insider

藤戸 剛Go Fujito

Photo: Hiroshi Mizusaki (Loop Photo Creative)

Photo: Hiroshi Mizusaki (Loop Photo Creative)

Go Fujito started a denim brand FUJITO with the first denim jeans in 2002. His standard, strong, beautiful and refined jeans are loved by creators2002年に1型のデニムジーンズから「FUJITO」をスタートした、藤戸 剛(フジト・ゴウ)氏。時代に流されない、丈夫で美しく、洗練された彼のジーンズは、福岡を中心とした多くのクリエイター達を筆頭に支持され愛用されている。2008年8月に待望の直営1号店「Directors(ディレクターズ)」を福岡長浜にオープン。本質的なものづくりとは何か、ということを模索し続けている。


自己紹介と最近の活動内容について教えてください。

1975年佐世保生まれ。10代の頃、基地の街佐世保でスケボーを通して、文化、音楽、ファッションを体験。大学在学中に「ビンテージ・キング福岡」の販売員を経て、セレクトショップ、インポートブランドの卸など、幅広く服飾業界を経験。デニムジーンズブランド「Denime(ドゥニーム)」では、海外への買付けも手がけました。そこで、ドゥニームのデザイナー・林氏に、多大な影響を受けました。

2002年に、1型のデニムジーンズから「FUJITO」をスタート。生産は全て拠点を日本国内とし、職人の手による物作りを常に大切にしています。現在でも定番で展開しているモデル「Acer」は発表から7年間常に売れ続けていて、ブランドの顔といえるアイテムとなっています。また、デニムジーンズだけでなくブルゾン、シャツなどシンプルですが、凛とした美しさのあるアイテムを提案しています。

またイタリア フィレンツェの老舗サルトリア「Liverano & Liverano(リベラーノ&リベラーノ)」のデニムジーンズを日本のブランドとしては初めて製作。店主のアントニオ氏の求めるデザイン、縫製、色を岡山の工場で生産し、2007年3月よりフィレンツェの店頭にて展開中。フィレンツェの顧客の方々にも満足して頂いてます。

2008年8月に福岡・長浜エリアにFUJITOの直営店として、「Directors(ディレクターズ)」をオープン。FUJITOのアイテムをフルラインナップで販売しています。


福岡について教えてください。その街で暮らすことや仕事をすることについてどう思いますか?

英国の「MONOCLE」誌「世界で最も暮らしやすい都市」で17位(京都を押さえて)という結果がありましたが、全くもって実感がありません。むしろそのような、平たい調査での評価自体に疑問を感じます。住んでいる僕らの立場からすると「住んでいる、もしくは住みたい街を選ぶ」という行為よりも、現在住んでいるこの土地で、どう営んでいくか?それにつきるのではないでしょうか。僕らは洋服というフィルターを通して仕事をする上で、すばらしい所も悪い所も沢山見ています。一つ言える事は「東京」でなければ多くのビジネスが成り立たなくなってきているような風潮に、危機感を覚えます。そうなると僕らも遊牧民のように移動せざるを得ないかもしれません。


福岡のアートシーンについてどう思いますか?

表にはあまり出てきませんが、僕らの周りにも有能なアーティストは沢山います。また、アートを感じる土壌もあり、受け手側のレベルも高いと思います。今までのような、ある種コンサバな福岡のイメージからは想像もつかないような、尖った連中が知らないうちに世界と繋がっていたりします。残念な事に、紙媒体も含めて福岡ではメディアがあまり機能していません。これも先程の質問とかぶりますが、少しずつ大都市化するにつれて、良い意味でのローカリズムとビジネスが、うまく共存出来ていないような気がします。


福岡で好きな場所を教えてください。

自宅!これは冗談でもなんでもないです。おそらく多くの方に共感して頂けると思います。自宅でおいしい食事とお酒に素敵な会話があれば、言う事無いですね。あとは僕らがお店を出した長浜という港町です。漁業市場がすぐ近くにあり、屋台や長浜ラーメンの聖地でもあります。市街地に居ながらにして「自宅」を感じる事のできる唯一の町では無いでしょうか。どのような土地でも自身が落ち着く「自宅」のような居心地の良い場所を探してしまいます。
そういう意味では高取の「手島邸」は別格です。料理もサービスも素晴らしく、ついつい長居してしまいます。


福岡はセレクトショップも多くあり、ファッションに敏感な都市に感じますが、福岡のファッションシーンについてどう思いますか?

