art/design

ルーブル・アブダビLouvre Abu Dhabi

© Louvre Abu Dhabi

© Louvre Abu Dhabi

アラブ首長国連邦の首都アブダビは、サーディヤット島(アラビア語で“夢の島”の意味)プロジェクトの完成に駒を一つ進めた。世界金融恐慌の痛手を全く受けていないかとも思われるアブダビThe capital of UAE, Abu Dhabi, has just taken its first step towards realising its Saadiyat Island project (meaning island of dreams in Arabic). Recently it announced the completion of a 5,000 bedは、5,000人収容できる宿泊施設の完成を発表した。早速そこに泊ってこの大プロジェクトを見てみたいと思われた方、ちょっとお待ち下さい。この宿泊施設は観光客向けのものではなく、この夢の大プロジェクトに携わる建設労働者の寮なのだ。その労働者収容施設の規模は、翌年には2万人収容可とするというから、その数に先ず圧倒される。

このプロジェクトの歴史は2007年3月に遡る。フランスとアブダビはこの26,000m2ものルーブル・アブダビをサーディアット島巨大プロジェクトの一つとして加えると同意した。その今までに例を見ない未来的な建築デザインに加え、このクラッシックアートをテーマとする新ルーブル美術館のビジネスにも注目が集まった。30年間という「ルーブル」ブランドの使用権と本家ルーブル美術館からの美術品の借入れに、アブダビは約480億円フランスに支払う事で同意したからだ。

これに対し、ルーブル美術館をフランチャイズしている、この石油で豊かなアブダビに“支店”を作るのか、はたまたフランスは国の遺産を売り飛ばそうとしている、などと議論は起こった。フランスでは議論は更に勢いを増し、この2国間での桁外れの額の合意に反対し「美術館は売り物ではない」と主張する美術館専門員、考古学者や美術歴史学者など4,650名(合計5,100名)による署名活動とまで発展した。

この署名運動が影響してかどうか定かではないが、新ルーブル美術館への次なるステップは2008年1月に取られた。パリでルーブル美術館に加え、オルセー美術館ポンピドゥーセンター他多くの美術館を管理するアジャンス・フランス・ミュゼウム(AFM)がこの新ルーブル美術館の管理も行う事に同意した。

ルーブル・アブダビはブリツカー賞受賞フランス人建築家ジャン・ヌーべルによってデザインされた。世界的著名な建築家ヌーベルは、20年前にデザインしたパリのアラブ世界研究所で東と西を繋ぐ大きな貢献を既に果たしている。

ヌーベルの中東での新たな挑戦はというと、キュポラ(ドーム)をデザインコンセプトに選んだ事。キュポラはアラブ建築の典型的スタイルであり、またすべての文明に見られる一般的な形だからと同氏は説明する。 そのドームは“半透明の屋根と不規則に折り重なる網目模様の隙間から差し込む日光を生かすアラビア建築に見られる素晴らしい仕組み”が使われている。『この網目模様のドームは文化の世界的リンクも表す』とヌーベルは語る。

このドームが建てられるサーディヤット島は、砂漠と海が隣り合わせというあまり他に例を見ない地形。海岸線にはサンゴ礁と、水面に浮く庭園に囲まれ、この美術館はまるで水面を漂っているようだ。

キュポラは一見、巨大な一枚屋根にも見える。『ルーブルアブダビは4つの基本元素(地・火・水・風)の観察に影響を受けている。』とヌーベルは説明する。二層構造の180メートルのドームは「光と影、静寂さと光の反射を体験する世界」を造り出すため、複雑な構造がなされている。そんなヌーベルの新ルーブルのコンセプトは“ミクロシティー(微細な都市)”。『このミクロシティーの中は、訪れた来館者が別世界に入ったと感じられるようなミクロ(微)気候でなくてはならない。』とヌーベルは語る。彼はそんな平静でいて複雑な構造を持つ新ルーブルを『大きなパラソルで守られた海に浮かぶ小さな島の数々』と表現する。彼は、『人間は温度の変化に弱い、それはアートも同じ』とする。

このミクロシティー美術館は、古典的美術作品や文化遺物と美術館が位置するイスラム圏の文化を共鳴させる。 それにはヌーベルの、単なるそっけない直訳っぽくなったり、ありきたりでトラブルを呼ぶような解釈ではなく、その国、歴史、地理に溶け込みたいというコンセプトが根底にある。

