fashion

ファッション&テキスタイル・ミュージアムFASHION & TEXTILE MUSEUM

鮮やかな色彩をふんだんに使ったデザインで1970年代のグラム・ロック最盛期に活躍したファッション・デザイナー、ザンドラ・ローズ。戦後のファッションとテキスタイルの目まぐるしい移り変わりを記録・紹介Fashion designer Zandra Rhodes, whose popularity was at its peak in the 1970s, is enjoying a comeback thanks to her newly opened Fashion and Textile Museum. することとあらゆる世代の来場者にデザインについて学んでもらうことを目的に「ファッション&テキスタイル・ミュージアム」を設立、2003年5月上旬にオープンした。

本人はショッキングピンクの髪と唇、まぶたに濃いパープルのシャドウを塗り、入れ墨のようにみえる一本眉。小柄で華奢ではあるが強烈なインパクトだ。屋上のペントハウスに住んでいる彼女は、このミュージアムを実現するため、ノッティング・ヒルの自宅を売り払った。総工費は400万ポンドとも500万ポンドもいわれているこのミュージアム、外観も彼女にまけずカラフルで、周辺のクリーム色や茶色、グレーの町並みの間で際立っている。

屋内面積1500m2の改装を、ローズはメキシコ人建築家リカルド・レゴレッタに依頼した。内部は黒く太い柱など以前の現金問屋の姿を残すが、玄関口部分のショッキングピンクと上品なコバルトブルーを組み合わせたアーチ状の廊下をはじめ、鮮やかな色使いを得意とするレゴレッタが建物の内外観にその色彩感覚を発揮している。彼が手掛けた建物はこのミュージアムがヨーロッパ初登場である。

こけら落としの企画展は「マイ・フェイバレット・ドレス」。ヴィヴィアン・ウェストウッド、ヴァレンティノのベテランからジョン・ガリアーノ、ソフィア・ココサラキ(『聞いたことあって?変わった名前ね』と二人組の上品なおばさま方が囁き合っていた)まで、総勢70名の有名デザイナーがそれぞれお気に入りの一点を提供している。発想の段階から個人的なエピソードまで交えて紹介し、デザイン行程の見えない部分を引き出せたら、というのが狙い。会場内は照明を落として各ドレスにミニライト3点をあて、床に配置されたデザイナーのコメントを読みながら進むようになっている。

ローズ自身のお気に入りは、1974年作の豆緑色のシフォンとサテンのドレス。オーストラリアのエアーズロックから発想を得ている。日没と夜明けの太陽と、ピンクッションと呼ばれる植物をモチーフにしたシフォンのドレープが広がり、えり周りのキルティングを施したサテン布が全体をまとめている。着る者を選ばないデザインで、色違いのものを故ジャックリーヌ・ケネディも愛用していたという。

ドレスの多くは、2000年以降のコレクションから選んだものが多く、各デザイナーがどれだけこの展覧会の意図を理解したのか、その度合が計らずとも分かる結果になった。ここではその中でも選んだ理由が明解なものをピックアップする。

今後は年に2、3回企画展を開催する予定。また、ミュージアム内に設置された教育部門は、地元の学齢の子供たち対象にワークショップや休暇中のイベントを開催、また成人には生涯教育を促進していく。自作を収集・展示するだけに留まらず、地元地域の人たちに役立ててもらうこと、またファッション及びテキスタイル学生を支援してミュージアム内での短期アシスタント制度を設けるなど、ザンドラ・ローズが蓄積してきた経験や知識を一般に還元していく。

Fashion and Textile Museum
住所:83 Bermondsey Street, London SE1 3XF, UK
時間:11:00~17:45(日曜定休)
TEL:+44 20 7403 0222
http://www.ftmlondon.org

Text: Sari Uchida
It will house three thousand of Rhodes’ own creations and also support educational facilities, providing opportunities for people to study and become familiar with all areas of fashion and textiles.

Rhodes is well known for her unsubtle appearance: shocking pink hair and matching lips, eyelids heavily caked in deep purple. Her museum has just the same qualities: large walls of pink, yellow and orange as designed by Mexican architect Ricardo Legoretta. He is known for his lavish use of vast areas of warm, bold colours best demonstrated here in the entrance lobby, with its shocking pink walls (reflecting his client’s hair colour) andvibrant blue arch ceiling. This is Legoretta’s first building in Europe.However, as the building was once a cash-and-carry warehouse, it gives an impression that the architect worked on it more as an interior (andexterior) renovator.

My Favourite Dress’ is the theme for the opening exhibition, with dresses selected by seventy leading designers. The aim is to illustrate the creative process behind each dress; how the designer was inspired, came up with the design and realized the creation, by providing anecdotes and quotes from each.

Rhodes’ own favourite dress is a one-shouldered, pea green chiffon dress which she created in 1974. It features images of Ayers Rock, Australia, at sunset and sunrise together with pincushion plants. The dress is held in place at the top with a quilted satin panel. There are many colour variations, one of which was owned by Jacqueline Kennedy Onassis.

Walking through the dimly lit exhibition space and looking up at the dresses hung from the ceiling, it is possible to see the lovely creations at a close range: witness the delicate chiffons, smooth silks, experimental synthetics and the rich, vibrant colours. Rhodes’ favourite of all is the ‘cage-dress’ by Romeo Gigli, “It gives an impression that it was selected with some thought behind it.”

The Museum aims to hold two to three major exhibitions a year, manage international educational and outreach programmes as well as provide an extensive digital archive, with images of dresses and fabric in 72 dpi format.

Fashion and Textile Museum
Address: 83 Bermondsey Street, London SE1 3XF, UK
Open: Tue-Sun 11:00-17:45
Tel: +44 20 7403 0222
http://www.ftmlondon.org

Text: Sari Uchida
时装及纺织品博物馆
地址:83 Bermondsey Street, London SE1 3XF, UK
时间:11:00-17:45
休息日:星期日
电话:+44 20 7403 0222
http://www.ftmlondon.org

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.