art/design

ディア・ビーコンDia:Beacon

Dia:Beacon, Riggio Galleries, 2012. Photo: Michael Govan. © Dia Art Foundation

Dia:Beacon, Riggio Galleries, 2012. Photo: Michael Govan. © Dia Art Foundation

Based in the town of Beacon one and a half hours outside of Manhattan, Dia have converted the old Nabisco printing factory – a bastion of America’s industrial pastマンハッタンから1時間半の郊外にあるビーコンの街を拠点とし、ディアは、アメリカのかつての産業の砦である古いナビスコの印刷工場を改装した広々としたアートスペースに、アメリカ国内外から収集した世界有数のコレクションを収蔵している。荘厳なグランド・セントラル駅から電車に乗って絵のように美しいハドソン川に沿っていくと、自分を取り巻いていた周りの世界や、おいてきた都市の景観からは引き剥がされ、ビーコンに到着する。

小さなエントリービルを抜け、改装された工場のメインホールに入るとすぐに、改装された展示室が何メートルにも続く、広々としたスペースにつきあたる。その溢れんばかりの光と空間は、観覧者にとって、魅惑的で興味をそそるものである。アーティストのロバート・アーウィンがデザインファームのオープンオフィスとのコラボレーションでデザインしたメインの展示室は、工業的な鋸歯状の窓が輪郭をなぞる天井から差し込んでくる自然光で満ちている。このようにビルの既存構造をうまく利用したことで、いきいきとした工業的ディティールを持つ空間にするだけではなく、このビルのブルーカラー(労働階級層)による過去への敬意を表している。

期間ごとに変わる企画展と並んで展示されているディアの所蔵コレクションには、ほとんど敬意の念といってよいものがあるのが、壁にある作品をいくつか見ればわかるだろう。ヨーゼフ・ボイス、ソル・ルウィット、ダン・フレイヴィンの作品を特集した複数の展示室とともに、パワーとマテリアリティーが渦巻く空間を包み込むような、リチャード・セラの記念碑的作品である金属の彫刻が目玉だ。アングルや高さにおいて巨大なスケールのこれらの建造物を目の当たりにすると、部屋にいるわたしたちの存在が全くもって小さく感じられる。幾何学模様やさまざまな形を壁に鉛筆で描いたソル・ルウィットの習作と一体となった、ディア・ビーコンという美しく穏やかな視覚的・空間的体験は、ニューヨークを訪れたすべての人にとって必見である。

Dia:Beacon
住所:3 Beekman Street, Beacon, NY 12508
開館時間:11:00〜16:00(4月〜10月は18:00まで)
休館日:火・水曜日(1月〜3月は木曜日も)
TEL:+1 845 440 0100
http://www.diaart.org

Text: Leon Goh
Translation: Izumi Watanabe
– to an expansive art space housing one of the world’s pre-eminent collection of international and American art. Taking a train from the majestic Grand Central Station along the picturesque Hudson river you arrive at Beacon at once detached from the world around you and the cityscape that you’ve left behind.

Entering the main hall of the converted factory through a small entry building, you immediately encounter a vast expanse of space, with converted exhibition rooms that run for metres on end. The space and light that abounds is at once beguiling and engaging for the spectator. Designed by artist Robert Irwin in collaboration with the design firm OpenOffice, the main exhibition rooms are filled with natural light streaming in from the industrial saw tooth windows that shape the ceiling. This intelligent use of the existing structure of the building not only provides the space with lovely lived-in industrial details but also pays homage to the building’s blue collar past.

Housing Dia’s permanent collection along with a series of seasonal exhibitions, there is almost a sense of reverence when the spectator views some of the work on the walls. With specific galleries featuring works by Joseph Beuys, Sol Le Witt and Dan Flavin,

Richard Serra’s monumental metallic sculptures which envelope the space in a swirl of power and materiality were a highlight. Encountering these structures on a massive scale with their play of angles & height made our presence in the room feel decidedly miniscule. Combined with Sol Le Witt’s pencil wall studies of geometry and shapes, Dia:Beacon is a beautifully serene visual and spatial experience that is a must see for any visitor to New York.

Dia:Beacon
Address: 3 Beekman Street, Beacon, NY 12508
Opening Hours: 11:00–16:00 (April–October till 18:00)
Closed on Tuesday and Wednesday (Thursdays in January, February, and March)
Tel: +1 845 440 0100
http://www.diaart.org

Text: Leon Goh

new-yorkのお勧めイベント
Recommended Events in new-york
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.