特にメンズに関してですが、本質的に良いものが好きな方が多いと感じます。それは保守的という事かもしれませんが、作っている立場からすると、流されないものづくりをする必要があるので、非常に緊張感があります。他の店舗を見て回ると個性的なお店も多くあります。その反面、東京と同じ品揃えで同じ内装のお店もあり、違和感を感じます。うまく説明できないのですが、歯痒い思いもありますね。


今後の予定を教えてください。

現在、日本のアウトドアブランド「Phenix」で、外部の企画アドバイザーとして関わっており、今シーズンは1型「Phenix x FUJITO」でリリースしました。今後もタウンユースで使えるアウトドアラインを提案予定です。
ブラジルのフットボールブランドともFUJITOのディレクションによる新ラインを計画中。こちらはフットサルをテーマに街着としてのスポーツラインを思案中です。


Directors(ディレクターズ)
住所:福岡市中央区長浜2-4 新長浜ビル128
時間:13:00〜21:00(日曜定休)
TEL:092-751-5511
http://www.directors2.com
in Fukuoka and beyond. The awaited first flagship shop Directors was opened in Nagahama in August 2008. He has been exploring what essential creation is about.


Please tell us about yourself/recent activity.

Born in 1975 in Sasebo. As a teenager, I got interested in culture, music and fashion through skateboarding in the town of base. After experiencing to work as a sales person and buyer, I started a denim brand Fujito in 2002. The standard line we have been carrying is Acer which has been playing an important roll as a face of the brand and is one of the most popular item for 7 years since the opening. Placing an importance on production by craftsman at all times, we propose all Japan-made items including blousons and shirts as well as denim that are simple yet have refined beauty.

We also made the denim of Liverano & Liverano, the established sartoria in Florence Italy, for the first time in Japanese brand. The Liverano & Liverano x Fujito products are now sold in the shop in Florences, as well as the first flagship shop of Fujito, Directors.


Could you tell us about Fukuoka. How do you think to live/work in the city?

In Monocle (U.K.), Fukuoka took 17th place in the world as a livable city. Even the result is better than Kyoto, it hasn’t hit me yet at all. As a person who lives the city, I think it’s all about how you live in the current city rather than how you choose where you already live or like to live. We have been seeing both good and bad things working through a filter of clothes.

One thing I could say is that I am swept by a sense of crisis that most business will come off only in Tokyo. If so, we might want to become like nomad.


What do you think of the art scene in Fukuoka?

There are many talented artists who don’t come out front. Audiences here in this somehow artistic land are also in high level. Creative and edgy people in Fukuoka (where we commonly have conservative image) started to link with the world without noticing it. Unfortunately, media including print in Fukuoka don’t work well and I think the localism is not related to business very well.


Please tell us your favorite places in Fukuoka.

My home! I’m not kidding. It’s the best to have interesting conversation with good food and drink at home. Another favorite place is a port town Nagahama where we opened the store. There is a fish market, Nagahama is also a home for Nagahama Noodles and open-air stall.

Teshima House in Takatori is a great place like a home. Food there is fantastic. You want to stay like forever.


What do you think about the fashion scene in Fukuoka? It seems Fukuoka is a fashion-sensitive city as there are many clothing stores.

Specially on men’s fashion, it seems there are many people who loves something good essentially. That might mean they are conservative. But as a maker, we need firm manufacturing and that bring a sense of order. Some shops are unique, but others just display the same thing with same interior design as shops in Tokyo, which makes me sometimes uncomfortable.


What’s your upcoming plans?

Currently I’m involved in a Japanese outdoor brand Phenix as an external planning advisor, and will release the first form of Phenix x Fujito for this season. We will continue to develop the casual outdoor line, and planning to consider casual sports line on the theme of futsal.


Directors
Address: 128 Shin-nagahama Bld., 2-4 Nagahama, Chuo-ku, Fukuoka
Opening Hours: 13:00-21:00 (Closed on Sunday)
Tel: 092-751-5511
http://www.directors2.com


Translation: Tatsuhiko Akutsu
Directors
地址:福岡市中央区長浜2-4 新長浜ビル128
时间:13:00-21:00
休息日:星期日
电话:092-751-5511
http://www.directors2.com

fukuokaのお勧めイベント
Recommended Events in fukuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.