furniture/interior

アトリエ154Atelier 154

© Atelier 154

Rue Oberkampf, Paris, is an area that keeps taste of old downtown yet is visited by young people. It is colored with services such as cafés, bars, clubs and galleries. Once you wander off the street, you will find an interior shopパリ、オベルカンフ通り。ここは、下町風情がありながらも若者の多いエリア。カフェやバー、クラブやギャラリーなどが立ち並び、様々な彩りを添えている。この通りを少し脇に逸れたところに、いかにもアーティストの隠れ家といった趣きのインテリア・ショップがある。発見当初はここが何であるか分からないまま、建物の雰囲気や通りに置かれたものを写真に収めていたところ、奥から男性が現れ、ここがお店であり、「暖炉が見えるところが入口」であると教えてくれた。

その男性の名はステファン・キャトスゥ。先のインテリア・ショップ、「アトリエ154」のオーナーである。彼はもともと、蚤の市で古物商を行なっていたという経歴の持ち主。以前ここで工房を営んでいた男性が辞めるにあたり、場所を引き継ぐかたちでお店兼アトリエをオープンした。

店内は1920年代から50年代のアンティーク家具と、アトリエで作られるオリジナルの家具がランダムに並び、ひとつひとつがとても愛おしい。ステファン曰く、コルビュジェ、シャルロット・ペリアン、マレ・スティヴァンら「モダニスト」の作家から多大な影響を受けているそう。オリジナルの家具の制作は、ここで販売しているアンティーク家具から影響を受けており、一見すると両者の区別がつかないほど全体のトーンは見事に調和している。奥に位置するアトリエも見学させて頂いたが、そこでは職人たちが自らの仕事を全うできるように、心地よい空気が流れていた。木材と鉄の混じった不思議な匂いがしたのを覚えている。働いている人々は、設計図を手にし、これからお店に並ぶであろう家具の製作の最中であった。また、屋外のテラスのレイアウトの仕事も行なっている。過去のプロジェクトの写真では、まるで屋内のように植物と家具がリズムよく配置されていた。

「モダニスト」のあり方のごとく、アトリエ154にとってデザインのシンプルさを追求することはとても重要な要素。ミニマルに組まれた鉄と木材の家具たちは、骨組みや質感のシルエットが印象に残るものばかり。シンプルさはお店のあり方にも現れており、お客ひとりひとりを尊重し、手の通う範囲のコミュニケーションを大事にしている。外観を見て気に入ったら、是非とも躊躇せず中に入ってみてほしい。

Atelier 154
住所:154 Rue Oberkampf, 75011 Paris
営業時間:14:00~19:00(土曜 11:00~19:00 日曜 14:00〜18:00)
定休日:月曜日
TEL:+33 (0)6 6232 7906
contacts@atelier154.com
http://www.atelier154.com

Text and photo: Shotaro Okada
with a look of an artists’ spot. When I first found it I just took some pictures of the atmosphere of the building and objects I found on the street without knowing what the place was. However, one day, a man came out from the shop and informed me that it is a shop and “where you can see its fireplace” entrance.

The man’s name is Stéphane Quatresous. He is an owner of the interior shop “Atelier 154”, and has a career as a dealer of second-hand goods in a flea market. Stéphane started the shop/atelier when a man was closing his studio left the location.

In the shop, 1920s and 50s antique furniture and furniture created in the atelier are lined up randomly, and each one is lovable. According to Stéphane, influences from modern artists are huge such as Le Corbusier, Charlotte Perriand and Mallet Stevens. Creation of the original furniture is so influenced by the antique furniture in the shop, at first glance it is difficult to identify the original furniture and the antique—their tones go well together. The owner let me tour around an atelier in the back, and there I found a pleasant atmosphere for the artisans to concentrate on their work. There was a mysterious scent of wood and steel mingled. Holding the plans in their hands, artisans were in middle of creating furniture that will probably be in the shop in the near future. They were also working on lay out of an outdoor terrace. In the photograph of the past projects, plants and furniture were arranged in rhythmical manner as if indoor.

Just like the way “modernists” were, it is a significant aspect for Atelier 154 to focus on simplicity in their designs. Steel and wooden furniture that are minimally structured have silhouettes of forms and quality that leaves a strong impression. Simplicity is also reflected in the way the shop is. Respecting every visitors and the shop cherishes the communication at hand. If exterior attracts you in any way, I recommend without hesitation you to go inside.

Atelier 154
Address: 154 Rue Oberkampf, 75011 Paris
Opening Houra: 14:00-19:00 (Saturday 11:00-19:00, Sunday 14:00-18:00)
Closed on Monday
Tel: +33 (0)6 6232 7906
contacts@atelier154.com
http://www.atelier154.com

Text and photo: Shotaro Okada
Translation: Meiko Maruyama

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.