insider

キャシー・グレイソンKathy Grayson

© Kathy Grayson

© Kathy Grayson

I first meet Kathy when she was working at Deitch Projects Gallery a few years ago… I was overwhelmed by this all this Gallery activity and energy… there was so much stuff going on僕が始めてキャシーに会ったのは数年前に彼女がダイチ・プロジェクト・ギャラリーで働いていた頃だった。ギャラリーでは年中たくさんの催しが開かれていて、いつも活気に溢れていた。いくつか入手したダイチからでた出版物にはいつもキャシーの名前が…そしてこのギャラリーの背後には、ダイチだけじゃなくキャシー・グレイソンという敏腕のアートディレクターの存在があってこそだと僕は気付いたのである。

ニューヨークにはもうダイチ・プロジェクトは存在しないが、近頃はキャシーがアート界でのコミュニティを築くことに努めている。そして2011年6月、バワリー街に「ザ・ホール」をオープンしたのである。ダイチ・プロジェクトでディレクターとして8年勤めた後も、彼女はキュレーター、ライター、アート・アドバイザー、最近ではi-Dマガジンのアート・エディターとしても活躍している。


なぜギャラリーの所在地にチェルシーでなくバワリー街を選んだのですか?

そうね、ニュー・ミュージアムがオープンしてから隣のブロック内で幾多のギャラリーが続いてオープンしたほど、バワリー街は新たなギャラリー地区になりつつあるの。1丁目にいくつかのギャラリーもあるし…昔からバワリー街は好きだったわね、ダイチもここから近いソーホー地区にあったし。

ジェフリー・ダイチがソーホー近辺を開拓してそこにたくさんのギャラリーも集まったのはご存知でしょう。そして90年代にみんなはチェルシー地区に移動したけどジェフリーはそのままソーホーに残った。彼が手がける展示会は他とは違っていたことや、ソーホーでは唯一のギャラリーだったことからダイチは特異な存在になったの。

ダイチにいると他の人と違って特別なことをしているような思いにさせてくれたでしょ。チェルシーにいたら商業的により成功していたかもしれないけどお金のことを優先するよりも、シーンを支援する為にコミュニティやダウンタウンのカルチャーに向けての展示会を開いていたわ。

そして私自身もよく過ごしたバワリー街に移る事にしたの。友人のダッシュ・スノーも長年ブルームとバワリーにあるスタジオに住んでいてそこにもよく通っていたし、チャイナタウンにもよく行ったし。だから道でみつけるものやここに住んでいるアーティストといったことに個人的に深い関係性を感じるの。テレンス・コーもこの近所にギャラリーを持っているし、多くの友人が住んでいて、私もよく来るの。

私たちが見つけたこのスペースは2つの部屋が一緒になっていてバワリー街では一番のギャラリーだと思うわ。ここら辺にあるほとんどのギャラリーの広さは幅20フィートぐらいだけど、ここは幅40フィート。私たちにとって最適な場所よ。ここを見つけたときは良いギャラリーになるってことが目に見えたわ。


ダイチ・プロジェクトが残した「穴」は「ザ・ホール」が補う事ができると思いますか?そしてなぜ「ザ・ホール」という名に?

なぜ名前を「ザ・ホール」にしたかというと、レズビアン、グラフィティ・アーティスト、クラブ・キッズなどのいろんなアーティストが集う大好きなクラブがあったんだけど、そこからコミュニティ・センターみたいな様々な人達が一つの場所に集まるギャラリーにしたいと思ったわ。そしてダイチが残した巨大な「穴」について人々が話してて、それを名前にしたらおもしろいと思ったの。


あなたの経歴を少し聞いてもいい?

もちろん!メリーランド州で育ちワシントンDCで勉強して、それからニュー・ハンプシャー州の学校に通って、そこでアート・ギャラリーを始めたの。ギャラリーが他になかったから。資金集めをしてから「エリア」という名でオープンしたの。学校が壁一面と他の建物の一部分を貸してくれただけでスペースは一部屋もなかったわ。19歳の時にアートの展示会を企画したけど誰も来なくて。(笑)そして大学生の時にホイットニー美術館で研修を始め、2002年のホイットニー・ビエンナーレに参加していたクリス・ヨハンソンを見たの。その頃彼はダイチ・プロジェクトで展示をすることになっていて、私の初めて努めた展示会が2002年秋に開催した彼の個展だったの。そうして彼に出会い、彼を通じて若いアーティストやおもしろい人達にもたくさん出会ったわ。


クリス・ヨハンソンはニューヨーク出身?

いいえ、彼はサンフランシスコ出身よ。今はポートランドに住んでるけど。ミッション・ディストリクトのストリートで育って、友人にはサンフランシスコ出身のアーティストのマーガレット・キルガレンやグラフィティをするバリー・マッギーなどがいて。彼らが西海岸出身なのは知られているでしょう。だからあんなに落ち着いているの!
こうして事が始まり、色々な人に出会ったのよ。


他に何か言いたいことはありますか?

