insider

TETUSINTETUSIN

福岡を拠点に活動を展開している先崎哲進(センザキタカユキ)が、2006年「TETUSIN」名義で活動の幅を広げている。Based in Fukuoka, Takayuki Senzaki has been exploring his creative works in the name of TETUSIN since 2006.主に植物のグラフィックを空間や様々なマテリアルに落とし込んだアートワークから店舗や企画などのデザイン・ディレクション等を手掛ける等、福岡のアートシーンに欠かせない人物だ。今回はTETUSIN氏の経緯と共に、福岡についてお話を伺った。


はじめに自己紹介をお願いします。

アートディレクター、グラフィックデザイナーとして福岡を拠点に活動しています。
平面のデザインから空間や装飾にまたがったデザインも手掛けています。無機的なものに有機的な要素が結びついた多元的なデザインを目指したい。シンプルで無機質な空間は、かっこいいですが、それだけでは地域性や愛着が生まれにくい。例えばかっこいいお店なのにモノが売れないということがありますが、それも空間の要素だと思います。そこに少しだけ有機的な要素を加えて人とモノ、人と人をつなげるようなデザインを模索しています。グラフィックながらに空間や装飾に興味を持つきっかけになったことは、2つの場所を訪れたのがきっかけでした。1つは京都の西芳寺の庭園。もう1つはオーストリアの金のキャベツこと分離派会館。2つの空間でえた感動体験が今の活動につながっています。


最近の活動について教えてください。

最近は、素材に鉄やLEDを使うなど平面からより立体性のあるものやブランディングのグラフィックに移行してきています。素材に対しては素人ですが、グラフィックデザインの観点から空間のデザイナーとちがった捉え方で考えられるおもしろさがあります。昨年年末の商業ビルで手掛けたクリスマス装飾は、絵本を作りそのシーンを建物の壁面に展開しました。装飾というハード面を考えるのは空間のデザイナーですが、まず絵本を作るのはグラフィックデザイナーならではの視点かと思います。またある保育園で外壁に鉄を使用した装飾を1階から3階にかけて展開しました。そこにはプランターボックスが組み込んであり、花壇から植物が延びていくことでやがて装飾を覆い、全体が1つの絵になっていきます。発想のきっかけは、保育園に緑のある庭がないので外壁をつかって平面上に庭を展開しようと思ったのがはじまりでした。これからもグラフィックが空間や目に見えない価値観と結びつくような展開を模索していきたいと思います。


福岡のアートシーンについてどう思われますか?

福岡という地方の問題点としてクリエイティブなシーンが経済と交わった動きが起きにくい難しさを感じます。なのでビジネスにならない。ビジネスにならないとエゴイスティックになってクオリティがあがらない。シーンとしては、アーティスト個々の努力にたよってしまい持続的発展がしにくい状態にあるのではないかと。ここ最近はアートを見るには美術館に行くしかない。でも公共の場所では新しいアートよりもクラシックなものが多い。福岡に現代美術館やアートセンターができてほしいというのがクリエイティブな業界に係っている人みんなのニーズじゃないかと思います。例えば隣の山口県にあるYCAM(山口芸術情報センター)のような場所が福岡にあればそこを核に福岡のクリエイトシーンが広がるんじゃないかと。
ただ福岡は、ファッションやデザインには、比較的センスのいい街なのでそこが1つの切口になるかもしれません。昔、コギャルが流行ったときに福岡ではほとんどそんな人は見ませんでしたし、美容室の数は人口に対して世界屈指だと聞きました。わかりやすくて洗練されたビジュアル表現が福岡のクリエイティブシーンを盛り上げるきっかけになるのではないでしょうか。


お休みの日などは、どのように過ごされていますか?

できる限り部屋に閉じこもらずどこか遠出できるように心掛けています。いろいろ考えがめぐるのは、仕事と全くちがうことをしてるときの方が多いので。


福岡のお店、また観光客に絶対に寄ってもらいたい所など、おすすめの場所を教えてください。

福岡に来たら食を味わってほしいですね。もつ鍋、地鶏、新鮮な魚にとんこつラーメン。庶民的で低価格なお店でもおいしいのが福岡のいいところ。他には、福岡市六本松にある「木香庵(もっこうあん)」が僕にとっては特別な場所です。そこで「鎭真流」という武家のお茶を習っています。京都の町家のような数寄屋建築で中にカフェとしても楽しめる和菓子屋「吉蔵」や着物を着たバーテンさんがいる「バー・煙草屋」がはいっていて、さらに奥の部屋ではお茶教室や和菓子教室をはじめ定期的にイベントも行われています。2階には、宿泊スペースもあり、福岡を訪れた人に格安で提供しています。大家さんのハーブ園の手伝いをすれば泊まったりできるとも!?福岡に滞在されるときはぜひご利用ください!


