insider

KENSHINKENSHIN

© KENSHIN

Currently based in New York, a hair stylist KENSHIN works across the world for Editorial works for fashion magazines, runway collections as well as produces whole visual images of a hair salon “THE SALON現在ニューヨークを拠点に、ヘアスタイリストとして活躍するKENSHIN氏。ファッション誌での撮影やランウェイコレクションのヘアスタイリングなどで世界中を飛び回るなか、大阪中津にあるヘアサロン「THE SALONではイメージ面でのさまざまなビジュアル作りの制作をプロデュース。また同時にNPO法人「JAPAN HAIR DONATION & CHARITY」を設立し、幼くして髪の毛を失った子供達へのウィッグ制作のため毛髪の寄付や資金援助を求めている。


大阪出身とのことですが、ヘアスタイリストになるまでの経緯を簡単に教えていただけますか?

東京のヘアサロンで所属しながらアカデミースクールで学校の先生として働いていたのですが、私が影響を常に受けていたファッションやアートの世界に携わりたいという思いから、雑誌エディトリアルページ、広告、ファッションショー等のビジュアル制作に関わるヘアスタイリストとして活動する様になりました。
しかしながら、最初はどうスタートしていいかわからず、無我夢中で自分の作品を作ったり、編集者に売り込みにいったりと、今、振り返ればなかなか苦労もしていた気がします。
30歳で渡米してからは大御所であるメイクアップアーティスト、ステファン・マレー氏や、ヘッドスタイリストのジュリアン・ディス氏等が所属する「L’ATELIER」というエージェントに声をかけられ、在籍するようになりました。


ニューヨークに拠点を移そうと思ったきっかけは何だったのですか?

ニューヨークに拠点を移そうと考えたのは、広く世界で活躍をしてみたいというのがきっかけです。それは確実に自分の人生の糧になると確信していたのと、私が常に影響を受けていたファッションの世界は海外のファッションエディトリアルワークであったというのが理由です。


ヘアスタイリストとしての主な活動範囲を教えていただけますか?

現在はニューヨークを中心に雑誌エディトリアルページ、広告、ファッションショー等のビジュアル制作のチームワークを中心に活動しており、ニューヨークでは「L’ATELIER NYC」、日本では「EIGHT PEACE」というエージェントに所属しています。


現在日本人エディター、田中了達氏の手がけるニューヨーク発「NEWWORK MAGAZINE」でのビューティエディターもされているそうですが、詳しい内容を教えていただけますか?

「NEWWORK MAGAZINE」は、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオが発刊するファインアート、デザイン、ハイファッション、カルチャー、政治など多岐に渡りクリエーションを掘り下げるインディペンデントマガジンで、素晴らしいフィロソフィーをもとに構成、編集されています。
私の友人である、「STUDIO NEWWORK」の田中了達が中心となっているのですが、そのファッションエディトリアルのページのクリエーションをビューティーの観点から見つめ、現場等でディレクションの構成等を手伝っています。実際、撮影に入ってみなければ何が起こるかわからないことが頻繁にあります。最初から決められた予定調和的なモノではなく、それをいい意味で裏切るヘア、メイクアップ等の絵作りに書かせないディレクションを心がけているので、エキサイティングでスリリングな経験が多いですね。


今までエディトリアルやコレクションなど、多方面でさまざまなクリエーターやモデルとお仕事されてきたと思うのですが、ご自身のキャリアの中で特に刺激的だった人、印象に残っている人、影響受けた人などがいれば教えて下さい。

一緒に仕事をしてきた人々は、有名無名を問わず常に刺激を与えて頂いた方が多かったのですが、巨匠である写真家、アルバート・ワトソンとの仕事は常に刺激と尊敬でいっぱいです。友人でもある写真家のルイス・サンチェスとのクリエーションは、常に新しい事にチャレンジする、すばらしい仲間でもあります。


