insider

渡辺ちかChika Watanabe

© Chika Watanabe

© Chika Watanabe

Creating a new kind of chocolate in the UK, Chika Watanabe is now working at Melt Chocolates. In 2001 she left Japan and travelled to London to study chocolate, pastry and bakery at Le Cordon Bleu. She then became a Pastry Chef at top hotelsイギリスのチョコレート専門店「メルト」で新しいチョコレートを生み出し続けているショコラティエ、渡辺ちか。2001年に日本からイギリスのロンドンへ渡り、コルドンブルー製菓学校にてチョコレート、パティシエ、ベーカリーの勉強をしたあと、ホテル・クラリッジやレインズボローなどトップレベルのホテルでパティシエを経験。現在メルトチョコレートではヘッドシェフとして活躍している。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

東京生まれ、東京育ち。外資系銀行員を辞め、2001年に渡英、コルドンブルー製菓学校で洋菓子とチョコレートの専門資格を取得。その後、2002年より5つ星ホテル、カールトンタワーホテル、レインズボローホテル、ホテル・クラリッジなどに勤務し、アフタヌーンティーやバケッティング、レストランデザートを任されました。 2008年には現在のメルトでヘッドショコラティエに就任しました。


チョコレート職人の仕事を始めたきっかけは何ですか? また、どのようにチョコレート職人としてのビジネスを始めたのですか?

学生時代からお菓子作りが好きで、人に作ってあげて喜ばれることがなにより嬉しかったです。卒業後は銀行員として働いていましたが、毎日同じような日々を過ごすことに疑問を感じるようになりました。次第に、学生時代に留学をしていたイギリスで、菓子職人になりたいという思いが芽生え、「自分の作ったお菓子で人を喜ばせたい」という気持ちが私を突き動かしました。「なぜフランスではなくてイギリスなのか」とよく聞かれます。その理由は、フランスはお菓子の市場がすでにでき上がっていますが、イギリスにはまだ私のアイディアや日本の食材を紹介する場所があると感じたからです。また、私のチョコレートの背景には洋菓子があります。新しい商品を作る時など、この2つの繋がりを常に大切にしています。


メルトのチョコレートが他と違うところはどんなところですか?

私がメルトの3人目のヘッドシェフです。私は私のスタイルでチョコレート作りをしますが、歴代のシェフがつくってきたボンボンのレシピはそのまま使っています。ロンドンは世界中から人の集まるところですから、メルトのチョコレートにもそういうスタイルが出ていると思います。


メルトで働く中で、何か他と違う点はありますか?

職人として、情熱を持ち続けることはとても大切なことですから、1年以上働いて、メルトとお客様をよく理解しているシェフには商品開発にも携わってもらっています。 試作品のチョコレートはスタッフ全員で吟味します。


メルトのチョコレートにはめずらしいフレーバーがありますが、新しいフレーバーの商品を開発するのにどのくらいかかるのですか? また、日本のフレーバーをチョコレートへ取り入れたことはありますか?

フレーバーを思いつくのは旅行をしたり、普段と違う環境にいる時に一番多いかもしれません。時間はそんなにかかりません。思いついた時には味までしっかりとイメージしてしまいます。抹茶、七味唐辛子、玄米茶、ゆずは今まで取り入れたことがあります。


チョコレート職人の方の作るチョコレートは一つのアート作品に感じます。チョコレート作品を通してどのようなことを表現されているのでしょうか?

奇抜な材料を使って目を惹くのは私のスタイルではありませんし、アートでもないと思っています。とてもシンプルな答えですが、手作りの味を知って頂きたいと思っています。


クリスマス商品の中のビザンチンをテーマにしたものがありましたが、新商品の開発にあたりどのようなリサーチをされましたか?

ビザンチン帝国、ビザンチン文化を少し勉強しました。彼らは美術として非常にすぐれたモザイク画を生みました。特にそのモザイクに興味を持ってつくったのが、ジュエリーボックスです。


イギリスに来て、クリスマスにチョコレートをプレゼントし合う習慣について日本とイギリスの違いをどの様に感じていますか?

日本ではクリスマスには、クリスマスケーキ(イチゴがたくさん入ったクリームいっぱいのケーキや、チョコレートケーキなど様々)を食べる家庭が多いですが、イギリスでは必ずチョコレートの詰め合わせがプレゼントとして交換されて、常にチョコレートが身近にあることを感じます。お店にはクリスマスの飾りのついたチョコレートのボックスがたくさん並びますし。日本はそれほどではありませんね。


クリスマス作品の中で一番のお勧め商品は何ですか?

ボーブルレースのチョコレートです。砂糖で作ったレースをボーブルにつけています。これは時間のかかる作業なのでたくさんは作れませんが、手作りならではの商品で是非見て頂きたいです。


今後はどのような商品のラインアップを考えていらっしゃいますか?

