insider

ジュディス・クリスティーナJudith Christina

ドイツの玄関と言われ、世界経済の重要拠点のひとつフランクフルト。ファッション、アート、ミュージックと数々の有名アーティストが生まれたこの街で、ジュディス・クリスティーナはFrankfurt is known for a gateway city to Germany as well as one of the significant economic centers in the world.ブログ「フランクフルト・ファッション」を設立し、フランクフルトの事、ファッション、様々なカルチャー情報を発信している。「フランクフルト・ファッション」を見てもらえば解るだろうが、彼女は非常にアクティブで、フランクフルトの事を知り尽くした人だろう。今回はフランクフルトをこよなく愛する彼女にお話を伺う事ができた。


自己紹介と最近の活動内容について教えてください。

私の名前はジュディス・クリスティーナです。法律の学校を卒業する傍ら「フランクフルト・ファッション」を始めました。それ以外では、求人担当としても働いていたり、いくつかの編集の仕事をフリーランスでしています。私は、およそ半年前、フランクフルトでクリエイティブな生活、ファッションとシーンの土台作りの為にブログ「フランクフルト・ファッション」を設立しました。常に、ファッションの世界には目を向けています。
私は、様々なことに関心がある人達とファッション、音楽、アートシーンに関する私の情報を共有したいです。読者の半分がフランクフルトに住む人達で、残り半分はフランクフルトでのクリエイティブな生活について知識がある人達です。私は、フランクフルトで”行くべき場所”という質問を世界中からたくさん受けています。私はフランクフルトが証券取引所と高層ビルばかりでは無い事を示したいです。将来は雑誌や新聞に執筆することに興味があります。


フランクフルトについて教えてください。ご自身や仕事をする上でその街で暮らすことについてどう思いますか?

私は本当にフランクフルトでの生活を気に入っています。一方で勉強をする良い環境、良い大学と仕事を見つける上で良い経済基盤などが揃っています。もう一方では広い領域でクリエイティブな暮らしがあります。クリエイティブな暮らしを模索する必要があるというところが、ベルリンやバルセロナのような都市との違いです。中心部で働いている人達の多くは、こぎれいだけど、つまらない格好をしています。でもノルドエンドやザクセンハウゼンあたりでは、小さなカフェバー、レコード店、若いデザイナーと面白い人達がいるのがわかりますよ。私そのミックスした感じが大好きです。またほとんどの場所までは、非常に良い地下鉄のシステムを使うか歩いていけます。


フランクフルトで好きな場所を教えてください。

夏はマイン川の河岸が好きです。人々と一緒に河岸に座り、食べたり、飲んだりしています。特別な場所はハンド・ロマノフにある「ヨットクラブ」です。小さな船場ですが夏には選ばれたDJが集まります。ほとんどの関係者はフランクフルトのアートシーンで活躍している人達です。コーヒーとケーキを持ち、素晴らしい景色と高層ビルを眺め、リラックス出来る場所です。

冬は「モロコ」がお気に入りです。ここでは早朝までカクテルや赤ワインを飲み、1日中コーヒーを飲む事も出来ます。もしお腹が空いたなら素晴らしいイタリアンスナックを食べる事が出来る、非常に和やかな空間です。

買い物は「アジータ」がお勧めです。国際的なデザイナー(例えば「ヘンリック・ヴィブスコブ」、「ウッド・ウッド」、「サーフェストゥエアー」、「ブレス」等)の洋服を見つけることができます。「フィリッパ・コー」、「アクネ」、「PoPCph」などを探すなら、「パルス&ヴォーグ」行きますね。また音楽が聴きたい時は、エレクトロミュージックを探しに「フリーベース・レコードストア」に行きます。

