others

コニー・アイランドCONEY ISLAND

『楽しみ、ライド、ショー、綿あめなど、無邪気な外見の後ろ側には、恐怖、欲、放棄、冒険、皮肉、コメディ、救済、大食、神秘、痛み、怪物、ギャンブル、覗き趣味などの強力なテーマがある。』“Behind the innocent facade of fun, rides, shows and cotton candy are the powerful themes of fear, lust, abandon, adventure, irony, comedy, salvation, gluttony, mystery, pain, monsters, gambling, and voyeurism.ノーススター・ギャラリー」ウェブサイトより引用。

ニューヨークに移ってくる直前、ざっと6年前のこと、私はコニー・アイランドの話を聞いた。友人が私に、その人気のない遊園地をチェックしに、真冬に行ってみるよう強く勧めてきたのだ。その友人の言葉に従い、言うまでもなく私はまっすぐそこに向かった。寂びれた場所にいつも魅せられてきていて、コニー・アイランドが可能性のある場所に聞こえたからだ!しかし、電車で60分かけてそこにつくと、あまりにもの賑わいにがっかりした。私が抱いていた都市崩壊のどんな幻想も打ち砕く、人々のコミュニティーがあった。

しかし、この初めの失望にもかかわらず、私はその後何度もコニー・アイランドを訪れ、そこについて色々な事を知っていくようになった。なぜなら、まるでニューヨークシティから100万マイル離れた場所に感じるからというのと、人々を見に行くのにとても素晴らしい場所だからだ。コニー・アイランドが持つたくさんの面白い視覚的な質感と、人々がこのユニークな環境と相互作用する様子に魅せられている。

約4マイルの長さに、1マイルの幅。ガイドブックにはここでの慣例も記載されている。有名な「ネイサンズ・ホット・ドッグ」の家、「サイクロン」というジェットコースター、水族館、年に一度の「マーメイド・パレード」、大きな吹きさらしの海岸、目が痛くなるほどひどい塗装の遊歩道標識。あなたもここに来ると出会うであろうこれらのリストと特徴は、この場所を面白く、時に予期できないものにしている。私の目から見る限りここの人々は、ニューヨークシティに必要なもの何1つ無しに存在しているように、もしくは少なくともそう感じているように見えるのだ。

ここの人々は、都市に行き交う人々が大急ぎで追う物質主義にはあまり気付かず、カオスから離れて自分達のことに取り組んでいるように見える。リールを下ろす全てのものに幸運をかける漁師、遊歩道で踊るラテンダンサー、ブライトン・ビーチに隣接するコミュニティーから溢れ出るロシア人、ただ座っているだけで何もしないイタリア系アメリカンの年金受給者。また、子供がいるブルックリン人も蓄えで夏の数カ月をここで過ごし、ビーチや、遊歩道で売られるフライ料理を最大限に利用する。これら全ての行動は、コニーの有名な遊園地の豊かな背景と、この街の他の場所では見つけられない建物に結び付く。

未経験者にとって、コニー・アイランドは多くの都市に見られる全面的な高級化を避けてきた場所に見えるだろう。ここは家賃もまだ比較的安い。推測するに、高級化を利用するのには少しばかり都市から離れ過ぎているからだ。しかし、コニーの衰退の様子に変化を加える計画は、静かに進んできた。都市開発計画は、2004年、近所のスティルウェル・アベニュー地下鉄の改良、キースパン公園の建設、シー公園の800のアパートの改良などにて取りはからわれた。そしてこれら全てのプロジェクトへ続く道路も、そのエリアを綺麗にするため未だに鋪装されている。映画館、ボーリングのレーン、アーケード、ショッピング・モール、カジノ、そして贅沢なアパート建設も、すべて計画されている。従って、地元の人々がこれら全ての再開発に流され、コニー・アイランドが作り上げてきたユニークなキャラクターを奪われることも、もちろん懸念されるわけだ。綺麗に磨かれ、手書きの標識は組み立て式のプラスチックに変わり、とても面白い質感の全ては滑らかで輝きのあるものになるのであろう。行けるうちに行って欲しい。迫りくる変化の海に!

CONEY ISLAND
住所:Coney Island, Brooklyn, NY

Text: Garry Waller
Translation: Yurie Hatano
” – Quote from northstargallery.com

I heard about Coney Island roughly six years ago, right before I moved to New York. A friend insisted I go there in the dead of winter to check out the deserted amusement park. Needless to say I headed straight there to see if it lived up to my friends descriptions, and since I’ve always had a fascination for abandoned places, Coney Island sounded like it had potential! However, after taking the 60 minute train-ride out there I was disappointed by how busy it was. There was a whole community of people who shattered any illusion I had of urban abandonment.

Despite this early disappointment however I’ve been back to Coney Island quite a few times, and have gotten to know it quite well. The reasons I go are partly because it feels a million miles away from New York City, and also because it’s a great place to go and watch people. My fascination has a lot to do with the many interesting visual textures Coney Island has and how people here interact within this unique environment.

Roughly four miles long and about a mile wide, it’s got it’s share of guidebook worthy traditions: it’s home to the famous Nathan’s Hot Dog, The “Cyclone” roller coaster, an aquarium, the annual Mermaid Parade, a huge windswept beach and enough badly painted boardwalk signage to make your eyes hurt. All this juxtaposed with the characters you come across make things here interesting and sometimes unexpected. The people here, as far as I can tell all seem to co-exist without any real need for New York City, or at least it feels that way.

Somewhat oblivious to the frantic, materialistic pursuits of city goers, people here seem detached from the chaos while they go about their business. Fishermen trying their luck off the pier for anything they can reel in, Latin dancers on the boardwalk, Russians who spill over from the neighboring community in Brighton Beach and Italian American pensioners, perfectly content to do absolutely nothing more than sit. Other Brooklynites with kids also end up here in their hoards during the summer months to take full advantage of the beach and fried grease they serve up on the boardwalk. All of this activity is coupled with the rich backdrop of Coney’s famous amusement park and other run down buildings that you don’t find elsewhere in the city.

For the uninitiated, Coney Island seems to have avoided the sweeping gentrification like a lot of the city. Apartments are still comparatively cheap to rent here; I’m guessing because the distance from here to the city is that bit too far for gentrification to take any advantage of. But plans have quietly been underway to change the makeup of Coney’s rundown demeanor. Urban development schemes have seen to the renovation of the neighborhood’s Stillwell Avenue subway, the construction of Key-Span park and the renovation of over 800 apartments in Sea Park in 2004. And all of this has paved the way for a slew of projects to clean up the area still further. Movie theaters, bowling alleys, arcades, shopping malls, casinos and more luxury apartment buildings are all on the drawing board. So it’s little wonder that the locals here are worried, driven by all this redevelopment rents would of course sky rocket and sadly strip Coney Island of the character that has made it unique. I’m guessing they would scrub the place squeaky clean and replace every hand painted sign for a plastic prefabricated one, polishing all the really interesting texture to a smooth shine. I say go there while you can, there’s a sea of change looming!

To reach Coney Island take the D, Q, or F subway train to Stillwell Ave.

CONEY ISLAND
Address: Coney Island, Brooklyn, NY

Text: Garry Waller
科尼艾兰
地址:Coney Island, Brooklyn, NY

new-yorkのお勧めイベント
Recommended Events in new-york
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.