TETUSIN
1978年生まれ。九州芸術工科大学(現・九州大学)卒業。テレビ局でグラフィック、ウェブ製作を経て独立後、シェアオフィス桜坂事務所でグラフィックを中心に企業・店舗などデザイン・ディレクションを行う。
http://www.tetusin.com
As his works range from plant graphics integrated into space design using diverse materials to design and art direction of shops and some planning, TETUSIN is taking an important role in the art scene in Fukuoka. Shift interviewed TETUSIN about his activity and the city of Fukuoka.


Please introduce yourself.

I’m as art director as well as a graphic designer based in Fukuoka. I work with not only 2D design but also space and ornament designs. My goal is to approach multi-dimentional design that links the inorganic elements with the organic. Simple and inorganic space is cool, but it makes less passion or regionality. For example a shop with cool interior has few sales. I think that the fact is derived from the space design. So I’m seeking the design that can connect object and people, people and people. My interest in space and ornament design came from visiting 2 places. One is Saihoji temple’s garden in Kyoto. Another is Secession in Austria, as known for the golden cabbage. I got very good experience in that 2 places and the experience felt those places is becoming an energy for my work.


Please tell us your recently work.

I’m changing my style from 2D design to 3D design using steels or LED as materials and also shifting to the blanding graphic. Even I’m not familiar with materials, there are some interesting points to look into things in the graphic design point of view, which differs from that of interior designers. As decorated a commercial building with Christmas ornamnts in last year. I made a picture book and created scenes from the book on the walls. I had started with making a picture book in the graphic designer’s view point, as to design the decoration in the interior designer’s view point. Also, I made the decoration with steels on the preschool’s wall. As I built planter boxes into the design, there will be growing the plants which will cover the steels to create a work of art as a whole. I came up with the idea as I saw there’s no garden with greens in the preschool so that I wanted to create a 2 dimentional garden using the exterior wall. I’m trying to find a way to connect graphic design with space or invisible values.


What is your opinion on Fukuoka’s art scene?

In my opinion, as a suburban city it seems it is difficult to make creative scenes relating with the economy in Fukuoka. It is disadvantage for business. This disadvantage makes creators egoistic, and that brings less quality. The art scene depends on every artist’s effort. This means it is hard to keep to develop the art scene, I think. Recently the only way to seen the art is to visit the art museum. In the public places there are more traditional arts shown than contemporary one. What does most of us who are dealing with creative things need in Fukuoka is a modern art museum or art centers like YCAM in Yamaguchi. If there is a place like YCAM in Fukuoka, it will be a core center for a Fukuoka’s creative scene to spread it out. I think people in Fukuoka has great attentions to fashion and design, so this might be a focal point to make a creative wave in the city. A few years ago, I rarely see Kogyaru in Fukuoka. And there are great number of hair salons, I heard. The simple and refined visual expression would be a key point to develop the Fukuoka’s creative scene.


How do you spend your free time?

I often go out. I don’t wanna stay in my room a whole day. I often come up with ideas when I do something completely different from my job.


Please share with us your recommend places in Fukuoka.

In Fukuoka you will be fascinated by food including Motsunabe, local chickens, fresh fishes and Tonkotsu Noodles. The good thing about food in Fukuoka is it is reasonable and very delicious.
My special place is Mokkoan located in Ropponmatu, Fukuoka. I learn Chinshinryu, the samurai tea ceremony there. The building was built in Sukiya architecture like Machiya in Kyoto. There is a Japanese café Yosikura and a Kimono bar called Bar Tabakoya. There are events and regular workshops for tea ceremony and Japanese sweets. In the second floor there is provides low-priced lodging room for visitors. If you help owner’s herb garden, you can stay free?! When stay in Fukuoka, please stop by!


TETUSIN
Born in 1978. After graduated from Kyushu Institute of Design (Kyushu University), he has gained his his graphic and web producing experiences working at TV station until moving to a sharing office, Sakurazaka Office. He is a graphic designer and a design director working on companies and stores.
http://www.tetusin.com


Translation: Haruka Kibata

fukuokaのお勧めイベント
Recommended Events in fukuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.