insider

エイドリアン・ホーガンAdrian Hogan

© Adrian Hogan

© Adrian Hogan

Gracefully illustrating the world surrounding him, Adrian Hogan is a humble and inconspicuous observer with a fascinating eye. Capturing the daily moments that go unnoticed to others, Adrian poetically highlights the cultural優美なイラストレーションの世界が彼を取り囲んでいる。エイドリアン・ホーガンは控えめで目立たない魅力的な目をした観察者だ。人々が見逃しがちな日々の瞬間を取り込むこと、エイドリアンは文化的交流やユーモラスで美しい動作に詩的に光を当てる。厳格すぎるほど親切で献身的な彼のイラストはさりげなく、それでいて無垢で複雑で精巧な彼の描写からは日本の影響が強く映し出されているように見える。
メルボルンのクリエイティブの中心地であるコリングウッドのマジック・ジョンストン・スタジオで、エイドリアンは着想を得るため目を開き、現実を捉える。


自己紹介をお願いします。

高校生の頃から、いつもスケッチブックを持ち歩いています。自分自身を表現する方法や自分の周りの世界に目を凝らすことは、美術の授業の宿題として始めたけれど、それはすぐに癖になりました。私は、先生、花屋、アニメーター、イラストレーターとして働いたことがあります。マジック・ジョンストンというシェアスタジオで、クライアントや自分の中のイメージを考案しています。


何に触発されてイラストレーターになりましたか?

私はいつだって描くことが大好きで、ずっと家族や先生、友達から刺激を受けてきました。だけど大学に入ると、辛抱強さを持ってたくさんの激務をこなせば、ドローイングはフルタイムの仕事になることに気が付きました。ジェイムス・ジーンや清水裕子、ジリアン・タマキのようなイラストレーターが人気になり始めた頃、私は学生だったので、彼らの話に触発され自分のキャリアに生かしました。しかし彼らを真似しなくてはとか、何が何でも彼らと同じ道を行かなくてはと思ったことは一度もありません。


あなたのイラストにはいくつかの表現方法が組み合わさっていますが、どれが一番のお気に入りの方法ですか?

特に気に入っているものはありません。自分が描きたいものがより良く表現できるものならなんでも選ぶようにしています。表現手段としては、あるイメージで作ることを決め、決められたルールを用います。例えば、ドローイングやキャプチャリングをするのに、ペンの即時性は動く物体の“本質”を捉えやすいです。鉛筆はスケッチの下書きや勉強に適しています。もっと生産的で熟考するような仕事には、万能で絵画的な木炭を使います。


最近はどのようなプロジェクトを手がけてきましたか?

日本語のオノマトペ(擬音)をイラストで紹介する本を手がけています。例えば、軽いものや綿毛のようなものの音は「フワフワ」、空腹の音は「ペコペコ」。こういった言葉が英語で、また乳首をつねる音「クリクリ」のように、せめて笑えるような、おかしなものだけでも日本人以外の人に浸透したらいいなって思います。


座ってスケッチするには、メルボルンのどこが一番ですか?

ドローイングの素晴らしいところは、どんな場所でもおもしろい題材になるところです。お気に入りの場所のひとつは、ヴィクトリア州立図書館の前です。色んな人たちがいて、図書館の前でリラックスする人とスワンストンストリートの賑わいの対比はドローイングするための遊び場となっています。


メルボルンでよく行く、特にお気に入りのギャラリーはどこですか?

間違いなくヴィクトリア国立美術館(NGV)です。毎日行っても飽きません。19世紀の絵画と中国の陶器のコレクションは素晴らしく、展示がないときでも予約をすれば、ドローイングコレクションライブラリーに出入りすることができます。北斎漫画の全書やジョージ・ランバートによる鉛筆画、ダミエールによるリトグラフなんかも含め、いくつかお気に入りの作品があります。


おすすめのイラストやアートに関するメルボルンの出版物はありますか?

