insider

アデル・ウィンタリッジAdele Winteridge

© Foolscap Studio

© Foolscap Studio

Adele Winteridge is one of Melbourne’s emerging creatives leading the impressive calibre of forward-thinking design in Australia, enhancing the current traditional landscape for occupied space and design with a collaborative approachアデル・ウィンタリッジはメルボルンにおける前衛的な才能を持った新鋭新クリエイターの一人である。コラボレーションを行いながら近年の伝統的な景色を彼女のデザイン、空間に広げていく
パース出身のアデルは、現在彼女が率いる様々な分野にまたがったデザインスタジオ「フールスキャップ」があるメルボルンを拠点としている。2010年に設立されたフールスキャップは、革新的で経験的なデザインの魅力にフォーカスしていて、シドニー・ビエンナーレ、アパレルの小売業者であるバニシング・エレファント、パトリシア・コーヒー・ブルワーズ、ゴードン・ストリート・ガレージなど、この数年ですでに多くのクライアントの仕事を手掛け、素晴らしい評判をもたらした。
インドの建築プロジェクトに関わったり、若い人たちもバーをオープンできるようにシドニーの開業の基準の改正に携わったりとアデルの個人的なバックグラウンドも同様に魅力的だ。彼女のデザインのパワーと器用さは、人を楽しませる振る舞いと、仲間の有能な地元のクリエイティブとコラボレーションする軽快さで、より強力なものとなっている。
情熱、決断、仕事を楽しむことを重要視するアデルは、インスピレーションで溢れている。


自己紹介をお願いします。

西オーストラリア州のパースで育ち、24歳の時にシドニーに移動しました。2009年までシドニーで働いていましたが、2010年にフールスキャップを立ち上げるためにメルボルンに移りました。フールスキャップは、記憶に残るデザインをつくること、特にホスピタリティやホテルに焦点を当てた、多岐に渡るデザインを手掛ける会社です。料理や食べたり飲んだり、ダンス、サーフィン、そして週末には遠くを探索したりすることが大好きです。


あなたは信じられないほど魅力的な経歴を持っていますね。ホワイトハウス・デザインスクールで教鞭を取る事からインドのコミュニティビルのプロジェクトまで、そして今は2010年からクリエイティブスタジオの仕事をスタートさせています。多種多様のプロジェクトに参加するためのインスピレーションはどういったものから得ているのですか?

新しい挑戦、新旧関係なく良いビジネス、良いアイディア、革新的な実験によって動かされています。いつもいったん何かに挑戦し始めてしまうと、例え何度やり直しても絶対パーフェクトにできる、と信じて取り組みます。


あなたのデザインやそのアプローチのためにインスピレーションを得る、決まったデザイン哲学や手法はありますか?

デザインするときの私のアプローチは、問題の核心を捉え、ただ可能な限りそれを解決することです。常に素材の異なる使い方を模索し、新しい方法を見つけようとしています。私たちの哲学や類似性の一つは、美味しいサンドイッチの様に、素材のパレットがシンプルに保たれるということです。もしたくさんの味を過度に入れすぎている場合、素材の実際の味を決して堪能することはできません。焦点は、常に現象とインテリアデザイン分野に関わる私たちの経験、そして私たちが居住している空間の上に存在する。コンセプトが常に我々のインテリアの王であると表現するならば、悪魔はディテールに存在しています。


多くの革新的なベンチャーや、たくさんのモダンなカフェ、シドニー・ビエンナーレ2012のオープニングイベントなどに関わってきましたね。人間性に基づくプロジェクトとアートの影響を受けたプロジェクトをどのように繋げていますか?

インテリアやファッション産業は非常にアート業界に影響を受けていると思うし、またお互いに影響し合っていると思います。人間性に基づくデザインにおいて私たちが強調することは、言うまでもなく人々が使う、住む、遊ぶ、働くためデザインです。『全ての建築はシェルターであり、全ての偉大な建築はその中に居る人を抱擁し、寄り添い、刺激を与えてくれる空間だ。』ーフィリップ・ジョンソン


あなたはもう3年半もメルボルンに住んでいますね。メルボルンで送る理想的な一日を教えて頂けますか?

やりたいことがたくさんあるので、とても難しい質問ですね。理想的な一日は、フィッツロイプールで泳ぐ事からまず始めて、続いて「CIBI」や「キュムラス」で朝食をとり、地元の新鮮な食材を買うためにグレーデルセントマーケットを訪れる。それから、(私はいつも働いているので、今回は仕事がないと仮定します)ハイデルベルグにあるハイデ近代美術館を訪れて現在催されている企画展を見る。それから午後は友達と一緒にヤラ川のほとりでロープスイングをし、音楽とお酒を共有する。最後に、シェベーンでカクテルを飲んで、バンブーミュージックで踊り尽くす。まるで天国のような一日ですね!


クラシカルなメルボルンのデザインと建築を見学するなら、どこが理想的な場所でしょうか?

