art/design

ファイヤー・ステーションFire Station

© South London Gallery Fire Station, 2018, Photo: Johan Dehlin, Courtesy 6a Architects

© South London Gallery Fire Station, 2018, Photo: Johan Dehlin, Courtesy 6a Architects

The South London Gallery has been based in Peckham, south London, since the 1890s, however in September, 2018 they added to their collection of art spaces with the opening of the Fire Station – a new art space in a very old building! サウスロンドン・ギャラリーは、1890年代から南ロンドンのペッカムを拠点としてきたが、2018年9月に古い建造物の中に新しくファイヤー・ステーションと呼ばれるアートスペースをオープンした。

ロンドンはサウスロンドン・ギャラリーのような何十年と続くギャラリーや美術館、ギャラリーが市内に広がる素晴らしいアートと文化の中心地である。新たなギャラリーを開こうと探す誰もが古い建築物との共存やあつらえ用の土地をいかに探すかという選択に直面しなくてはならず、それも決して簡単なことではない。サウスロンドン・ギャラリーは、1867年に建てられた特別な建造物の寄付によって、ロンドンの歴史的価値を保ちつつ、もう1つのアートスペースを確保するという好機に恵まれた。

その建築物はロンドンで初めに消防署として建てられたもので、1920年代まで使用されていた。1934年から2007年までは食肉市場のオフィスと工場だったが、2008年からは使用者もなく、2014年にサウスロンドン・ギャラリーに寄付された時には荒れ果てた状態であった。

新しくオープンしたアートスペースには、ギャラリー、スタジオ、保管倉庫、公共教育機関を備えている。以前消防署の用具が収容されていた地下は広いスペースとなり、本来緊急事態時のみにしか使われていなかった古いドアは屋外への開放を可能にした。可愛らしい建物の正面は昔のヴィクトリアン朝のランプがついており、「ENGINES (エンジン)」と表記がある。玄関はすぐ階段に繋がっており、それは新しくモダンであるが、素のレンガの壁との美しいコントラストを作り上げている。

全ての階の部屋は真っ白な空間へと変わり、すでに展示への準備は万端だ。このヴィクトリアンの建築物は蘇り、今後もロンドンのアートシーンを活気付けていくだろう。

ファイヤー・ステーション
開館時間:11:00〜18:00 (土・日曜日は10時から、水・毎月最終金曜日は21時まで)
休館日:月曜日
住所:82 Peckham Road, London SE15 5LQ

TEL:020 7703 6120
https://www.southlondongallery.org/your-visit/our-spaces/fire-station/

Text: Mike Sullivan
Translation: Hanae Kawai
London is a fantastic art and cultural center, with museums and galleries scattered across the length of the city, and with some galleries, like the South London Gallery, operating for decades. Anyone looking to open a new art gallery has to face a choice of co-existence with an old building, or finding land for a bespoke building – not an easy task. For the South London Gallery the donation of a grade II listed building, built in 1867, provided an extraordinary opportunity to double the size of their art space while keeping a little bit of London’s history alive.

The building is the earliest surviving purpose-built fire station in London and was in active use until the 1920s. From 1934 to 2007 it was the head office, and factory, for a firm of butchers, but since 2008 it has been empty and was semi-derelict when it was donated to the South London Gallery in 2014.

It has opened as a new arts space with gallery space, an artists’ studio, an archive room and community and education facilities. The ground floor where firefighting equipment was once kept has become a large space that can be opened up to the outside with old fashioned doors that used to only open when there was an emergency. A lovely touch to the building’s façade is an old Victorian lamp which says “ENGINES”. The entrance of the building leads directly to a staircase, one that is new and modern and which provides a striking contrast with the bare brick interior wall that it is attached to on one side.

The rooms on all floors have been transformed into pure white oases which stand ready for art exhibitions, bringing a Victorian building back to life, and ensuring the continued vibrancy of London’s art scene.

Fire Station
Opening Hours: 11:00-18:00 (Saturday and Sunday from 10:00, Wednesday and last Friday of the month until 21:00)
Closed on Monday
Address: 82 Peckham Road, London SE15 5LQ

Tel: 020 7703 6120


https://www.southlondongallery.org/your-visit/our-spaces/fire-station/

Text: Mike Sullivan

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.