ザ・サイレント・アーミー から出版された、「Dailies’ zin」に載っている作品が大好きです。メルボルンで起こっているアングラでローブローなコミックシーンの優れた作品たちのショーケースです。


思い浮かぶメルボルンでの理想の1日を教えてください。

ちょうど、この間の週末が理想に近い1日でした!コリングウッドのエブリデイコーヒーに行って、スケッチのウォームアップをしてから、スタジオに行って2時間働きました。才能あるグラフィックデザイナーのカレン・チャンと待ち合わせをして、シティにあるワンダーバオ (19-37 A’Beckett St.)でランチをし、それから午後を過ごす為にNGVに行きました。最高においしい定食をジプシー&ピッグ(391 Little Lonsdale St.)で食べ、それからスタジオに戻って夜更けまでドローイングをしました。


Text: Joanna Kawecki
Translation: Yuki Sato
interactions and gestures with humour and beauty. With a gracious amount of rigour and dedication his illustrations seem effortless, accompanied by a strong Japanese influence reflected in the immaculate and high calibre of intricacy and detail in his drawings.
Melbourne-based at the Magic Johnston studios in creative hub Collingwood, Adrian has eyes all open for inspiration and all fingers on the pulse.


Please introduce yourself.

Ever since I was in high school I have been carrying a sketchbook around with me. It started as an assignment for art class but quickly became an obsession, my way of privately expressing myself as well as a way of looking closely at the world around me. I have worked as a teacher, a florist, an animator and illustrator. I work from a shared studio space called Magic Johnston where I create images for clients and for myself.


What inspired you to become an illustrator?

I have always loved drawing and received a lot of encouragement from my family, mentors and friends when I was starting out. However, it was when I got to university I realised that, with patience and a lot of hard work, drawing could become a full time ‘job’. I was studying at a time when illustrators such as James Jean, Yuko Shimizu and Jillian Tamaki were just starting to become really popular so I used their stories as inspiration for my own career. I never felt as though I had to copy them or follow their path in exactly the same way however.


Your illustrations cross a number of mediums, what is your most favourable to work in? Pencil, watercolour…

I don’t have a particular favourite so I try to choose whatever I feel will best express the subject I want to draw. The medium I use determines the set of rules I choose to work with on an image. For example, the immediacy of pen lends itself well to gesture drawing and capturing the ‘essence’ of a moving subject. Pencil is great for preparatory sketches and studies. For more laboured and considered work I use charcoal as it is versatile and painterly.


What project are you currently worked on/or just finished?

I am working on an illustrated guide to Japanese onamonapia (sound words). For example, the sound of something light and fluffy is ‘fuwa fuwa,’ the sound of an empty stomach is ‘peko peko.’ I hope it will encourage non-Japanese people to try using these kinds of words in English or at least have a laugh at some of the bizarre ones such as ‘kuri kuri’ the sound of tweaking nipples.


Where is the best location in Melbourne to sit and sketch?

The wonderful thing about drawing is that it can transform wherever you are into an interesting subject. One of my favourite places is in front of the State Library of Victoria. The mix of different people and the contrast between those who relax in front of the library and the hustle and bustle of Swanston St makes for a entertaining spot to draw.


Do you have a particular favourite gallery in Melbourne that you visit often?

Absolutely, it’s The National Gallery of Victoria (NGV). I could go there everyday and never tire of it. The 19th Century painting and Chinese ceramic collections are excellent and you can also book yourself into the drawing collection library to access work that is not on display. Some of my favourite works in there include the complete collection of Hokusai’s manga, pencil drawings by George Lambert and lithographs by Daumier.


Are there any favourite local Melbourne publications for illustration and art that you can recommend for us?

I love the work that is featured in ‘Dailies’ zine published by The Silent Army. It showcases some of the best work that is going on in the underground/lowbrow comic scene in Melbourne.


Please run us through your ideal day in Melbourne. Starting with a favourite place for breakfast, gallery, dinner, dancing, etc.

I had close to an ideal day just this past weekend! I went to Everyday Coffee in Collingwood to do some warm up sketching and then into my studio to work for a couple of hours. I caught up with talented graphic designer, Karen Chan, at Wonderbao (19-37 A’Beckett St.) in the city for lunch and then went down to NGV for the afternoon. Had a really yummy teishoku at Gypsy & Pig (391 Little Lonsdale St.), then went back to the studio to do some late night drawing.


Text: Joanna Kawecki

melbourneのお勧めイベント
Recommended Events in melbourne
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.