art/design

バービカン・センターThe Barbican Centre

© Morley von Sternberg

© Morley von Sternberg

Upon entering the Barbican Centre one thing quickly becomes apparent, it is very big and there is a lot happening in any one day. Depending on what you are there to see or do, you are spoilt for choice by a 1,949 seat Barbican Hallバービカン・センターに一歩入るとすぐに顕著なのは、ここがとにかく巨大で、数多くのイベントが四六時中行われているということだ。あなたが何を観たいか、何をしたいかによって、選択肢は贅沢なほど沢山ある。1949席のバービカン・ホール、1166席の劇場、286席の映画館、アートギャラリー、パブリックスペース、公共図書館、そして3つのレストラン。驚くべくことに、これらはこのセンターのほんの一部でしかない。毎日ここを訪れるおびただしい数の人々がその事実を物語っている。

バービカン・センターは、世界屈指の芸術センターとして、また複合文化施設としてヨーロッパ最大級を誇っている。外観に関する批判は多いものの、建物の内で得られる豊かな体験を思えば外観などあまり気にならないだろう。個人的には、1970年代のブルータリズム建築の影響を受けたコンクリート製の外観にも魅力と未来らしさを感じている。1982年に開館して以来、バービカン・センターは歴史的価値のある建築物として第2種指定建造物に指定されており、毎年「人々の生活を変え、新しい世代を刺激し、全ての世代にすばらしい体験を提供する」という理念を実現しつづけている。

センターの内部に入ると、予想外の空間の広がりが展開される。コンクリートのホールそのものがワンフロアのようにも見え、また一方で橋や階段によって複数階あるようにも見える。その光景に目を奪われ混乱するかもしれないが、そんなときには、地図やサイン、親切なスタッフがいつでも助けになってくれるだろう。さらにセンターの中を探索していくと、いくつもの階があることがわかってくる。地下にはじまり、映画館のある2階、会議室の間に巨大な温室の広がる4階。この温室には、なんと2千種を超える熱帯植物、熱帯魚や野鳥がいる。この庭の中で、ゆっくりと時間に身を任せくつろぐ自分の姿をぜひ想像してみてほしい。

バービカン・ホールは、イギリスで最もすぐれた劇場のひとつである。座席は、非常に座り心地が良くてソファのよう。そして劇場の壁は、これから始まる公演へとわたしたちを導く魔法の入り口へと姿を変える。この劇場は、サイモン・マクバーニー率いる「コンプリシテ」によるミハイル・ブルガーコ作『巨匠とマルガリータ』の舞台やロンドン交響楽団の音楽といった豊富なラインナップによって、あらゆる観客の期待に応えている。また、バービカン・アートギャラリーでは、最先端の国際的なアーティストによる展覧会がわたしたちを楽しませてくれる。今年は、ソン・ドンによる家族をテーマにしたインスタレーションが展示される。インスタレーションに使われているのは、彼の母親が長年にわたって集めた5万点を超す家財であり、その品々はソン・ドンの家族の思い出や物語と親密につながっている。力強くて圧巻、一度みたら忘れられない作品だ。

バービカンは、映画で満ちあふれるロンドンにおいても観客を飽きさせない。というのも、ここではとにかく多種多様な映画が上映されているのだ。1925年作のサイレント映画「マナッセ」が、2011年作の「長ぐつをはいたネコ」と同じ月に上映されていることを考えると、「新しい世代を刺激する」というセンターの理念のひとつが自然と思い浮かぶ。さらに、映画館を一層盛り上げるために映画祭も頻繁に行われている。最近では、日本映画祭が開催され、監督たちによるトークイベントとともに『東京公園』などの日本映画が上映された。

この特別な空間で体験できることは無数にあるように思われる。結婚式や会社の会合にさえ適した場所があるのだ。展覧会や公演によって目や耳、心を満足させたならば、地上階~2階のレストランへ行ってみてほしい。ケーキやお茶がお好みであれば、地上階のバービカン・フードホールでアフタヌーンティーを。2階のサーシーズでは街を一望しながらイギリス料理を楽しむこともできる。