アートセンターコンプレックスのハマー・ホールは、クラシカルで素晴らしいです。もう一つ素晴らしい建築があり、もしツアーを組めるのであれば、ロビン・ボイド邸や、彼のデザインしたものを見るといいでしょう。ハイデ近代美術館も新旧混在していてとても素晴らしいです。あと、メルボルンのボルト橋の上にあるDCMの「チーズスティックス」もおすすめです。


それから、型にはまらないインテリアデザインと建築を見るにはどこが良いですか?誰によって作られたかも教えてください。

フットスクレーによる天后聖像
ケンジントンの橋の下
KEWのリヨン・ハウス美術館
デントン・コーカー・マイケルによるジンク・ハウス
メルボルンCBDのローチド・コミッションズの屋上


Foolscap Studio Melbourne Studio
住所:Level 3, 75-77 Hardware Lane Melbourne VIC 3000
TEL: +61 (03) 9012 6637
http://www.foolscapstudio.com.au


Text: Joanna Kawecki
Translation: Uchida Junji
.
Originally from Perth, Adele now resides in Melbourne where she leads her interdisciplinary design studio, Foolscap. Founded in 2010, Foolscap places fantastic focus on innovation and experiential design, already securing a number of impressive clients in it’s first few years of operation with an admirable reputation to boot. Clients such as the Sydney Biennale, fashion retailers Vanishing Elephant, Patricia Coffee Brewers and Gordon Street Garage.
Adele’s personal background is equally fascinating. Having assisted in building projects in India, to a vigilance in instigating a review and successful implementation of Sydney’s independent bar licensing. Her design prowess and dexterity is strengthened by her delightful demeanour and agility to identify and collaborate with fellow talented local creatives.
Placing emphasis on passion, determination and enjoying the work you do, Adele is quite the inspiration.


Please introduce yourself.

I am 32 years old, I grew up in Perth, Western Australia, and moved to Sydney at the age of 24. I lived and worked in Sydney till 2009, and moved to Melbourne to start up Foolscap, in 2010. Foolscap is an interdisciplinary design firm, focused on creating memorable experiences, whether temporary or enduring, and with a focus in hospitality and hotels. I love cooking, eating and drinking, dancing, surfing and exploring remote locations on the weekends.


You have an incredibly intriguing background. From teaching at the Whitehouse School of Design to working on community building projects in India, and now starting your own Creative studio practice in 2010. What inspires you to be involved in diverse projects?

I am completely driven by new challenges, good businesses- young and old, good ideas and experiments in innovation. I guess I will always try something once, and even after doing it many times I still feel like I can perfect it!


Is there a particular design philosophy or practice that you take inspiration from in your designs and approach?

My focus or approach when designing is to really get to the core of a problem and solve it as simply as possible. We try to always innovate different uses of materials and find new ways of using them. One of our philosophies or analogies is that our pallet of materials should be kept simple, like a good sandwich. If you overcomplicate it with too may flavours, you will never taste the actual flavour of the raw ingredients. Our focus is always on phenomenology and our experiences as humans of the interior realm, and spaces that we inhabit.
Concept is always the king of our interiors, but the devil is in the detail.


You have been involved in a number of innovative hospitality ventures, outfitting a number of contemporary cafés and the opening evening fit-out for the Sydney Biennale 2012. What is the connection to human-based and art-influenced projects?

I think that the interior and fashion industries are very much influenced by the art industry, and I would even go as far as saying that they are all influenced by each other. Our emphasis on human-based design goes without saying, as we design interiors solely for people to use/inhabit/play/work in. “All architecture is shelter, all great architecture is the design of space that contains, cuddles, exalts, or stimulates the persons in that space”. – Philip Johnson


You have been living in Melbourne for 3.5 years. Please run us through your ideal day in Melbourne.

This is a hard one, as there are so many things to do! An ideal day starts with a swim at the Fitzroy pool, followed by breakfast at Cibi or Cumulus Inc. Followed by a visit to the Gleadell St. Markets to buy fresh local produce. I would then (assuming I am not working- which I almost always am…) head out to Heide Museum of Modern Art in Heidelberg and see the current exhibition, then rope swing into the Yarra River in the afternoon with friends and share a picnic with drinks and music. Finally, I’d have cocktails at Shebeen, and then dance the night away at Bamboo Musik. Sounds like heaven!


Where is a fantastic location to view classic Melbourne design and architecture?

Hamer Hall in the Arts Centre Complex is classic and wonderful. Another amazing piece of architecture if you can get a tour, is the Robin Boyd house or anything design by Robin Boyd. Heidi Museum of Modern Art is also a good one, being a mix of old and new architecture. Also, the DCM “Cheese sticks” on the Bolte Bridge in Melbourne.


And a place to view unconventional interior design and architecture and by whom?

Heavenly Queen Buddhist Temple by Footscray.
Spaces under bridges in Kensington.
The Lyons House Museum by Kew.
The Zinc House, designed by Denton Corker Marshall.
Broached Commissions Rooftop by Melbourne CBD.


Foolscap Studio Melbourne Studio
Address: Level 3, 75-77 Hardware Lane Melbourne VIC 3000
Tel: +61 (03) 9012 6637
http://www.foolscapstudio.com.au


Text: Joanna Kawecki

melbourneのお勧めイベント
Recommended Events in melbourne
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.