大量生産ではできない、手作りならではの商品を今まで通り続けていきます。


ロンドンで好きな場所をいくつか挙げてください。好きな理由も教えてください。

プリムローズヒルがおすすめです。「ネゴジオクラシカ」という素敵なバーや、「ランカ」というカフェや公園があるからです。ハイゲートには、「ハイティー」という大好きなティーショップがあります。そしてもちろん、メルトのお店のある、ポートベローマーケット、ノッティングヒルも大好きです。

Melt Chocolates
住所:59 Ledbury Road, Notting Hill, London W11 2AA
営業時間:10:00〜18:30(土曜日11:00〜16:00)
TEL:+44 20 7727 5030
ledbury@meltchocolates.com
http://www.meltchocolates.com

Text: Michael Sullivan
such as Claridge’s Hotel and The Lanesborough Hotel. Now she is the Head Chef at Melt.


Could you tell us about your background?

I was born and raised in Tokyo. I was a worker in a foreign bank but stopped and in around 2001 I moved to London where I studied for and gained a diploma in western confectionery and chocolate at the Le Cordon Bleu confectionery school. Since 2002 I have worked at the Five Seasons hotel, the Carlton Tower hotel, the Lanesborough hotel, Claridge’s Hotel, etc. I was entrusted with afternoon tea, banqueting, and restaurant desserts.
Since 2008 I have been in my current appointment as head chef at Melt.


How did you get started in the chocolatier business?

Since I was a schoolchild I have liked the making of confectionery, it made me very happy if I could become a person who makes it. After I graduated I worked as a bank clerk and I began to question that I was spending every day doing the same thing. Gradually thoughts started to sprout that when I was at school I wanted to study in the UK and become a confectionery artisan, I was motivated by the feeling that ‘I want to make people happy with my own personally made sweets.’

I have often been asked ‘why the UK and not France?’ I decided to go to London as I feel that the confectionery market in France has already made progress, while in the UK I can introduce my ideas and Japanese food. Furthermore, I have a western confectionery background in working with chocolate. So when I am creating a new product connecting these two ideas is always important.


What is unusual or unique about Melt, in comparison to your competitors or similar businesses?

I’m a third head chef of Melt. I use my own chocolate making style as well as the successive recipes chefs have always used for making bonbons. London is a place where people from all around the world gather and I think this also shapes Melt chocolates.


Do you have an interesting story about working at Melt?

As a craftsperson, it is very important to continue to have passion in my work; as such I usually ask chefs who have worked for over a year and understands both Melt and its customers very well, to participate in product development. The chocolate prototypes are tested by our staff.


Melt has some very unusual flavours, how much time does it take to develop a new flavour? Do you ever use Japanese flavours in your chocolates?

I think of new flavours when travelling, I probably think of most new ones when I am in everyday but different environments. It doesn’t take much time. At the time that it occurs to me I consequently get a firm image of the flavour. Up until now I have used Maccha, seven spices, Genmaicha (tea with roasted rice) and Citron.


The work of a chocolatier is akin to art, do you feel that you are trying to express yourself through your work?

I don’t feel it is art; to use original ingredients that are eye-catching isn’t my style. It is a simple answer, but I hope to create a homemade taste.


This Christmas you have a Byzantine theme, how did you research your new products?

I studied a little about the Byzantine Empire and culture. They produced unusually good mosaics as art. Although I was especially interested in the mosaics, they were jewellery boxes.


Regarding giving chocolates as presents at Christmas, what do you think about the difference between the UK and Japan?

During Christmas time in Japan many families eat Christmas cake (cream filled strawberry cakes, chocolate cakes, and many more). I feel that in the UK chocolate is very familiar and chocolate assortment boxes are always exchanged as gifts. In this regard Japan is different.


What is your favourite amongst the Christmas products? Why?

The Bobsleigh chocolate. I made the bobsleigh with sugar, because it was a time consuming task I did not make a lot, but I wanted to create a unique handmade product.


What exciting products can we expect to see in future?

Instead of mass produced chocolates, I will continue as before to make unique handmade products.


Please give us the names of a few of your favourite places in London with the reason why you like them.

Primrose Hill because there are nice wine bars “Negozioclassica”, a lovely cafe “Lanka” and the park. Highgate, my favourite tea shop “Hightea” is there. And of course Portobello Market in Notting Hill, close to the Melt Shop.

Melt Chocolates
Address: 59 Ledbury Road, Notting Hill, London W11 2AA
Opening Hours: 10:00 – 18:30 (Sunday 11:00 – 16:00)
Tel: +44 20 7727 5030
ledbury@meltchocolates.com
http://www.meltchocolates.com

Text: Michael Sullivan

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.