The Barbican
住所:Barbican Centre, Silk Street, London EC2Y 8DS
営業時間:9:00〜23:00(日曜日・祝日12:00から)
図書館、ギャラリー、バー、レストランの営業時間はそれぞれ異なる
TEL:+44 020 7638 4141
tickets@barbican.org.uk
http://www.barbican.org.uk

Text: Michael Sullivan
Translation: Sayaka Ito
, the 1,166 seat theatre, a 286 seat cinema, art galleries, public spaces, a library, and three restaurants. Believe it or not, that is only part of what this cultural centre has to offer, and the large numbers of visitors every day testifies to that fact.

It prides itself on being a world leading arts centre and Europe’s largest multi-arts venue, and although there have been complaints about the architecture of the outside; this is more than compensated by the experiences that the inside offers. At first sight of the outside of the centre it is noticeable how much concrete there is, the result of Brutalist architectural influences in the 1970s, but personally for me I have always found it appealing and almost future like. Since its opening in 1982 it has been designated a Grade II listed building, meaning that it is considered a site of special interest, and year after year it has successfully contributed to a vision of transforming lives, exciting new generations and offering great experiences to all.

The inside is rather bewildering; the concert hall foyer itself appears to be one level, but also multi-level at the same time due to internal bridges and staircases. It attracts the eye while confounding the mind, luckily maps, signs and helpful members of staff are always at hand to assist. Further exploration of the centre illuminates a number of levels, beginning from basement level -2 that is home to a cinema to the 4th floor that boasts an impressive conservatory amongst conference rooms. Amazingly the conservatory has over two thousand species of tropical plant as well as birds and fish, it is quite easy to imagine yourself in a relaxing garden and let the hours just go by.

The Barbican Hall is easily one of the most impressive venues in the UK, the seats are incredibly comfortable and can only be described as sofa like and the walls rather magically become entranceways between performances. Future events include Complicite, an adaptation by Simon McBurney of The Master and Margarita by Mikhail Bulgakov, and music by the London Symphony Orchestra, which highlights the variety of performances that can be seen here which cater to all tastes. In a different part of the centre, the Barbican Art Gallery dazzles the eye with constant exhibitions being staged by leading international artists. This year there is an installation by Song Dong which focuses on family life, a collection of over 50,000 objects hoarded by his mother over decades. The items are very intimately connected to Song Dong’s family and also form an interlinking story of memories and stories. It is a powerful sight to see, and unforgettable.

In a London that is full of cinemas, the Barbican centre always attracts an audience. This is due to the diversity of the films that are shown here, the vision of exciting new generations certainly comes to mind when it is taken into account that movies as old as Manasse, a 1925 silent movie, is shown in the same month as Puss in Boots from 2011. To add to the excitement film festivals are frequently held here, recently there was a Japanese film festival which showed films like Tokyo Park, as well as screen talks with the directors of select movies.

The list of possibilities in this special building are seemingly endless, it includes banqueting facilities for weddings and conferences for companies. Once your eyes, ears and mind have been sated by an exhibition, or a performance, then it is quite easy to find a restaurant on levels G, 1 or 2 and sit down to eat. The Barbican Foodhall on level G even has afternoon tea available for those with a taste for cakes and tea, while Searcys on level 2 allows you to enjoy British dining while looking upon a city skyline.

The Barbican
Address: Barbican Centre, Silk Street, London EC2Y 8DS
Open: 9:00-23:00 (Sunday and Public Holiday from 12:00)
For the library, Barbican Art Gallery, bars and restaurants there are different opening hours.
Tel: +44 020 7638 4141
tickets@barbican.org.uk
http://www.barbican.org.uk

Text: Michael Sullivan

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.