art/design

パレ・ド・トーキョーPalais de Tokyo

Palais de Tokyo, 2012, Photo: Florent Michel

Palais de Tokyo, 2012, Photo: Florent Michel

Conceived in the first place to house the Musée National d’Art Moderne in 1937 in Paris, Palais de Tokyo is an space dedicated to modern and contemporary art becoming the largest center of contemporary art in Europe, following its entire rehabilitation in 2012. It became the best Paris springboard for up-and-coming artists and organically evolved into a referent in the international art scene.2002年に開館し、2012年にフランスにおける現代美術の中枢として全面リニューアルされた「パレ・ド・トーキョー」は、国内外の気鋭アーティストにとって最高のステップ・アップの場となり、パリのアート・シーンを象徴する国際的な施設へと進化を遂げた。

パレ・ド・トーキョーは開館以来、美術館として恒久的なコレクションを持たず、国内外のアーティストによる国際的文脈における現代美術の展覧会を企画している。この広い施設には、設立当初より二つの美術館があり、東側に「パリ市立近代美術館」、西側には現代美術館の「パレ・ド・トーキョー」(全館の総称と同じ)、さらに西側では、視覚芸術を中心とした様々なイベントが開催されている。

2002年の開館からジェローム・サンスと「パレ・ド・トーキョー」の共同ディレクターを務めたニコラ・ブリオーは、1998年に出版された「関係性の美学」で知られる人物。ブリオーの後任は2006年に、キュレーターで現代美術評論家のマルク=オリヴィエ・ワーラーが引継いだ。2012年のリニューアル・オープン後は、ジャン・ド・ロワジー(現館長)の『我々はアートで働くのではなく、アートと共にある。それは我々に働きかける。』という提言により、アーティストが滞在制作を行う場にもなった。

建築家ユニットのラカトン&ヴァッサルが改修を手がけた、元の建物を生かした現代的な空間で、企画展示が行われる。22000平方メートルという、ヨーロッパの美術館として最大級の広さを持つ空間で開催される毎回の企画展示は、その空間を最大限に利用し自由に行われるのもこの施設の魅力だ。

Palais de Tokyo
住所:13, avenue du Président Wilson, 75116 Paris
開館時間:12:00〜0:00
定休日:火曜日
入場料:12€
TEL:+33 1 8197 3588
http://www.palaisdetokyo.com

Text: Victor Moreno
Translation: Ayumi Yakura
Palais de Tokyo is not a museum per se, there is no permanent collection, but a space and an institution which produces modern and contemporary art exhibitions for both French and international artists. About 22,000 square meters of space dedicated to display the French scene in an international context.

Right from the start, it was designed to house two separate museums: The Musée d’art moderne de la Ville de Paris and the Musée national d’art moderne. Even though the Musée d’art moderne de la Ville de Paris has been located in the east wing of the building since that era, the west wing has hosted a number of different institutions and events in its time, all centred around visual arts. It is here in the west wing that what we refer to as the present-day Palais de Tokyo, a site for contemporary art, is located.

A new Palais de Tokyo, a place to explore, inhabited by artists, where, in the words of director Jean de Loisy, “we do not work on art but with art, and it works on us.” In 2001 the institution established Le Pavilion Neuflize OBC, an experimental space and research lab with resident artists and curators run by French photographer and film-maker Ange Leccia. You can apply to become artist resident for an eight-month period from November to June.

Palais de Tokyo
Address: 13, avenue du Président Wilson, 75116 Paris
Opening Hours: 12:00 – 0:00
Closed on Tuesday
Admission: 12€
Tel: +33 1 8197 3588
http://www.palaisdetokyo.com

Text: Victor Moreno

parisのお勧めイベント
Recommended Events in paris
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.