music

デコール・スクワットDocor Squat

コリアタウンのど真ん中にあるデコール・スクワットは家具卸店が並ぶ殺風景なウェスタン通りの一角に位置する。人通りの途絶える夜、車でこのエリアを通れば搬入のために泊められたトラックの合間の思わぬ人だかりを見逃すことはないだろう。For now the Docor Squat is in the guts of Koreatown, on that stretch of Western, just to the south of Melrose, that is lined with furniture stores and long buildings that have no windows at street level.どこからともなく音が聞こえてきたら、確信を持っていい。車を停め、住所の無い階段を二階ヘ上れば、西洋文化の下落そのものを目の当たりにすることになる。入り口で手の甲に書かれた「x」印がその場に居合わせた輩の一夜限りの連帯を示唆するかのよう。そう長くは続かない連夜の催しは腹の底のかすかな緊張に値する、究極の「今、ここ」的経験となるはずだ。

ヨーロッパなどでは、まだまだ名を馳せるスクワット(不法に居住すること)だが、ロスでのそれに出会うのは初めてだった。そしてその夜の経験は期待を裏切らなかった。間に合わせの家具が無造作に置かれ、ベニア板で継ぎはぎの壁はグラフィティに覆われる(アンチ企業のスローガン、お決まりのわいせつ用語など)。「ストレート・エッジ」(菜食主義<多くの場合ベガン>の上、酒、たばこ、ドラッグを一切拒否し、黒いミニマルな衣服に身をつつむ、一種の左派理念)とスプレー缶でペイントされた壁の前のごみ箱には、矛盾をつくように Olde English(一番安い、質より量の発泡酒。 北米のBYOB(Bring Your Own Booze – アルコール持参)のパーティ定番のアイテム)の空き瓶と、タコベル(メキシカン・ファーストフード)の包み紙が捨てられている。そして何よりシーンを彩る「キッズ」達。きいたところによればここには4人の「住人」を数えるというデコール・スクワット、残りはどこからともなく口伝えでイベントを聞きつけてきた面々だ。

デコールの余命はカウントダウンを始めている。でもそれを憂うこともなく、楽観的空気がそこには流れる。「今を生きて何が悪い?」 B.A.J.とその友人達にはもちろん家賃を払う義務がない。ロスのダウンタウンのグランジスペース「the smell」でのラインナップが一時的にここに移動した形となっている(消防法違反で現在改装休業中)。どれだけ音を出そうが、どんなに暴れて空間を荒らそうが、今を楽しむ彼らはお構いなし。最後の爆弾が落とされるまで、宴は夜な夜な続く。

Text: Brian Webb
Photos: Aya Muto from New Image Art Gallery
If you happen to drive by on any given night and see a little pocket of noise and activity on the west side of the street, at a building that appears not to be zoned for human habitation, you’ve probably found it. Park your car and walk up the stairs to witness a scene straight out of the Decline of Western Civilization. It’s worth it, and it won’t be there for long.

For my part, this was the first squat I’d been to. It didn’t disappoint. There is makeshift furniture. Graffiti covers the walls: anti-corporate slogans, lone obscenities, the eternally funny balls-and-shaft. The words ‘straight edge’ are painted on a wall in front of a garbage can spilling over with Old English bottles and Taco Bell trash. And most important, there are the kids. From what I could gather, there are four full time ‘tenants’. The rest are friends, random people off the street and those who heard there was live music.

Johnny B.A.J. lives and often performs at Docor. His music, a blend of spastic hip-hop lyrics and D.I.Y. beats, is performed while riding around on a skateboard. In the meantime, the members of a two-piece band called Queef are getting ready to play, plugging in guitars and amps. Four bands will
perform tonight. True to punk sensibilities, there is no stage.

Docor’s days are numbered, but everyone there seems to be all right with that. They live in the present. And for now there is a fun place to kill an evening in K-town. Johnny and friends don’t have to pay rent. Bands that would usually play at the Smell, a downtown club that just got shut down, have a convenient and hassle free venue. And they pretty much trash the place… until the ball drops.

Text: Brian Webb
Photos: Aya Muto from New Image Art Gallery

los-angelesのお勧めイベント
Recommended Events in los-angeles
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.