insider

デイビッド・ユウDavid Yu

「物事はなるようになる」と語る冒険心あふれるクリエーターのデイビット・ユウ。常に周りにいる人、モノに感銘を受け、そのつながりを大事にするモットーを持つ。“It’s never really planned, it usually just kinda happens.” says an ambitious creator, David Yu. He is impressed by people and things surround him and thinks a great deal of the connection between the two.


どのような印象を香港には持っていますか?

まだ子供だった頃は、香港に戻ってBBガンやおもちゃのロボット、そして新しい服を買ってバンクーバーに戻るのが好きでした(笑)。中国の広州によく旅行にも行って、母方の親戚を訪ねたりしました。叔父がよく、箱一杯の花火を用意してくれており、夜の公園に行ってライチを食べた後にその花火で遊んだりしました。大人になった今は、広東語も上手く話せるようになりましたし、自由に使えるお金も得ることができるようになり、香港には友達も同級生もいてみんな働いています。ですから、ここ2、3年の香港に来る目的は、以前とは違ったものになってきています。香港で20代を過ごす、ということがどんなものか、今では想像できるようになりました。


あなたから見て、香港とニューヨークの違いは何だと思いますか?

両方とも、消費物に溢れていて生活が道ばたにまでおよんでいるクレイジーな大都会だと思います。地形的に香港の方が小さいので、ニューヨークよりずっと込み合っていて、人に溢れ返っている感じがします。そのほかには、それほど相違点はないと思います。ニューヨークは香港に比べると古い街ですし、もっとやつれつつも粗っぽい鋭さがあると思います。歴史、アート、そしていたる所でカルチャーが伝統的なセンスで息づいています。香港も、粗っぽい面がありますが、ハイパーかつ現代的な面と上手にバランスをとっています。きっとこれは、日本から強い影響を受けているのと、国際的な改善が約100年及ぶイギリスによる支配から来ているものだからでしょう。そして素晴しい歴史的に古い文化的面は、何千年も前からの中国の歴史から来た全てのものに命を吹き込んで来たのです。ですから、これら全ての面は一緒に作られたものですし、私の中では、街を広範囲で面白くする文化の衝突とも言えるのです。ニューヨークのピザは懐かしいですけどね(笑)。


香港の好きなところ、嫌いなところは何ですか?

うーん。絶対に好きなところの方が多いのですが、食べ物はおいしいし、買い物ができる所もたくさんあるし、夜遅くに食べたり、じめっとした空気の匂いとか、夜道を歩く時の気持ちよさとか、島にいるという感覚も好きです。小さい頃から水に親しんできたので、ボートに乗って香港からラマ島やランタウ島や、もっと足を伸ばせばマカオまで行けるのは嬉しいです。地理的、そして都会的計画に長けている香港は、とても興味深い街で、中間から上も下も見る事ができますし、それだけ丘と木々の間に段差があり、その中に高層ビル群と寺が隣り合っているのです。
嫌いなところはそれほどありませんが、消費するばかりの文化にはやや息が詰まる思いがします。でも、これはその気になれば止められるものですし、少なくとも選択肢もあるはずですし、これは一番大切なことだと私は思っています。あなたが望めば、通りを歩くと真夜中でもスニーカーを買うことができるし、朝の3時にラーメンを食べることもできる、といったような選択肢です。香港は本当に、選択肢と実現するようにあなたが動けばそれが瞬時にリアルになるような、そんな街のように思えます。まぁ、しいて言えば夏の湿度の高さにうんざりです。とても耐えられません。


香港の何処に行きましたか?またどんな人に会いましたか?

良く見て回る時間がそれほどないのが現実なのですが、家族や友達が働いたり、住んでいたり、ぶらぶらしたりするエリアで彼等に会ったりするのがほとんどです。私がかつて住んでいた九龍、旺角、セントラルに行く機会が多かったです。高校時代の友達、大学時代の友達と会って、銅鑼湾やソーホー(セントラル)で食事をしたり飲みに行ったりしました。クリスマスイブの日は、石憶にある小さな島の超現実的な小さな野外にあるバーで過ごし、クリスマスの日は尖沙咀から香港湾の夜景を見ました。そして忘れることのできない大晦日の日は、蘭桂坊にあるCクラブの他、いろいろな場所で過ごしました。


好きな香港ヒーローは誰ですか?何故その人に感銘を受けたのですか?

好きだったり、憧れたり、感銘を受けたり、衝撃を受けたりした人はいますが、本物のヒーローがいる限り名前をあげることは難しいです。もしかしたらこれは古臭く聞こえるかもしれませんが、でも私の父と母は私を感銘するのを止めたことがありません。ですから、全ては二人のお陰だと言わなければいけませんね。


一緒に仕事をしてみたい香港出身のデザイナーはいますか?そう思ったきっかけは何ですか?例えば、本の出版、ウェブサイトの立ち上げ、または一緒にショッピングやお酒を飲みに行ったり等、その人達とどのようなことをしてみたいですか?

