hotel

バウンダリーThe Boundary

© Boundary

© Boundary

The Boundary Project is one grande idea. The latest endeavour by renowned London restauranteur Terence Conran as a multidisciplinary space, home to Boundary Rooftop and Hotel, Boundary Restaurant and Barバウンダリーは一つの大きな思想だ。ロンドンの有名レストラン、テレンス・コンランが最新の試みとして、バウンダリー・ルーフトップ、ホテル、レストラン、バー、アルビオン・カフェなどを含む多目的スペースをオープンした。「楽しく」、「野心的に」、「気取らずに」、かつ「完璧に」をモットーに洗練された施設は、テレンス・コンランとヴィッキー・コンラン夫妻が、ビジネスパートナーであるピーター・プレスコットと組み、各スペースの細部に至るまでにデザインしている。

元軽工業ビルを使用して建設されたバウンダリーは、東ロンドンの中心にあるクリエイティブエリアに位置するレッドチャーチ・ストリートに建っている。スタイリッシュなインテリアから発せられる創造的な活力は、多くの常連を生み続けている。高級なショアディッチ・ハウスの向かいに位置しているという点も、街のファッションを観察できる場所として最適だ。

アルビオン・カフェは近代的で光にあふれた空間だ。シンプルなイギリス料理を提供し、パン職人やシェフがオーガニック料理をオープンキッチンにて調理してくれる。カフェの隣には小さな食料品店があり、バートン・コートにあるコンラン夫妻が所有している農家から運ばれてくる、イギリス産の新鮮なパン、優雅な味わいのケーキ、季節野菜が販売されている。

建物は最前線のデザインやアートワークが網羅されており、パリ出身のグラフィティアーティストである、ブレック・ル・ラット、写真家のノエル・エッペを筆頭とする50人の写真家、版画アーティストの作品が展示されている。

さらに印象的なのが、バウンダリー・ホテル客室のインテリアだ。オーナーであるピーター・プレスコットとコンラン夫妻が適切に厳選した家具が使用されている。レイ・イームズ家具で統一されたチャールズ&レイ・イームズ・ルームや、シャルロット・ペリアンのデスクチェアや、ル・コルビュジェの設計図を使用した、ル・コルビュジェ& シャルロット・ペリアン・ルームなどがある。

アルビオン・カフェや下のバウンダリー・レストランで食事したり、ルーフトップやホテルの客室から東ロンドンの全景を楽しめる、おすすめの場所だ。

THE BOUNDARY
住所:2-4 Boundary Street, Shoreditch, London E2 7DD
TEL: +44 2 7729 1051
http://www.theboundary.co.uk

Text: Joanna Kawecki
Translation: Akio Usui
, and Albion “Caff” cafe. Delightfully ambitious, and perfectly executed as an unpretentiously sophisticated establishment.
Husband-wife duo Terence and Vicki Conran teamed up with business partner Peter Prescott, and their taste in fine living is visible in each space of Boundary.

In a former industrial light building, Boundary is a unique complex in an equally atmospheric location, found right in the heart of East London’s creative hub on Redchurch Street. Not only holding a creative energy amongst the style-orientated interior, but in the clientele and guests that are drawn to the space. Comfortably situated across from the exclusive Shoreditch House only makes for great people-watching of the city’s fashion and style aficionados.

A modern light-filled space is the “caff”. Albion cafe serves uncomplicated British cafe food, whilst the bakers and chefs prepare organic meals in the open kitchen, allowing all your senses to dine first.
Alongside, there is a small food store, specialising in British produce providing the freshest bread, scrumptious cakes and seasonal greens coming uniquely from the Conrans’ country home just over in Barton Court.

Cutting edge design and artwork encompasses the building, with pieces from Parisian graffiti artist Blek le Rat and photographer Noelle Hoeppe, amongst 50 other artists, photographers and print makers coming from the collections of Terence and Vicki Conran or especially commissioned.

Furthermore impressive are the interiors of each Boundary guestroom. Owners Peter Prescott and The Conrans’ have used their personal and suitable taste of furniture and art for the 17 guestrooms available.
Special note given to the unique an extremely thoughtful approach. The Charles & Ray Eames Room, as the name suggests, is dedicated to Eames furniture and design whereas Le Corbusier & Charlotte Perriand Room celebrates the duos unique partnership, using Corbusier’s drawings for the headboard and Charlotte’s desk chair.

Whether its dining in Albion cafe or Boundary restaurant below, a birds eye view of East London from the Rooftop or hotel guestroom. Boundary is a must-visit.

THE BOUNDARY
Address: 2-4 Boundary Street, Shoreditch, London E2 7DD
Tel: +44 2 7729 1051
http://www.theboundary.co.uk

Text: Joanna Kawecki

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.