insider

ティモ・ライトTimo Wright

© Timo Wright

© Timo Wright

Timo Wright is a name well known in artistic circles, for over 10 years he has been making ripples around this country asここ10年間マルチな才能を生かし映画監督、写真、展覧会のキュレーションなどを行ってきたティモ・ライトの名は、アート業界ではよく知られ、フィンランドのアートシーンに影響を与えてきた。彼は定期的にフィンランドとその他のヨーロッパで展覧会を行い、映画作品ではドキュメンタリーや実験的なショートムービーを手掛けている。最近のプロジェクトではスカイプのオンラインの会話のデータの変化に焦点を当てたり、自身の持ち物を撮影しそれらに対して、「どのように消費を通して自分自身を構築するか?持ち物は私にとって何を意味するのか。」という疑問について考察するセルフポートレイトというプロジェクトを行った。今回、彼の最新のプロジェクトやヘルシンキについて話を伺った。

自身について、仕事について教えて下さい。

ティモ・ライトです。フィンランド出身のメディアアーティスト、ドキュメンタリー映画監督です。

最近どんなプロジェクトに取り組んでいますか?

「ア・フィースト・ウィズ・キング・ミダース(ダース王との饗宴)」という少し難しく、大規模プロジェクトをちょうど終えたばかりです。それは一人の男性が多くの料理が並んだテーブルに座り、料理がゆっくりと腐っていく様子を撮影した映像作品でした。プロジェクトではコマ撮りのカメラを使って撮影し、2ヶ月程を費やす大変な作業でした。最近の次の仕事は商業的なものです。

フィンランドにおけるメディアについてどう思いますか?

フィンランドには本当に面白い作品が多くあります。特にドキュメンタリー映画はトップクラスです。しかし、アートの世界にはもっと面白いものを期待してしまします。アートとは、自分の考えを表現する特別な機会だと思うので、それを最大限に利用するべきだと思っています。

ヘルシンキについて教えてください。どんな所が好きですか?

ヘルシンキは隠れたスポットや魅力的な人が多いちょっと変わった素晴らしい街です。他にも、面白いイベント、ストリートカルチャーやパーティーなど常に色々なこと起こっています。街中の道行く人に聞けば、いつも何かしらのイベント情報が得られるでしょう。

ヘルシンキのお気に入りの場所を教えて下さい。

期間限定なのでちょうどいい時期に行ければですが、一年に4回行われるレストランデーには絶対行くべきです。1日限定で数百ものレストランがオープンするこの大規模なイベントは、年々グローバルになってきています。夏の時期に古い港があるカラサタマ地区へ行くのもおすすめです。壁にはグラフィティが描かれ、貨物コンテナ型のカフェや、コンテナ広場でのライブも楽しめます。また、カリオ地区は様々な人や企業が集まる、興味深い場所のひとつです。大きく様変わりを続けているこの地域ではカフェやブランチスポット、ブティックがお店を展開しているので、ぜひチェックしてお気に入りを見つけてみて下さい。他にも、クルットゥーリサウナアーラヘルマンニなどの公共サウナではリラックスしたひとときが過ごせます。イタケスクスやメルンマキのような都市近郊の街へ行くとフィンランドの違った面を見ることができます。映画監督のアキ・カウリスマキがオーナーを務めるコロナは古いけれど人気があるバーです。カリオ地区には多くのバーがあり、コンサート会場のアーニワリ(Pälkäneentie 13, Helsinki)やクーデス・リンヤのようなクラブもあります。お手軽ランチでしたら、カスビスバーリがお勧めです。たくさんのアートの学生がいつも集まっています。フィンランドのタイ料理はレモングラス(Kolmas linja 12, Helsinki, Finland)、一番の日本料理が食べられるのは「料理屋 ほしと」です。ほしとの隣にも大好きなバー、マグネッティ(Mäkelänkatu 20 B 00510 Helsinki)があります。

Text: Mike Sullivan
this multi-talented person directs movies, shoots photos and has also curated exhibitions. He has regularly exhibited in Finland and in Europe as well; his films include documentaries and experimental short movies. His work pushes the boundaries of the media industry and reflects a talent on the forefront of the digital age, a recent project involved skype and the changes in data rates during an online conversation, for Self-Portrait he photographed every single item that he owns and he questioned it too; ‘how do I construct myself through my consumption, what do the things I own say about me?’ We caught up with him to see what he has been up to recently and hear his thoughts on Helsinki.


Please introduce yourself and your work

I’m Timo Wright, a media artist and documentary film director from Finland.


What projects have you been working on recently?

I just finished a really big and difficult work called “A Feast with King Midas”. It’s a video work where a man sits at a table full of food and slowly the food starts to rot away. We used time-lapse cameras and the shooting took two months. It was quite a mess! Currently I’m working on a piece about commercial flying.


Please tell us what your typical day is like.

I think there isn’t any typical day for me but I try to work typical work hours, or a bit more. A big part of a work day is just emails, meetings, research etc and not so much “making art” in a typical way.


Could you tell us about Helsinki? What do you like about it?

Helsinki is a great, quirky city with lots of hidden gems and nice people. There are some really interesting things going on, street culture, events, parties, locations. Ask around and there’s always something going on.


Please give us your recommendations for visiting in Helsinki.

If you are in town at the right time, Restaurant Day is definetly a must-see. Four times a year hundreds of temporary restaurants open for one day, its massive and its going global now. In the summer, the old harbour area Kalasatama, is a great place to visit. Graffiti walls, debris, a cafe in a cargo container and the Container Square with out-door gigs, etc. Kallio Kallio is the most interesting area to see, with a wide spectrum of people and establishments. Kallio-movement is doing great stuff, check if there’s something for your liking. Otherwise, the public saunas such as Kulttuurisauna, Arla and Hermanni are great and it’s worth visiting the some of the suburbs (Itäkeskus is a nice place to start, also Mellunmäki) also for another kind of Finland. Bar-wise, Corona is a great old place still going strong and party owned by Aki Kaurismäki. Kallio is full of nice bars, just try your luck. Ääniwalli(Pälkäneentie 13, Helsinki) and Kuudes Linja club-wise are good picks. For a cheap lunch, check out Kasvisbaari with the art students, Lemon Grass(Kolmas linja 12, Helsinki, Finland) for great Thai and Hoshito for the best Japanese in Finland. Next to it is one of the nicest bars in town, Magneetti(Mäkelänkatu 20 B 00510 Helsinki).

Text: Mike Sullivan

helsinkiのお勧めイベント
Recommended Events in helsinki
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.