ニューヨークでの暮らしについてお伺いします。仕事面、生活面両方において、日本と随分違うと思いますが、ニューヨークの良い面、不自由な面があれば教えていただけますか?また移住してきてから今日まで苦労した点などあれば教えてください。

とにかく外国人として他国に住むという事においては、大なり小なり苦労の連続ですが、ニューヨークでは多民族、多国籍な人々が集まる所なので、単一民族の国よりは生活しやすいと思います。
仕事面においては特に撮影時にはスタッフの半数以上は外国人である事が珍しくなく、外国人と言えど、良いものは良いと受け入れる寛大さは素晴らしいと思います。
生活面においてニューヨークはやはり国際都市としてはサラダボウル、メルティングポッドと呼ばれる様に多民族が暮らす街であり、色々な国の価値観や文化を体験できる上では素晴らしいと思います。


ニューヨークで好きな場所、お店などはありますか?

やはりミュージアムは世界の中でも至高な物が多く、カルチャーを確実に引っ張るイベント等も行っている為、見所はいっぱいですね。PS1の夏に行われる「ウォームアップ」や、MOMAの「MOVE!」などは見逃せないイベントです。


Text: Akihiko Hamada
located in Nakatsu Osaka. At the same time he launches NPO “JAPAN HAIR DONATION & CHARITY” which raises hair donation to make kids size wigs and fund raising for children with lost hair.


Could you tell us what you did before starting freelance career?

I always wanted to be in fashion and art industry that I was inspired when I was working as a teacher at an academic school as well as belonging to a hair salon in Tokyo. I began my career as a freelancer to create visual images of runway collections advertisements, editorial pages of magazines.
But I didn’t know how to start. So I was completely absorbed brushing up my portfolio and pitch them to publications that was hard time to look back now.
After I went to the US as I was 30 years old, I was offered by a New York’s top agency “L’ATELIER” where a leading make-up artist Stephane Marais and head stylist Julien D’ys were joined.


What made you to move to New York?

I always wanted to work globally, and I was convinced it would help to develop my career certainly and the fashion stories I was always influenced by were magazine editorials in foreign countries.


What is your main work as a hair stylist?

Based mainly in New York, I work for magazine editorials, advertisements, fashion shows, as a member of a creative agency “L’ATELIER NYC” in New York, and “EIGHT PEACE” in Japan.


Could you tell us about your work as a beauty editor for “NEWWORK MAGAZINE,” which is published by a Japanese editor Ryotatsu Tanaka?

“NEW WORK MAGAZINE” is an independent magazine released by New York based design studio that explores a wide range of creations such as fine arts, design, hi-fashion, culture and politics editted with wonderful philosophy.
Ryotatsu Tanaka of “STUDIO NEWWORK” is a friend of mine. I support editorial pages from point of view of beauty to assist the direction of pages.
Actually there are many things happening which we can’t imagine before photo shoots, where we can have exciting experiences to create fantastic pages.


Is there any particular artists who were exciting, memorable or inspiring in your career?

Almost everyone who have worked with me gave me a certain influence, but I feel something special working with a great photographer Albert Watson. I always have full of respect and inspiration. Another one is a photographer Luis Sanches, friend of mine always tries to open a new door.


I would like to ask you about New York life. Of course there are huge differences about business and private life too, could you tell us New York’s splendid aspects and inconvenience and what was hardship since you arrived?

There are continuous troubles to live in foreign country. New York is cosmopolitan, so it might be easier than living in homogeneous country.
About business aspects, there are a number of foreign staffs more than half especially in photo shoots. it is marvelous to welcome sheer talents.
About daily life, New York is called “Melting pot or a big bowl of the salad” it is wonderful to experience numerous different cultures, sense of values with people from different nations.


Are there any favorite places, shops in New York?

There are plenty of amazing museums where they hold a lot of leading cultural events. Especially “MOVE” at MOMA and “WARM UP” at MOMA PS1 in summer are must-see events.

Text: Akihiko Hamada

new-yorkのお勧めイベント
Recommended Events in new-york
  • No Items
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.