insider

グラフィックエアラインズGraphicairlines

デザインへの愛をふりまきながら街中を飛び回っているのが、香港発クリエイティブグループ、グラフィックエアラインズだ。Hong Kong creative group Graphicairlines has been flying around the city to spread their love of design.彼らの幅広い活動は、様々なプロジェクトにビックリするほど積極的に参加していることからも伺え、ここ数年で彼らの名前が知れ渡ることになった。言うまでもなく、ぷっくりとした顔のキャラクターも彼らを特徴づける象徴的な存在となっている。この若手2人組は来年はパリの展覧会に飛び立つという。さぁ、彼らによる空の旅を楽しもう。


お二人のこれまでの背景も含め、グラフィックエアラインズの自己紹介をお願いします。

タット:2002年にウェブサイトを通してグラフィックエアラインズを始めました。その頃、自身のデザインを表現する場所を探していました。つまらないオフィスでのデザイン作業から離れたかったというのもあります。

ヴィ:タットに影響を受け、ちょっと描いたり、クレイドールを作り始めました。グラフィックエアラインズに参加したのは2004年です。2005年には手書きのステッカーをストリートに貼り始め、グラフィックエアラインズを表現する新しい場所を発見したのです。


タットさんはウェブサイトでの自己紹介で、「すべてを香港から」(totally from Hong Kong)と述べてますが、ご自身をハードコアな地元人間の1人として捉えてるのでしょうか?また、香港の好きな所は?

ハードコアな地元人間としては考えてませんね。でも香港で育ったのは事実だし、この街は地元です。ですから、ここで起こっていることが私の作品に影響を与えていると思います。この街とは愛憎の関係があると思ってて、香港ではお店や食べ物など欲しいものを簡単に見つけられるとことが好きなところです。でも人口が増えてきてて、通りが混雑し過ぎてますね。


ローカルのストリートアーティストとして、この街のグラフィティ文化についてどのように思ってますか?

香港のストリートアートとグラフィティシーンは、他のアジアの都市のものほど良いとは思いません。そんなに大勢の人がシーンにはいないし、香港は「クリーン」なモデル都市でもありますから、私達の作品などはすぐに片付けられてしますのです。


香港で好きな場所を教えて下さい。またそれはなぜでしょう?

九龍湾九龍城にある古い空港です。空港がランタオ島に移動して以来、九龍城に大きな空っぽの空間を残しました。その周辺をドライブするのが好きです。


Graphicairlines
キュートじゃない私達。キャラクターは、「醜の美学」を支持するグラフィックエアラインズのデュオにより生まれる。2002年にタット&ヴィにより結成。以来、香港の急成長するストリートアートシーンにて確固たる地位を築く。2006年より作品の出版や展示などから離れ、2人はハンドメイドの作品を制作している。


Text: Justin Tsui
Translation: Mariko Takei
With a wide range of works and being unbelievably active in a variety of projects, their name has grown significantly within the last few years. Not to mention the iconic fat face character has to be credited for their recognition. This young pair will head to Paris next year for their exhibition. Good luck and enjoy the voyage!


Please tell us about Graphicairlines and what is the background of this pair of artists?

Tat: I started Graphicairlines through a website in 2002. At that time, I was looking for a space to express my own design and drawing apart from my boring office design work.

Vi: I was influenced by Tat and started to do some doodles and clay dolls, so I joined Graphicairlines (GAL) from 2004. In 2005, we started to stick some hand drawing stickers in the street and we found this new way to express Graphic Airlines.


Tat, when you introduce yourself on your website, it says “totally from Hong Kong”, do you consider yourself as one of the hard-core local people? And what do you love about Hong Kong?

I don’t think I am a hard-core local people, but the fact is I grew up in Hong Kong, and this city is my home, so what is happening in here will inspire my artworks. I think I have a love-and-hate relationship with this city. I love that you can find shops and food you want very easily in Hong Kong. However, there are more and more people living here, it’s getting too crowded to walk in the street.


You two are local street artists, what do you think about graffiti culture in this city?

I think Hong Kong’s street art and graffiti scene is not as good as the other Asia cities. Not many artists are active in this scene and Hong Kong has been molded as a “clean and tidy” city, so the works that we do are easily cleaned up.


Please share with us your favorite place in Hong Kong and why do you like this place in particular.

It’s the old airport across Kowloon Bay and Kowloon City. Ever since the airport has moved to Lantau Island, it has left a big empty space in Kowloon City. We enjoy riding in the car around that area.


Graphicairlines
Cute we are not. The characters created by design duo Graphic Airlines champion the “aesthetics of ugly”. Tat & Vi joined force in 2002 and have since become stalwarts of Hong Kong’s burgeoning street art scence. Apart from publishing and exhibiting their work since 2006, the pair produces their own design of hand-made products.


Text: Justin Tsui

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.