insider

坂下和長Kazunaga Sakashita

© Kazunaga Sakashita

© Kazunaga Sakashita

The process and back ground of product making and the story brought by the back ground from concept for design. Kazunaga Sakashita aims for simple but deep designs素材の特性と異素材との関係性、そのモノの持つ背景やストーリーをふまえ、シンプルがだ奥行きのあるデザインを目指す、プロダクトデザイナーの坂下和長(サカシタカズナガ)氏。デザインオフィス「CRITIBA(クリチーバ)」を立ち上げ、プロダクト制作を行っている。2006年には、「ROW-楼-bench」がグッドデザイン賞を受賞。


自己紹介と最近の活動内容について教えてください。

プロダクトデザイナーの坂下和長(サカシタカズナガ)。1976年福岡生まれです。大学卒業後、コンランショップと「NEST」という北欧アンティークショップで7年ほど販売等を経験した後、デザインオフィス「CRITIBA(クリチーバ)」を立ち上げました。デザイン経験が乏しい中、無謀にも独立して、まわりの人たちは大丈夫か?と心配したはずです。しかし独立した年に「ROW-楼-bench」というアルミとい草を組み合わせたベンチがグッドデザイン賞をいただいたりしたことが僕を助けてくれました。(笑)そのおかげで皆さんに信用していただけて、いろいろなお仕事をいただけるようになったと思います。僕は素材と素材の関係性の中に、どうお互いの魅力を引き出し合えるかということを考えつつ、そのモノが持つ特性、背景やストーリーなどを大切にしながらデザインするよう心がけています。その結果、シンプルだけど“奥行き”を感じられるものになればいいなと思っています。これまでは、いろいろじっくり考えてから事を起こすタイプだったんですが、最近は、直感を大切にしながら、その直感が正しかったかどうかを時間をかけて答え合わせしている感覚で時間を使うようになってきました。まあ、その時点で「直感」じゃなくなってるかもしれませんが・・・。
活動としては、自社ブランド構築のための準備を進めながら、伝統工芸のプロジェクト、インテリアショップのオリジナル商品企画、様々な展示会への出展などをおこなっています。最近で言うと4月24日から5月6日まで、地元福岡で開催される「DESIGNING」というデザインイベントへの参加のために、準備をしているところです。そこでは本にまつわる家具/プロダクトを発表します。また来場者が実際に本棚に納められた本を閲覧することによって次のクリエイションに参加できるという実験的な試みもおこないます。


福岡で暮らすことや仕事をすることについてどう思いますか?

一言でいうと「コンパクトな街」だと思います。空港も近いですし。福岡で暮らすことについては都会と田舎の距離が近く、自然も多いので住みやすいと思います。住むなら「薬院」、「平尾」、「高宮」あたりがおススメです。その界隈を散策するといつも新しい発見があります。この辺りはアパレルショップ、カフェなどの個人商店も多くあり、規模は大きくはないですが、ここしかないという時間を味わえる場所です。お店とお客さんという関係というより、より人間的な、密な関係になれる、そんなお店が多い気がします。
仕事に関しても福岡の場合は近くに鉄工所等の町工場や家具産地である大川市がありますので、デザインおよび製作に関してのインフラは非常に整っていると思います。もちろん場合によっては時間に追われっぱなしになるときもありますが、自分のペースを守りながら、程よく刺激があり、逃げ出したくなればさっさと田舎に帰れるというほんとに「ちょうどいい」街です。


福岡のアート/デザインシーンについてどう思いますか?

隣県にはありますが福岡市には県立や市立の現代美術館がないのではやくできればいいなと思います。もちろん現代アートを紹介してくれるギャラリーはありますので、今後もっと動きが活発になればいいなと思います。以前から周りには20代前半の若いうちからフリーで活動するクリエイターが多かったことが自分自身の独立にも大きく影響しています。現在も個人的に注目しているアーティストの方もいますし今後も楽しみです。デザインシーンに関しては前述のDESIGNINGという大規模なイベントが今年5回目を迎えますし、このイベントが始まったことをきっかけにクリエイター同士の横のつながりも増えてきました。そういうところから、お互いをライバル視するというよりも全体で底上げしている感じです。地方特有の悩みかもしれませんが、やはり東京に比べて圧倒的に発表の場が少ない事と、発表したものがビジネスとして成立していくという環境ではまだないと思うので、DESIGNING等のイベントは貴重な機会となっています。