そうね、ダイチにいたときはタウバ・アワーバッハやテレンス・コー、ダッシュ・スノー、コリー・アーケンジェル、ダン・コレンなどの若い才能を持ったアーティストたちを見つけて、キュレーションするだけじゃなく繋がりを築くことに専念していたし、これからもそうしていきたいわ。隠れていた才能のあるアーティストを発掘し続けて一緒に仕事したり、彼らにとって初めての展示会のサポートがしたいの!


The Hole
住所:312 Bowery, New York, NY 10012
営業時間:12:00〜19:00(日・月曜日定休)
TEL:1 212 466 1100
http://theholenyc.com


Text and photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Yuri Yoshioka
, through the years… I got some of the Gallery publications and there was always the name of Kathy.., so I just discovered that the mind behind this gallery was not only Deitch but his incredible Art Director Kathy Grayson.

Nowadays without Deitch Projects in New York, Kathy is building a strong art community and she opened her own Gallery The Hole at The Bowery Area on June, 2011. Kathy is a curator (Director of Deitch Projects for 8 years), writer, art adviser and recently she contributes to i-D Magazine as Art Editor.


Kathy why did you choose the Bowery for your Gallery instead of Chelsea?

Well, actually the Bowery is an up and coming gallery neighborhood since the New Museum opens on the next block there being five or ten new galleries in the area. There´s a few galleries down 1st street and then… I´ve always like The Bowery, you know Deitch was near here in SoHo.
You know Jeffrey was a pioneer of the SoHo neighborhood and lots of gallery went there, and then everybody moved to Chelsea in the late 90´s but Jeffrey stayed in SoHo… and besides the fact that he did shows differently he was also know for being different because it was the only Gallery in Soho…

You know he gave you the illusion that you were doing something different and apart from everybody else, and of course Jeffery couldn´t have done much better business if he was on Chelsea but he didn´t care so much about business it was more like doing the kind of shows for the community and the downtown culture to support the scene.

So I decided to move to The Bowery because I´ve always lived in this area, my friend Dash Snow who died had his studio were he lived many years on Broome and Bowery I spent a lot of time there and lots of time in Chinatown… and thats kind of where I personally identify, like the stuffs on the streets and artist who live there… Terence (Koh) have his gallery and space near by …and so, this is were my friends live, this is were I hang out.

We found this space and is like the best Gallery on the Bowery because it happens to be two spaces together (we open in June) so, most of the galleries around are 20 feets wide and this one is 40 fetes wide, so this was the prefect space for us. When we founded we visualize this was going to be a good Gallery.


You think the Gallery (The Hole) can fill the gap that perhaps Deitch Projects left in town? Why its called THE HOLE?

I´ve called the Gallery The Hole because there was a Club I really liked, were all different types of artist hang out (lesbians, graffitti artist, club kids) so I liked the idea that the Gallery will be like a Community Center were lots of different types of people will come together… also the fact that people is talking about The Hole that Deitch was leaving and there is this huge hole were Deitch used to be… and I thought it was kind of funny to embrace that …
But I also see galleries like holes in the buildings and uhmm, in feminist theory they always tell you that if you are a woman you must Own The Hole… and so I own The Hole!!! embracing the void!


Can we do a little background?

Yeah! I grow up in Maryland and studied in DC… then I went to school in New Hampshire and I started an art gallery there because there wasn’t any… so I raised some money and I open this art gallery called Area cause it wasn’t even a whole room… the school administration just gave me like a wall and some other building… I was like 19 years old and I organized this art shows and nobody came hahaa… and, then I interned at the Whitney when I was in Junior in College… there is where I saw Chris Johanson, he participated at the 2002 Whitney Biennal. After that I wanted to meet him and it happened that he shows at Deitch Project, so the first show I worked on was Chris Johanson show 2002 fall… so I got to meet him, and through him I meet everyone, the young artist and so many interesting people from everywhere.


Is Chris Johanson from New York?

No, no he is from San Francisco… well, he lives in Portland now… but he is a San Francisco artist, I mean he grow up like in the streets of Mission District, he was friend with Margaret Kilgallen who is like the best artist in SF and friends with Barry McGee who is the best Graffiti dude from SF… so you know they are from West Coast… that´s why they are so… chill!
So that´s how I started and how I meet all the people!


Anything you would like to add to this interview about you and The Hole?

Well, what I would like to do here is what I did at Deitch that was discovering new talents like in did before with Tara Auerbach, Terence, Dash, Cory Arcangel, Dan Colen, and it was not like curator just like art connections that I made so I try to do this here… continue discovering best emergent artist and work with them and I like to help them with their first show!


The Hole
Address: 312 Bowery, New York, NY 10012
Opening Hours: 12:00 – 19:00 (Closed on Sunday and Monday)
Tel: 1 212 466 1100
http://theholenyc.com


Text: Text: Julio Cesar Palacio

new-yorkのお勧めイベント
Recommended Events in new-york
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.