art/design

重森三玲庭園美術館Mirei Shigemori Garden Museum

© Mirei Shigemori Garden Museum

© Mirei Shigemori Garden Museum

重森三玲が京都で暮らすようになって十数年後、吉田神社の旧社家あったものを譲り受け、茶室などを建て増しした旧重森邸。主な建築は江戸期中期の建物で、Mirei Shigemori (1896-1975) is a Showa’s representative garden artist as well as a garden history researcher who has advocated avant-garde ikebana.現在の重森三玲旧宅は、これら江戸期の建造物のほか、三玲が新たに自ら設計して建てさせた、二つの茶席(無字庵 昭和28年、好刻庵 昭和44年)と、自作の書院前庭や茶庭、坪庭がつくられている新旧融合の特殊な場所である。重森三玲旧宅は現在、吉田神社界隈で、格式ある社家建築の趣きをつたえる、ほぼ唯一の遺構であり、その文化財的価値は貴重なものである(書院、茶室は国の登録文化財)。

書院前の庭は、中央に蓬莱島、東西に方丈、瀛州、壷梁の三島を配した枯山水庭園で、部屋の内部や縁側から鑑賞することができる。三玲が作庭した数々の寺社庭園や個人宅の庭などに比べ、この書院前の庭の特徴は、住まいとしての江戸期の建築と調和しながら、茶を中心にした日々の暮らしに則している点にある。

重森三玲は、若い頃から生け花や茶も習っており、それが三玲庭園のルーツとも言われている。彼の深い教養や斬新な感性に惹かれ、彼のもとに集まった来客者にお茶を点て迎えいれることが日課だった。中川幸夫や彫刻家のイサム・ノグチとの交友など、庭園をとおしての交流は多岐にわたる。
驚くべきは、枯山水の庭に生の花木を嫌う彼が、妻の希望をいれて桜を植えているというところ。一度訪れてみれば、たくさんの庭園を作ってきた彼にとってこの庭が、仕事の場であり、おもてなしの場であり、愛する人と家族との大切な暮らしの場である、最も意味のある庭だったことがわかる。
庭に面した書院の縁側の東の角で、煙草盆を前に正座し、くつろいでいた三玲の姿が想像できないだろうか。

一般公開は、予約観覧制で案内付きでの観覧となるので、外国人の通訳無しの個人での予約は不可となっている。

重森三玲庭園美術館
住所:京都市左京区吉田上大路町34
時間:11時、14時、又は15時(説明付・前日までに要予約)
毎週月曜日定休
見学料:600円(茶室見学は400円プラス)
TEL:075-761-8776
http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/

Text: Tamami Kadowaki


The Shigemori Residence is a traditional town house dating from the middle Edo period (1789) with an adjoining garden and tea ceremony pavilions (Muji-an, 1953 and Koukoku-an, 1969). Both garden and pavilions were designed by Mirei Shigemori, seminal 20th century architect of Japanese garden, author of the Hojo Garden, Tofukuji Temple (1939) amongst over ninety religious and domestic gardens. The house belonged to the Shinto order, “Suzuka”, of nearby Yoshida Shrine and was acquired from the order by Shigemori for his family in 1943.

The main garden consists of four rock configurations symbolizing the Elysian islands: Hojo, Eiju, Horai (central island) and Koryo placed on the sand garden. Horai island consists of a crane style rock composite and Hojo, a tortoise style rock composite. The stones known as “blue rock” in the Awa region of Japan are mainly from Shikoku island. The garden is overlooked by a veranda and a sparse main room with shoji screens, tatami mats and a hanging paper light conceived specially by Isamu Noguchi. The tea cermony pavilion is a rich hybrid of traditional and modern design. In contrast to the shrines and temples of the city, the house is domestic in scale and is connected to the rhythms of everyday life.

The public viewing is by appointment only, with a guide. The appointment can be made only if you can visit with a translator.

Mirei Shigemori Garden Museum
Address: 34 Kamiojicho, Yoshida Sakyo-ku, Kyoto
Tel: 075-761-8776
http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/
重森三玲庭园美术馆
地址:京都市左京区吉田上大路町34
时间:11:00,14:00,或15:00
休息日:星期一
承认:600円(茶室访问增加了400円)
电话:075-761-8776
http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

kyotoのお勧めイベント
Recommended Events in kyoto
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.