentary film photography for Monocle magazine. His vision is uncompromised, and this is seen by his intriguing and empathetic personal reportage in Bosnia and Egypt. Clément’s natural and organic approach is now his effortless and relatable signature style as a photographer, which has now brought him to travel internationally and expand his already-impressive collection of work and clients.


Firstly, please tell us how you came to hold a passion and interest in photography.

My father was a photographer shooting a lot of still life when I was growing up. When I was coming back from school I’d go into his studio, just hanging out, walking on the clean seemless, and watching people work. The sounds of the flashes, the timer ringing when the polaroid is ready and you can peel it off, the noise of the camera taking a picture. I always loved this.
After this, I travelled quite a bit when I was a teenager and this made me want to take pictures. You know, documenting your life to remember everything.


Ranging from editorials in fashion to portraiture, what are your thoughts when working behind the lens?

I think in all my work I just want to make the subject feel accessible. If it is an artist or a model, I try to show them how they are when you spend some time with them.
I’ve always been very interested by the idea of what’s happening being the scenes. When no one really looks. I like to take my pictures at that time.


You have also captured image for ‘Monocle’ alongside personal projects of photojournalism; what interests you about reportage?

That’s really how I started photography. Documenting what was around me, my friends and my travels.
I also like the idea of thing happening without forcing them, without staging anything. Just being there and taking nice pictures.


Please run us through your ideal/ ultimate day in Paris. eg, Breakfast, lunch, Galleries, Bar, etc.

Buying breakfast at Lenôtre and eating it in a nice spot, maybe Place Des Vosges, then just walk around in the neighborhood, dropping by galeries in the small streets around rue de Turennes.
Lunch at Georges on top of the Centre Pompidou where you can see most of Paris. After that, I’ll go to see the permanent exhibition, which is 2 floors under.
Then probably some shopping at Merci, French Trotters, OFR for stuff for home, clothing and books/magazines and some camera shopping boulevard Beaumarchais.
During the day I also would go to Jardin du Luxembourg to take a nap on the grass because it’s a big day.
Dinner at Cibus, rue Molière, which is an amazing, small, Italian restaurant followed by some drinks at Comptoir Général, quai de Jemmapes, with some friends. We’ll probably end up hanging out by the water of the Canal Saint Martin.
Ideally, I’d spent that day with my wife.


Any hidden or favourite spots from the beaten track you can share with us?

Le café Suédois, at the Swedish Cultural Center where they have some mean pastries. It’s also right across from Square Georges Cain, one of my favorite little park.


Text: Joanna Kawecki

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.