insider

カッシア・ラウCassian Lau

We know that Cassian Lau is a successful businessman in the local fashion world, but he thinks it’s the time to shift back to his lifetime passion – painting, and now he’s presenting himself as an artist. He started off his art career私たちはカッシア・ラウがローカルファッションの世界で成功している実業家であることは知っているが、彼は生涯情熱を抱いている絵画にフォーカスを戻す時がきたと考えているようだ。そして、現在アーティストとして活躍している彼は「エレクトリック・クラウストロフォビア」と呼ばれる展示会で彼のアーティストのキャリアをスタートした。マンガのキャラクターは各絵画に詰め込まれ、より深く見ると社会問題がドローイングの至る所にあり、鑑賞者によって発見されるのを待っているようだ。香港は世界一繁華な都市の1つであり、カッシアとその彼の故郷の街との間の愛憎関係は、このすてきなコレクションを制作するためのインスピレーションを彼に与えた。アート界ではこの新しい名前に要注目!


まずはじめに自己紹介をお願いします。

私は香港で生まれ、6歳のときにカナダに移住しました。私はカナダの大学でグラフィック・デザインとアート・アドミニストレーションを専攻しました。卒業後、自身のファッションキャリアを展開するために故郷へ戻り、妻と共に「シスター・ムーン」というファッションブティックをオープンしました。私はヒステリックグラマー、サイラス、およびディータ等のように有名なファッションブランドを香港に輸入した最初のひとりです。ファッションに関するかなりの情熱がありますが、同時に絵を描くことについても一度もあきらめたことがありません。


あなたはアートを大学で専攻しましたが、なぜファッション産業でキャリアを始めること決心したのですか?

卒業後、私は仕事を探すために香港に戻りました。自分がやりたいことと、自活するためのお金を稼ぐことという2つの良いバランスがとれた仕事を見つけることはかなり難しいことでした。そしてある日、友人から妻と私がファッション産業で共に仕事をもつことに興味があるかどうか尋ねられたことを機に、私たちはコーズウェイベイの小さい店を始めました。その後に、妻が彼女自身の卸売業を始めたがっていました。そして、2人で新しいファッションブランドを香港に輸入するために「シスター・ムーン」という店をオープンしました。


あなたはカナダで育ち、香港に戻りましたが香港についてどう思いますか? これらの2つの場所を比較してどのように思いますか?

私はカナダと比べて香港の人々はよりマテリアリスティックであると思います。香港はよりエネルギッシュで、それは一生懸命働くための動機となってくれます。この国際都市は多くのインスピレーションを私に与えます。カナダの生活はもっとゆったりとしたものでしょう。カナダ人は仕事に焦点を合わせるよりも家族と友人との時間を大事に考えているようです。
もしどちらの都市が好きか選ぶなら、正直にそれはその時の気分によります。時々、私は香港でのエネルギーが好きですが、私はリラックスしたいとき、カナダに住むことを好むでしょう。私が本当にストレスを感じるとき、カナダは確実にリラックスするのに良い場所です。


香港で好きな場所を教えてください。

私はシャムスイポー(深水埗)をよくぶらつきます。この場所で多くの楽しみを見つけます。他の場所で見つけることができないような素晴らしいパターンの布地を見つけることができます。また、店のウィンドウにディスプレイしている2つの絵画に使用しているピンとアクセサリーもこの場所で見つけました。もしあなたがローカルな宝物を見つけることが好きなら、シャムスイポーは確実に訪問すべき場所です。


今後の予定を教えて下さい。

私は最近、ワンチャイ・カウンシルによるワンチャイの歴史に関する制作の依頼を受けています。同時に、私は西洋からの来た東洋の顔をもつスーパーヒーローたちの新しい絵のシリーズに取り組んでいます。それは「エレクトリック・クラウストロフォビア」に類似したスタイルになるでしょう。


Text: Justin Tsui
Translation: Yuya Masumoto
with an incredibly exciting exhibition called “Electric Claustrophobia”. Cartoon characters are packed in each of the paintings, but when you look deeper, social issues lie in every single corner of the drawing and they are waiting to be discovered by the viewer. The love-and-hate relationship between Cassian and his hometown Hong Kong has given him the inspiration to create this lovely collection, as this city is one of the busiest cities in the world. Watch out for this new name in the art circle!


First of all, please tell us about yourself

I was born in Hong Kong and emmigrated to Canada when I was 6 years old. I majored in Graphic Design and Art administration at university in Canada. After graduated, I came back to my hometown to develop my fashion career and I opened a fashion boutique called “Sistyr Moon” with my wife. I was the first one who imported the famous fashion brands like Hysteric Glamour, Silas and Dita… to Hong Kong. I have a great passion for fashion, but at the same time, I’ve never given up on drawing.


You chose art as your major in the university, so why did you decide to start your career in the fashion industry?

After graduated, I came back to Hong Kong to look for a job. It was quite hard for me to find a balance between something I like to do and earn money to support myself. And then one day a friend asked me if my wife and I were interested in having a business together in the fashion industry. Then we started off with a small shop in Causeway Bay. After that my partner wanted to start her own wholesale business. Then my wife and I opened a shop called “Sistyr Moon” to import some new fashion brands to Hong Kong.


You grew up in Canada, how do you think of Hong Kong after moving back to the city? How do you compare these two places?

I think people from Hong Kong are more materialistic compared to Canada. Hong Kong is more energetic, which motivates me to work harder. This international city gives me a lot of inspiration. The life in Canada would be more chilled out. It seems Canadians put their families and friends in higher priority, rather than focusing on work.
If you want me to choose which city I love more between these two, honestly, it really depends on my mood. Sometimes I like the energy in Hong Kong, but when I want to relax, I would prefer living in Canada. When I feel really stressed, Canada is definitely a nice place to relax.


Which places do you like to visit the most in Hong Kong?

I wander about at Sham Shui Po quite often. I have found a lot of treasure in this place and you can find fabrics with very nice patterns that you can’t find anywhere else. I have also used some pins and accessories that I found from Sham Shui Po in the two paintings at the window display. If you like to find local treasures, Sham Shui Po definitely is the place to visit.


What are you working on recently? What is your upcoming plan?

I’ve been recently commissioned by Wan Chai Council about Wan Chai’s history. At the same time, I’m working on a new series of paintings that are superheroes from the west but with the eastern faces. It will be in a similar style to that of “Electric Claustrophobia”.


Text: Justin Tsui

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.