fashion

イヴ・サンローラン美術館Musée Yves Saint Laurent

Photo: Wakana Kawahito

Photo: Wakana Kawahito

Yves Saint Laurent is the king of the mode style fashion of France. A museum dedicated to him opened in Paris in October 2017. The place which became the museum was originally the office of the Yves Saint Laurent Foundation and where Yves himself had used as an atelier and an office for 30 years. An aristocratic house was renovated and turned into this museum. There, you experience the creation of Yves Saint Laurent that you can feel Parisian elegance.イヴ・サンローランは、フランスを代表とするモードの帝王だ。彼の個人美術館が2017年10月、パリにオープンした。美術館となった場所は、元々イヴ・サンローラン財団の事務所であり、イヴ自身が30年間アトリエ兼オフィスとして使用していたゆかりのあるところ。貴族の家を改装したこの美術館では、パリらしいエレガンスが感じられるイヴ・サンローランのクリエーションに触れることができる。

美術館の中でも最も印象に残る部屋は、最上階奥のアトリエ。当時の面影のままに残されており、イヴ・サンローランが実際にここでデザインを考えたり、モデルのフィッティングを行ったりしていた。まさに、ブランドの心臓部だった場所だ。部屋の一番奥がイヴの席で、机の上には彼が実際に描いたデザイン画や使っていた仕事道具が残されている。壁一面の本棚には、イヴがデザインのインスピレーションを得ていた、ピカソやモンドリアンなどの画集や、各地の民族衣装の本が並べられている。この部屋の隅々に残されている生地やリボン、ボタンなど数々の服飾小物を見ていると、今この瞬間にイヴ・サンローランがドアを開けて入ってきて、デザインの指示を出す。そんな想像が掻き立てられる。

美術館内には、5000枚以上のオートクチュールのコレクション、15,000点以上のアクセサリー、実際に制作されたデザイン画や指示書の数々など、貴重なコレクションが約2万点展示されている。デザイン画やパターンナーへの指示書からは、なかなか見ることができない制作の過程を見ることができ、クリエーションの源泉に触れたような気持ちで、高揚感を覚える。

イヴ・サンローランの映画を見てから行くも良し、美術館に行ってから映画を見るもよし。ファッションにかけた一人の男の人生、オートクチュール全盛期の仕事、デザインとは、ファッションとは、に触れながら、改めてイヴ・サンローランの凄さを感じて欲しい。

Musée Yves Saint Laurent
住所:5 avenue Marceau, Paris 16ème
営業時間:11:00~18:00(金曜日は19:00まで)
定休日:月曜日
http://www.museeyslparis.com

Text: Wakana Kawahito
The most impressive room in the museum is the atelier on the top floor. The room where Yves Saint Laurent actually taught design and did model fitting is left unchanged at the time . It could be called as the heart of the brand. The innermost part of the room is Yves’s desk, and the design drawings he actually painted and the work tools he used were left there. The bookshelf against the wall has Picasso and Mondrian art collections and books of folk costumes from various places which Yves had been inspired by for his design. When you see a variety of clothing accessories such as fabrics, ribbons and buttons left in every corner of this room, you might have an imagination that Yves Saint Laurent opens the door and gives instructions for the design at this moment.

About 20,000 rare collections are displayed in the museum, including collections of over 5,000 haute couture, more than 15,000 accessories, design drawings and instructions that were actually produced. From the design picture and the instructions to the patterner, people can see the process of the production which can hardly be seen and feel euphoria by looking at the source of creation.

Visiting the museum before or after seeing Yves Saint Laurent movies, there will be benefits on both ways. People should appreciate amazingness of Yves Saint Laurent once again in touch with fashion, the life of a man who was fashionable, the work of haute couture’s heyday and design.

Musée Yves Saint Laurent
Address: 5 avenue Marceau, Paris 16ème
Opening Hours: 11:00 – 18:00 (Fridays open until 19:00)
Closed on Monday
http://www.museeyslparis.com

Text: Wakana Kawahito
Translation: Yumiko Miyagawa

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.