insider

キャリー・チャウCarrie Chau

© Carrie Chau

© Carrie Chau

香港で有名なイラストレーターの1人、キャリー・チャウ。彼女はその(時に不気味で)可愛いらしいアートワークによって、「幸福」と「愛」というポジティブなメッセージを発信しているCarrie Chau, one of the well-known illustrators in Hong Kong, spreads the positive message of happiness and love by creating her lovely artwork. Her name continues to grow with her imaginative characters and her new product line. Lucky for us! Her wonderful pervious exhibition “Indigo Child” was held at the end of 2008 in Hong Kong. She successfully created a dreamy wonderland with some huge 3-D sculptures in the heart of Causeway Bay.


Please tell us about yourself and your background.

My name is Carrie Chau. I studied Design at The Polytechnic University of Hong Kong and UK’s Kent Institute of Art & Design. My childhood dream came true as a professional painter in 2003 and I held my very first exhibition “Blind Fly” in 2004.
Besides creating my own work, I had co-operated with different brands such as Fendi, Google, Levis, Media Asia, Nike, Samsung etc in these few years. In 2007, I opened “Wun Ying Collection Gallery” in Central; it provides a platform for me to showcase the masterpieces to the public.


From your website, it says you believe your past life was an alien from another planet. Also, your previous exhibition “Indigo Child” was also related to aliens. How do you relate yourself with it?

I do think of myself as an alien. Sometimes, I don’t communicate with people very well and I had some very strange thoughts in my head.
For my previous exhibition “Indigo Child”, through this little story related to alien, I would like to remind people to live happily by loving themselves, loving others and loving our earth.


You are one of the most successful illustrators in Hong Kong, what do you think about the art scene in this city?

I think the scene is definitely better than before. I do notice people pay more attention on art and exhibition, but I think there is still room to improve.


Any places you love in Hong Kong? Any recommended cool places for our overseas readers?

I love going to Kadoorie Farm. They propagate organic vegetables and I go there at least once a week to buy organic veggies and visit their “Da Hua Bai” pigs. Such a simple life could make me feel happy and fulfilled.


Carrie Chau
Carrie Chau Wun Ying was born in Hong Kong. She credits her university life to the Polytechnic University of Hong Kong and UK’s Kent Institute of Art & Design where she studied Design. She had finally realized her childhood dream of becoming a painter as her professional in 2003. Her first exhibition “Blind Fly” was hold in 2004. In 2007, her fourth exhibition “Black Sheep” was well received by the public.
She had co-operated with different brands such as Fendi, Google, Levis, Media Asia, Nike, Samsung etc in these few years. In 2007, her “Wun Ying Collection Gallery” was opened in Central “Noho” district, provides a platform for her to showcase her masterpieces to the public.
Besides painting, she is busy with her little garden. She finds her peace of mind by taking care of her garden and little animals. Now, her dream is to paint more artworks that can really touch the people, not because of the fame of the painter or the colors of the artwork itself. She wants to show the inner beauty of the world.

Wun Ying Collection Gallery
Address: G/F, 7 Gough Street, Central, Hong Kong
Tel: +852 2581 1110
http://www.wunyingcollection.com


Text: Justin Tsui
。独創的なキャラクターと新製品とともに、彼女の名前はどんどん世界中に広まっている。2008年に展覧会「インディゴ・チャイルド」が香港で開催され、コーズウェイベイの中心部に現れた巨大な立体彫刻とともに、見事夢の世界を作り出してみせた。


ご自身について、また、これまでの経歴について教えて下さい。

キャリー・チャウです。香港理工大学とイギリスのケント美術大学でデザインを学びました。2003年には小さい頃からの夢であったプロの画家となり、2004年には初の個展となる「ブラインド・フライ」を行いました。
私自身の制作と平行して、フェンディやグーグル、リーバイス、メディア・エイジア、ナイキ、サムスンなどといった他のブランドとのコラボレーションも行ってきました。2007年には、すばらしい作品を人々に発表するための「ウン・イン・コレクション・ギャラリー」をセントラルにオープンしました。


ご自身のウェブサイト上で、あなたは自分の前世は他の惑星からやってきた宇宙人だとおっしゃっています。前回の展覧会「インディゴ・チャイルド」もまた、宇宙人に関連したものでした。ご自身と宇宙人はどのようにして結びついたのですか?

私は自分を宇宙人だと思っています。私は人とあまりコミュニケーションをうまくとれない時があるし、頭の中にはいくつかとても変わった考えがあるのです。
前回の展覧会「インンディゴ・チャイルド」では、この宇宙人と関連するちょっとしたストーリーを通して、人々に自分達を愛すること、また、他人を愛し、私達の地球を愛するということを心に留めてほしいと思いました。


あなたは香港で最も成功したイラストレーターの1人ですが、香港のアートシーンについてはどう思いますか?

香港のアートシーンは以前に比べて確実によくなってきていると思います。人々が以前よりもっとアートや展覧会に注目していますが、一方でまだ発展途上だとも思います。


香港で好きな場所はどこですか?海外の読者におすすめの素敵な場所はどこですか?

私は嘉道理農場に行くのが大好きです。ここでは有機野菜を栽培しているのですが、私は少なくとも週に1度はその有機野菜を買いに、また、ここの大花白豚を見に行きます。こういった素朴な生活が私に幸せと充実感を与えてくれるのです。


キャリー・チャウ
香港で生まれたキャリー・チャウ・ウン・インは、香港理工大学とイギリスのケント美術大学でデザインを学んだ。2003年、子供の頃からの夢であったプロの画家となり、2004年には初の個展「ブラインド・フライ」を行った。2007年に行われた4度目の個展となる「ブラック・シープ」は大きな反響を呼んだ。
ここ数年ではフェンディ、グーグル、リーバイス、メディア・エイジア、ナイキ、サムスンなどのブランドとのコラボレーションも行っている。2007年にセントラル、ノーホー地区にオープンした彼女の「ウン・イン・コレクション・ギャラリー」では彼女のすばらしい作品の数々を発表。
制作の他に、彼女は自身の庭でも忙しく活動している。ガーデニングや小動物の世話をすることが彼女に心の平和をもたらしている。現在の彼女の夢は、画家としての名声やアートワーク自体の色によってではなく、本当に人々の心を動かすようなアートワークをより多く制作すること。世界の内なる美を表現することを目指している。

ウン・イン・コレクション・ギャラリー
住所:G/F, 7 Gough Street, Central, Hong Kong
TEL:+852 2581 1110
http://www.wunyingcollection.com


Text: Justin Tsui
Translation: Ayano Yamada

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.