art/design

エレファント・パナマElephant Paname

© Magdga Biernat

© Magdga Biernat

Elephant Paname is a new art and dance center, settled on the Rue Volney, in a posh area near Paris Opéra. Created by Fanny Fiat, a former Opéra ballerina, and by her brother, artist Laurent Fiat, Elephant Paname unites under a same roofエレファント・パナマは、オペラ座近くのエレガントなヴォルネイ通りに位置する新しいアート、ダンスセンター。かつてのオペラ座のバレリーナ、ファニー・フィアットが弟のローラン・フィアットと共に設立したこの施設は、一つの屋根でつながれた二棟の大きな大邸宅を使用しており、その印象的な円形の広間にはいくつかのダンススタジオ、綺麗な展示スペース、さらにはティーハウスやショップとしての機能も兼ね備えた美食レストランが店を構える。素晴らしいダンサーであったノエラ・ポントワを讃えた展覧会など、様々な展覧会が開催されている。

エレファント・パナマは二つのシンボルとなる組織から少し変わった名前を持っている。一つ目の「エレファント」は、世界の様々なショーや、外国からくる新しい発見に魅了された19世紀のパリの建造者たちに人気があった夢のような動物。長い間バスティーユに象のブロンズのモニュメントを設置するという計画があったのだが、実際に建てられた大きな石膏像は、ヴィクトル・ユゴーが彼の小説「レ・ミゼラブル」の中で描いたガヴローシュが像のおなかを隠れ家としていたことでも有名だ。その後1858年には、エトワール広場に、舞踏場、劇場を備えた巨大な象を建設する計画まであった程。不思議なことにこの巨大な動物は、19世紀のパリのダンス、芸術に深く関わりがあったようだ。場所の名前を連想させるもう一つのシンボル「パナマ」は、有名なパナマ運河建設の時代にパリにハイファッションをもたらしたパナマストローハットからきている。

この豪邸は、在仏のロシアの大使アレクシス・サルトゥイコフによって建てられた。贅沢に純粋な第二帝政様式の装飾が施されたレセプションルームは、ベルエポックの象徴である。大使や熱心なアートのパトロンたちによる洗練された豪華なパーティーに出席するため、パリの上流社会の人々がここに集まっていたのだ。残念ながらこの場所は、帝国の崩壊で廃れてしまったが、その後はパリの銀行の本店として使用され、機能的で貧相な特徴のない壁の下に豪華な装飾が隠されてしまった。しかしこの悲しい時間はいくつかの肯定的な結果ももたらした。これらのインテリア装飾は被害を免れ、長い年月の後まるで眠れる森の美女のように良好な状態で再発見されたのだ。壮大なドーム型の屋根も銀行の時代にまで遡る。規格外のサイズのフレームレスの天井を囲うガラスブロックは、250㎡の面積を囲い、エレファント・パナマの中心点に位置し、ステージイベント、コンサート、展覧会のための理想的な広場となっている。

ダンス好きの人にとっては、関心のあるイベントや展覧会に訪れ、クラスにも参加できる特に魅力的な場所。しかしそれだけではなく、文化的なものや食までも含む様々なアートフィールドを網羅したユニークな施設エレファント・パナマは、アートやカルチャーに触れたいどんな人でも歓迎してくれる。

Elephant Paname
住所:10 rue Volney, 75002 Paris
営業時間:11:00~19:00(木曜日21:00まで)
定休日:月曜日、12月25日、1月1日、5月1日
レストラン:12:00~0:00(日曜日11: 00~18:00)
TEL:+33 (0)1 4927 8333
contact@elephantpaname.com
http://www.elephantpaname.com

Text: Valérie Douniaux
Translation: Satsuki Miyanishi
, in a splendid and vast mansion, several dance studios, beautiful exhibition rooms, among which an impressive glass-roof rotunda, as well as a gastronomic restaurant, that also operates as a tea-house, and a shop. The exhibitions talk about dance, as with the recent beautiful homage to the great dancer Noëlla Pontois, but not only.

Elephant Paname owns its strange name to the association of two symbols. The first one, the elephant, was a favourite fantasy of Parisian builders in the nineteenth century, a time of exotic discoveries in far away countries and of international exhibitions. There were plans to erect a bronze monument in the shape of an elephant at the Bastille and, for many years, a large-scale plaster model was abandoned at the edge of the Place de la Bastille, moving Victor Hugo so deeply that he had his famous character Gavroche, in his major novel Les Misérables, live in the belly of the beast. Then, in 1858, a colossal elephant was thought to be built on the Carrefour de l’Etoile, to house a ballroom and a theatre. So, strangely, the heavy animal seemed closely associated to art and dance in nineteenth century Paris!

The second symbol evoked by the name of the place is the famous Panama straw hat, brought into high fashion in Paris during the time of the construction of the Panama canal, leading to the nickname of Paname for Paris.

The mansion was buit in the nineteenth century by Russia’s ambassador to France, Alexis Saltykov. The mansion’s reception rooms, luxuriously decorated in the pure Second Empire style, are emblematic of the Belle Époque. The best society of Paris gathered there, to attend the elegant and lavish parties given by the Ambassador, an avid patron of the arts. Unfortunately, the place was abandoned at the fall of the Empire, later hosting the headquarters of a Parisian bank. Functionality and poor taste leaded to the concealing of the rich decoration of the rooms under anonymous walls. But this sad time had some positive consequences, the encased interior decoration being thus protected from the ravages of time and rediscovered in overall good condition, like a sleeping beauty, many years later. The spectacular cupola also dates from the time when the place was a bank. Exceptional in size, the glass-blocks frameless round ceiling encloses an area of more than 250 sq.m, and has become the central point of Éléphant Paname, offering an ideal setting for staged events, concerts or exhibitions.

Dance lovers will particularly appreciate this unique space that offers the chance to attend classes as well as to discover interesting events and exhibitions. But, more largely, Elephant Paname is opened to any art and culture lover, and offers a unique union of several art fields, of culture and gastronomy.

Elephant Paname
Address: 10 rue Volney, 75002 Paris
Opening Hours: 11:00 – 19:00 (Thursdays until 21:00)
Closed on Monday, December 25th, January 1st, May 1st
Restaurant: 12:00 – 0:00 (Sunday 11: 00 – 18:00)
Tel: +33 (0)1 4927 8333
contact@elephantpaname.com
http://www.elephantpaname.com

Text: Valérie Douniaux

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.