夜踊るためにフランクフルトの隣、オッフェンバックにある「クラブ・ロバートジョンソン」に行きます。国際的なDJ、リカルド・ヴィラロボスポール・カークブレンナーは地元のヒーローと共に、リラックスしたハウスチューンを披露。小さな部屋は白い壁囲まれていて、広いバルコニーからはマイン川を眺める事が出来ます。でもドイツで有名なハウスパーティーは、週末にフランクフルトで行われています。


Judith Christina
1983年生まれ、オッフェンバック出身。
ヨハーン・ヴォルフガング・ゲーテ大学で法律を研究し、2008年からブログ「フランクフルト・ファッション」を始める。その他にフリーランスで編集者としても活躍中。
frankfurtfashion@gmail.com
http://www.frankfurtfashion.blogspot.com
Among other various well-known artists in fashion, art and music, Judith Christina delivers a wide variety of cultural information and fashion in Frankfurt on her blog “Frankfurt Fashion”. Going through the blog, you will find out she is very active who might know everything about Frankfurt, where she is deeply attached to.


Please tell us yourself and your recent activity.

My name is Judith-Christina and beside graduating in law I started editing Frankfurt Fashion. Aside from that I´m working as a recruiter and doing some freelance editoring. I founded the blog Frankfurt Fashion about half a year ago to build a platform for creative life, fashion and scene in Frankfurt. Always with an open eye to the world of fashion. I wanted to share my information about fashion, music and art scene with other interested people. Half of my readers come from Frankfurt, the other half is informing theirselves about the creative life in Frankfurt. I get a lot of request from all over the world with questions “where to go” in Frankfurt. I hope to show that there is not just the stock exchange and skyscrapers in Frankfurt. For future I´m interested in writing for magazines and newspapers.


Please tell us about your city, and how about living in your city for yourself/activity.

I really like living in Frankfurt. On the one hand you have very good conditions in studying, a good university and a good economic basic to find a job. And on the other hand we have quite a wide spectrum of creative life. The difference to cities like Berlin or Barcelona is, that you have to look for the creative life. While working around the city center most people are dressed up in a boring, but posh way. But if you visit Nordend or Sachsenhausen you find nice, small café bars, record stores, yound designer and interesting people. I really like the mix. And to the most places you can walk or drive with a good underground train system.


Please tell us a favourite places in the city you live and work in.

In summer I prefer the river bank of the river main. People sitting together at the river bank, eating, drinking and just enjoying their evening. Special place is “Yachtclub” by Hand Romanov. It´s a small ship where parties take place in the summer with selected Dj´s and most of the visitors are cretives and work in Frankfurt´s art scene. During the day you can get coffeé and self made cakes there and relax with a great view over the river and the skyscrapers.

For winter time I prefer Moloko. Here you can have your coffeé during the day or drink cocktails and red wine until the early morning hours. If you get hungry they help you with finest italian snacks. Environment is very relaxed with 50ies furniture.

For shopping my first choice is AZITA store. You can find international designer such as Henrik Vibskov, WoodWood, Surface to Air, Bless and many more high streetware designers. And while looking around the shop the sympathic owners serve you some mocca. For brands as Filippa K., Acne or PoPCph it´s me visiting Pulse&Vogue. And if I´m hungry for music I visit Freebase record store for some electronic music vinyl.

For dancing in the night I prefer club Robert-Johnson. It´s in Offenbach, just next to Frankfurt. International Dj´s like Ricardo Villalobos, Paul Kalkbrenner, Move D aswell as local heroes make people moving to relaxed house tunes. It´s just a small room with white walls and a big balcony with a wide few over the river main – but probalbly the best house parties in Germany take place here every weekend.


Judith Christina
Born in 1983 in Offenbach (next to Frankfurt)
Until jet: law studies at Johann-Wolfgang-Goethe University
Since 2008 editing www.frankfurtfashion.blogspot.com
and working as a freelance editor.
frankfurtfashion@gmail.com
http://www.frankfurtfashion.blogspot.com

frankfurtのお勧めイベント
Recommended Events in frankfurt
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.