bar/restaurant

トラムシェッドTramshed

© The Tramshed

© The Tramshed

Rivington street has a reputation for having an exciting range of bars and galleries, so it is no surprise that the latest restaurant to open there has its own specially commissioned artwork and also that the location is in a former tramshed buildingリビントンストリートは斬新で面白いバーやギャラリーが集まると評判の高い通りで、その店の為に特別に作られたアートワークがあったり、その店がかつて電車の車庫だったとしても驚く事はないだろう。元々その建物は、1871年からショーディッチトラムの発電施設として使われていた。しかし、1930年代にロンドン公共交通機関会社は、徐々にトラムからバスへ公共交通機関を移していった。最近までこの建物は短期展示用のギャラリーとして使われていたが、マーク・ヒックスが新しいレストラン「トラムシェッド」の為にこの場所を選んだ。マーク・ヒックスは、シェフであり、レストラン経営者であり、イギリス料理本のライターでもある。彼は2008年に最初のレストランをスミスフィールドにオープンした。そのレストランは、様々な種類の肉料理やステーキと共に、いつも違う牡蠣のメニューに力を入れている。一方、トラムシェッドは、鶏と牛の料理をメインにしている。従って、ダミアン・ハーストのアート作品は、店の中心の一段高くなった柱の上の特等席に鎮座している。

ダミアン・ハーストは、今も活躍しているイギリスのアーティストで、キャリアは20年以上にも及び、彼の物議を醸す作品は世界でも名高い。彼はトラムシェッドの為に、鉄とガラスで出来たタンクの中をホルマリンで満たし、雌牛の背に雄鶏を立たせた作品「Cock and Bull」を制作した。更に、彼は1990年代のアニメーションキャラクター「Cow and Chicken」を元にしたペインティングも制作した。もしも、レストランに来る人達がこの作品だけでは物足りなかったら、地下には「Cock ‘n’ Bull」というギャラリーがあり、毎日11時から6時まで営業しており、6週間毎に展示が変わり、図書館も併設されている。毎月マーク・ヒックスが旬の食材を使ったブリティッシュスプレッドの料理実演会を開く。

トラムシェッドの入口はとてもモダンで、受付がすぐ建物の中にありながらしかし、ウェイターやウェイトレスよりも前出の作品、「Cock and Bull」にすぐに目が引き寄せられる。テーブルは、レストランの中心から広がり、大人数用のたくさんのボックス席は左側にあり、奥にはプライベートな空間を確保出来る中二階の席もある。メニューはとてもシンプルで、3つの中から1つのスターター、チキンかビーフをメインに、4つのサイドディッシュの中から1つずつ選び、最後にデザートを選ぶ。一つのスターターを例に挙げると、ヨークシャープディング、チキンレバーホイップ添えで、伝統的なサンデーローストの定番の一品であり、普通であればグレイビーソースと共に出てくる。しかし、この斬新な組み合わせは良く合っているようだ。また、チキン自体は良くある選択肢の一つであるが、目新しさを演出すべく、丸々1羽のチキン(頭以外)が逆さに特殊な皿の上に盛り付けられ、ポテトフライがその周りを埋めている。これは、実に斬新な光景である。ステーキはとても美味しく、ウェイトレスによると、その肉は北アイルランドからのもので、世界に5箇所しかない特別な場所で育てられたものらしい。これが食べ物であるか、アートであるか、ここで確かめてみてほしい。しかし、そのチキン料理は2人で食べきるのは難しいという事を覚えておいてほしい。

Tramshed
住所:32 Rivington Street, Shoreditch, London EC2A 3LX
営業時間:12:00〜
TEL:+44 (0)20 7749 0478
information@ng-london.org.uk
http://www.chickenandsteak.co.uk

Text: Michael Sullivan
Translation: Yoko Kazama
; hence the restaurant’s name the Tramshed. Originally this was an electricity generating facility for the Shoreditch tram which had been operating in the area since 1871, however in the 1930s London Transport decided to gradually replace all trams with buses. In more recent years this venue has been home to temporary art galleries and it is here that Mark Hix decided to open his newest restaurant. Mark Hix is a chef, restaurateur and also a writer of cookbooks on British cuisine; he opened his first venue in 2008 in Smithfield Market which focuses on a forever changing oyster menu along with various meats and steaks. The Tramshed itself is focused on chicken and beef, hence the artwork by Damien Hirst that has pride of place at the centre of the Tramshed on a raised pillar.

Damien Hirst is an active British artist who has been exhibiting for over twenty years, his sometimes controversial art is renowned around the world, and for the Tramshed he has created the ‘Cock and Bull.’ A cockerel and cow have been preserved in a steel and glass tank of formaldehyde with the cockerel standing astride the cow. Furthermore he has created a painting based on 1990s cartoon characters ‘Cow and Chicken.’ If this wasn’t enough art to satisfy the patrons of this restaurant in the basement there is the Cock ‘n’ Bull gallery which is open daily 11am to 6pm and has rotating exhibitions every six weeks and a curated library. Every month Mark Hix will also host a cookery demonstration using seasonal ingredients to create a fantastic British spread.

The entranceway to the Tramshed is very modern with a reception desk just inside, though your eyes will immediately be drawn to the ‘Cock and Bull’ artwork rather than the waiter or waitress. The tables are spread out in the centre of the venue with a number of booths on the left hand side for larger groups and an elevated mezzanine floor for private dining at the back. The menu is quite simple with a choice of three starters and then either chicken or steak as a main with a choice of four sides and a selection of desserts. One starter is the Yorkshire pudding with whipped chicken livers, normally this is traditionally part of a Sunday Roast and comes with gravy, but this unusual approach does seem to work. The chicken itself is quite a popular option, and also a reason for getting a camera out, as a whole cooked chicken (minus the head) is placed upside down on a special plate and surrounded by chips – it is definitely a unique sight. The steak is delicious, our waitress told us that it had come from Northern Ireland and had been aged in a special chamber of which there are only five in the world. Whether it is for food or just for art you will see unique sights here, though keep in mind that eating the chicken for two people is quite a challenge.

Tramshed
Address: 32 Rivington Street, Shoreditch, London EC2A 3LX
Opening Hours: 12:00-
Tel: +44 (0)20 7749 0478
information@ng-london.org.uk
http://www.chickenandsteak.co.uk

Text: Michael Sullivan

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.