art/design

アートタワーミトART TOWER MITO

水戸駅からまっすぐに伸びる、なだらかな上り坂を歩くことおよそ20分。坂の頂上付近にさしかかると、ビルの谷間の路地の向こうに螺旋形の鉄塔が出迎えてくれる。After a 20-minute walk along a gradual slope from Mito station, a spiral tower remotely shows itself between buildings in the city. As I walk toward the tower, I encounter a green scene of a grassy plaza with 3 zelkova trees in its entrance gate.鉄塔を目指し歩みを進めると、3本のけやきを門戸に緑の芝生に覆われた広場が眼前に広がる。市中心部に位置する水戸芸術館は、開放された広場を中心に「芸術館」の名で多くの市民から親しまれている。

1990年、茨城県水戸市に開館した水戸芸術館(アートタワーミト)は、現代美術ギャラリー・劇場・コンサートホールからなる現代芸術の複合施設である。旧五軒小学校の跡地に建てられたこの施設は、水戸市制100年を記念し、磯崎新アトリエの設計により建設された。広場を取り囲むように配置された各施設は回廊で繋がり、施設共通のエントランスホールには国内最大級のパイプオルガンが設置されている。

水戸芸術館のシンボルである塔は、正四面体28個を規則的に積み上げたもので、表面は57枚の正三角形のチタンパネルで覆われている。高さ100mの塔内にはガラス張りのエレベーターで上れる展望室を備え、円形の窓からは水戸の街並みを望むことができる。

「現代美術ギャラリー」は、高い天井とトップライトから取り入れられた外光により開放感あるものとなっている。9室からなる展示室は自由度が高く、展示作品によってその構成・順路を変更できる。また、内装が作品展示に干渉しないよう、 壁・天井などは白を基調とした主張の小さなものとなっている。
ジェームズ・タレルや宮島達男といった著名作家の展示のほかにも、「クリテリオム」と名づけられた若手美術家を取り上げる個展シリーズを行い、多くの美術家を発掘、紹介している。

「ACM劇場」での観劇の際には、まず舞台と客席の近さに驚くこととなるだろう。客席は舞台に向って半円形を描くように配置され、最も遠い3階桟敷席においても他に類をみない臨場感を味わうことができる。また、壁に使われている青黒い煉瓦(コバルトを入れ焼いた物)をはじめ劇場内は黒で統一されているため、照明に照らし出された舞台は浮かび上がるように映えることとなる。

「コンサートホールATM」は室内楽専用ホールである。劇場とは対照的に白木で構成された室内は、アーチを用いた天井とあいまって柔和な表情を見せる。3本の大理石の柱によって支えられた天井には、円盤状の音響反射盤が設置されており、これを上下することによりホール内の残響効果を調整できる。

江戸時代の名所旧跡を多く残す水戸市は、豊かな河川・湖沼を背景に素晴らしい景観を誇る。市内の至る場所から目にすることのできる塔もまた、水戸市のシンボルとしてその素晴らしい景観の一役を担っている。

水戸芸術館(アートタワー水戸)
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
時間:9:30~18:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
TEL:029-227-8111
webstaff@arttowermito.or.jp
http://arttowermito.or.jp

Text: Yutaka Takamura
Photo: Courtesy of Art Tower Mito
Art Tower Mito is at the center of Mito city, and is popular among people around the city as “geijutsukan (center of arts)”, together with the calm plaza I mentioned above.

Art Tower Mito opened 1999 at Mito in Ibaraki prefecture. This art complex center has a contemporary art gallery, a theater, and a concert hall. It was built after an elementary school in the city in 1989, when the city celebrated its centennial anniversary. It was designed by Arata Isozaki. Each building is surrounded by a plaza, and a cascade ties them all together. The facilities share one entrance which has one of the biggest pipe organs in Japan.

The Tower is a symbol of this center. It is composed of 28 contiguous regular tetrahedron sections set on top of each other. The 57 triangular surfaces are covered with titanium panels. It’s built 100m high and has an observation deck on its top. From the deck’s round windows we can overlook Mito city.

The Contemporary Art Gallery is made of bright and open spaces full of sunlight that comes from its high ceiling and top windows. It is structured by 9 different rooms and its construction and route are changeable depending on each show. The wall and the ceiling are painted white so as not to affect any of exhibitions. Not only has it held many famous artists’ exhibits such as James Turrell and Tatsuo Miyajima, it has also held exhibitions to find and introduce new artists through a series of shows called “Criterium”.

When you visit “ATM Theatre”, you will be surprised because the stage and seats are very close to each other. The seats are arranged in circular fashion around the stage, and it gives the audience the feeling of being right beside the performers even if they are at the farthest from the stage. The wall is made by blue-brick, so the performers look beautiful like floating in the electric light.

“Concert Hall ATM” is made for classical music concerts. Opposite the “ATM Thetre”, the hall looks light and gentle because of its white wooden wall and round shaped ceiling. The ceiling is supported by 3 giant marble columns and has a spiral sound-reflecting disk which can be moved vertically according to its needs.

The city of Mito conserves many of its landmarks from the Edo period and keeps beautiful scenery of nature. At the center of this scenery, Art Tower proudly stands as an important symbol of this city.

Art Tower Mito
Address: 1-6-8 Goken-cho, Mito-shi, Ibaraki-ken, 310-0063 Japan
Open: 9:30-18:00
Close: Mondays (Tuesdays if Monday is a national holiday), Winter holiday season
Tel: 029-227-8111
webstaff@arttowermito.or.jp
http://arttowermito.or.jp

Text: Yutaka Takamura
Photo: Courtesy of Art Tower Mito
Translation: Shiori Saito
MITO艺术馆
地址:茨城県水戸市五軒町1-6-8
时间:9:30-18:00
休息日:星期一
电话:029-227-8111
webstaff@arttowermito.or.jp
http://arttowermito.or.jp

mitoのお勧めイベント
Recommended Events in mito
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.