香港ではそれほど多くのデザイナーと会う機会はなかったのですが、ぜひとも会ってみたいです。彼等がどんな風にここで生活し働いているのか、そのことについてどう思っているのか、どうやってここでデザイン産業を見つけているのか、そのようなことについて知りたいです。お店でお茶をしながら、クラアントとどう付き合っているのか、料金はどうやって請求しているのか等話してみたりしたいです。香港の文化は異質なものですし、今でも私にとっては特別な場所でもあります。たぶん、香港のデザインビジネスに対するまた違ったマンネリズムやニュアンスがあるからだと思います。もし実際に会話が共同制作にまで導いてくれるのならば、それはそれでいいことです。たいていこういうことはレアなことなのですが、それは共通する興味を持つこと自体が十分ではない気がするのと、これはまた、同じゴール、価値観、プロセス上の認識や結果への期待をシェアすることと同じことです。エリック・ソウと私が最終的に一緒に作品を作ることになった理由はここにあります。


Text: Mlee from Shellmoon
Photos: Elaine Lee from Eoll
Translation: Sachiko Kurashina


What is your impression to H.K.?

When I was a kid the best thing was coming back and buying BB guns and toy robots and fresh new clothes to bring back to Vancovuer, haha. We would usually make a trip up to Guangzhou, China too, to visit my mom’s side of the family, and there my uncles would hook us up with boxes of fireworks and we’d go to a park at night, eat lychees and light them all off. Now that I’m older, my Cantonese has improved, I’ve got disposable income and I have friends and ex-classmates living and working here, so my visits here in the last few years have been a much different experience. I can now imagine what it would be like to be someone in his 20s living here.


From your point of view, what are the difference between H.K. and N.Y.?

Both are big crazy cities where there’s a ton to consume and a lot of life is lived on the street….because HK is smaller geographically its more crowded and feels like there’s more people here. Besides that theres not many more similarities. New York is a much older city and theres a lot more grit and worn edges, and a lot more history and art and culture in the traditional sense, everywhere you go….Hong Kong has a gritty side too but its also balanced off by a hyper-modern side probably inspired by neighbouring Japan, plus a cosmopolitan refinement brought on by almost 100 years of British rule, and a fascinating historically older cultural side that seems infused into everything which came from thousands of years of Chinese history …..so its all these sides coming together and clashing of cultures which makes for a vastly more interesting city, in my mind. I miss the pizza in New York though, haha.


What do you like/hate the most about H.K.?

Hmm….well theres definitely a lot to like….I like the food, the shopping, the late night eating, the smell of the damp air and the feel of walking down a street at night…I like how its surrounded by islands, I grew up by the water so its nice to know I can hope on a boat and escape the city to Lamma Island or Lantau Island, or even Macau. Geographically and urban planning-wise Hong Kong is really interesting, you can walk around in MidLevels here and look up or look down and theres just so much depth and layers between the hills and the trees, the big office buildings and the temple that sits right next to it.

Not a lot I hate about it, the consumer culture gets to be a bit suffocating after awhile, but its something you can pull out of if you want, at least the choice is there if you want to take it, and thats the most important thing I think, having that choice…knowing you can run down to the street and get a pair of sneakers at midnight or a bowl of noodles at three in the morning if you want. Hong Kong really seems to be about choice, and things can happen really quickly for you if you want to make it happen. Oh, and I don’t really like the humidity of the
summers here….pretty unbearable.


Where did you go? Who have you met?

I didn’t have too much time to explore, mostly met up with family and friends in a few areas close to where they work or live or hangout:
Kowloon City (which I lived), Mongkok, Causeway Bay, Central. I met up with some old high-school friends, some college friends…mostly eating and drinking at places in around Causeway Bay and Soho (in Central). Christmas Eve was spent at an surreal little outdoor bar on a little island in Shek O, Christmas was spent checking out the lights on Hong Kong harbour from Tsim Sha Tsui, and a most unforgetttable New Years Eve was spent at C Club in Lan Kwai Fong and a variety of other places.


Who is your favourite HERO from H.K. and how did he/she impress you so much?

Favorite hero from Hong Kong, hmm…there are people that I like and admire, or am inspired or impressed by, but as far as true heroes go its hard to name any. This will sound corny but my mum and dad have never ceased to impress me, so i’ll have to say that its them!


Are there any designers from H.K. you would like to co-operate/work with? What makes you interested in working with them? What would you do with them? (for example, publish a book, build a web site, just shopping and hava a beer…etc)

I havent met that many designers in Hong Kong yet, but yeah, I’d love to try to meet more and just kind of see how they like living and working here, how they like working in hong kong, how they find the design industry here, stuff like that…maybe talk a little shop and find out how people deal with clients, how they charge, etc…the culture is different and its still kind of a strange place to me….there’s probably different mannerisms and nuances to that side of the business here. If the conversations actually lead to doing work together then that would be even better! Usually its rare because I feel that its not enough to have common interests (almost a given among designers), its also about sharing common goals, values, appreciation of the process and expectations with the outcome. That’s kind of how Eric So and I ended up working together.


Text: Mlee from Shellmoon
Photos: Elaine Lee from Eoll

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.