福岡で好きな場所を教えてください。

今年の4月1日にオープンしたばかりのイタリアンバー「kasa/かさ」をオススメします。僕自身もこのお店の立ち上げに参加させていただいたのですが、半年以上前から準備を進めてきて、kasa店主、建築家、陶芸作家、グラフィックデザイナーとプロジェクトメンバーを組み、イタリアワインとおいしい料理を楽しみながら、そこで使っている家具(テーブル、椅子、スツール)や小物(スポットライト、フォークレスト、ミラー、フック)そして殆どの食器が購入できるというスタイルをとりました。なのでメニュー表の「前菜」のページの隣にテーブル¥○○○とか書いてあります。それぞれのメンバーのこのお店に対する思いやプロダクトのコンセプト等も記載した「読み物」としてのメニュー表もつくったので、一人で行っても手持ち無沙汰になりません。大名という街の「紺屋2023」というビルの奥まったところにあるので、殆ど通りからは見えませんが矢印の形をしたスチール製の看板が目印なので、ぜひ探してみてください。雨宿り感覚でふらっと立ち寄るそんな店です。


坂下和長(サカシタカズナガ)
1976年福岡県生まれ。1999年西南学院大学商学部卒業後、THE CONRAN SHOP等を経て、2006年CRITIBA(クリチーバ)設立。 2008年8月より株式会社エフキャストを母体とする。素材の特性と異素材との関係性、そのモノの持つ背景やストーリーをふまえ、シンプルがだ奥行きのあるデザインを目指す。2006年グッドデザイン賞受賞。
http://www.critiba.com
. In 2006 He established CRITIBA, which produces furniture and the product design. His product ‘ROW-Bench’ won of Good Design Award in 2006.


Please tell us yourself and your recent activity.

I’m Kazunaga Sakashita, a product designer, born in Fukuoka in 1976. After graduating from university, I have worked at Conran Shop and NEST, a Northern European antique shop for 7 years. After the experience, I established a design office CRITIBA. People around me must have thought if I was ok to open the office, as I didn’t have enough experience in design. But luckily, ‘ROW-Bench’, a combination bench made with aluminum and Igusa (rush), was awarded for Good Design Award in the year I established the office. Considering how to pull out a good part of each material, I try to design things respecting each feature, background and story of its own. As a result I try to make something simple yet “deep”. I also try to respect my intuition for creation.
I’m involved in various projects, preparing to build my own brand, working on a traditional craft project, producing original products for an interior shop and exhibiting at various shows. I’m now working on a project for a design event DESIGNING which will be held in Fukuoka from April 24th to May 6th. I will present a product/furniture related to books. I also work on an experimental approach for viewers to participate in the next creation by browsing books which are displayed in the bookshelf.


Please tell us about Fukuoka. What do you think about living and working in the city?

Put simply, I think Fukuoka is a compact city. I think Fukuoka is comfortable place to live, as the city is accessible to both downtown and countryside. I recommend areas like Yakuin, Hirao and Takamiya for living, where you can find many shops and cafes and have special moments. As a work environment, Fukuoka is improved its infrastructure for design and production, as there are iron factories in the neighborhood and the city is located near Okawa city, a famous city for furniture production.


What do you think about art/design scene in Fukuoka?

I wish to have municipal and prefectural contemporary art museums in Fukuoka. As there are galleries representing contemporary art. I hope the movement gets more active in the future. I was greatly influenced for establishing my own office by those young freelance creators around me. As for the design scene, there is a big design event DESIGNING, which will be held for 5th time in this year. The event created a link between all kinds of creators. As there are few places to present works and chances to explore them to business compare to Tokyo, events like DEISINGNING are important places to meet opportunities.


Please recommend us your favorite places in Fukuoka.

I recommend an Italian bar “Kasa” that is just opened on April 1st 2009. Building a project team with the owner of Kasa, architects, pottery artists, graphic designers and myself, we created this bar where you can enjoy Italian cuisine and wines as well as all the product used in the bar including furniture (table, chair, stool), small products (lighting, cutlery rest, mirror, hook) and most of the table wares that can be purchased. The Kasa is located in the building Konya 2023.


Kazunaga Sakashita
Born in Fukuoka, Japan in 1976. Graduated from Seinan Gakuin University. After working at THE CONRAN SHOP, in 2006 established ‘CRITIBA’, which produces furniture and the product design. The process and back ground of product making and the story brought by the back ground from concept for design. He aims for simple but deep designs. The winner of Good Design Award in 2006.

fukuokaのお勧めイベント
Recommended Events in fukuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.