アラブ首長国連邦大統領兼アブダビ首長のシェーク・カリファ・ビン・ザイード・アル・ナフヤンの描くアブダビの未来像は「世界の文化資産」で「異文化経験や交流の拠点」となる事。単なるクラッシックアート美術館の設立に留まらない、このアートプロジェクトへの二国間の協力が合意された事は、大統領の未来像への土台を創ったといえる。友好的な雰囲気で進められたプロジェクト着工式典を終え、アブダビを世界文化の交流点としたいというルーブルアブダビにかける望みをかなえる歴史的第一歩を刻んだ。

Louvre Abu Dhabi
住所:Saadiyat Island, Abu Dhabi, UAE(2016年完成予定)
http://www.louvre.fr

Text: Mamiko Kawakami
accommodation on the island. But this is not for visitors of the entertainment complex island. It is for its workers who are going to build the project. The number of beds will increase up to 20,000 by next year.

Just a few days after this announcement, French President Nicolas Sarkozy and Sheikh Mohammad bin Zayed al-Nahyan, Abu Dhabi Crown Prince, shook hands on 26th May to officially start the desert Louvre project. Jean Nouvel the architect who designed Abu Dhabi Louvre also made a special trip to attend the ceremony. This new Louvre is projected to be open in 2013.

But in reality the deal dates back to March 2007, when France signed the agreement with Abu Dhabi to build 26,000 m2 large Louvre Abu Dhabi in the ambitious Saadiyat project. In many ways it is a lucrative business deal for France. Its 30-year “Louvre” licence and artworks loan for half to two years will cost Abu Dhabi 48 billion yen.

Some claim that the Louvre is franchising or making a branch in the oil rich capital, or that France is now selling off its national legacy. After the deal was made, there was a petition signed by 5,100 museum experts, archaeologists and art historians insisting that “museums are not for sale.”

Despite the petition, the next step in the deal was made in January 2008. The Agence France-Muséums – an agency managing Musée d’Orsay, the Georges Pompidou Centre and many more including Louvre – signed a contract to oversee the project.

Maquart also denies the Louvre Abu Dhabi will be just a branch of the Louvre in France. “The Louvre Abu Dhabi will be unique.” He defines this project is very innovative one. Louvre Abu Dhabi will be the museum of classic art but his definition of the museum is far beyond it. “The Louvre Abu Dhabi will be a ‘universal museum’ spanning different geographical areas and different historical artistic periods from ancient to contemporary arts, with the use of the latest technologies and methods available.”

Louvre Abu Dhabi is designed by Pritzker laureate French architect Jean Nouvel. The world famous French architect has already made his notable contribution to link the East and the West 20 years ago by designing Institut du Monde Arabe in Paris.

His new challenge in the Middle East has its design concept on the cupola, a dome. He said in a statement that it was a major sign of Arab architecture and also a form common to all civilizations. The dome is made of “a web of different patterns interlaced into a translucent ceiling which lets a diffuse, magical light come through in the best tradition of great Arabian architecture,” he said. This web patterned dome also conceived as a global link of culture by Nouvel.

This dome will be located in the island of Saadiyat with its extraordinary landscape of desert and sea. Separated from the shore by a lagoon and surrounded by floating gardens, the museum seems to hover just above the water’s surface.

The cupola seems a massive building at a glance. “Louvre Abu Dhabi has been influenced by elementary observation,” Nouvel explained in a statement. The double-layered 180 metre dome was created to house a “micro-city”, said Nouvel. “This micro-city requires a micro-climate that tells visitors they have entered a different world,” he said. He describes it as an “archipelago in the sea protected by a parasol” with a calm and complex atmosphere. “Humans are fragile for a temperature change, works of art too,” he added.

This “museum micro-city” resonates with both the classical past that is the focus of the art objects and cultural artefacts and the Islamic cultural context in which it is situated. Nouvel’s concept is that he wants it to belong to a country, with its history and geography, without in being a mere tasteless translation.

The future vision of Sheikh Khalifa Bin Zayed Al Nahyan, the president of the United Arab Emirates and ruler of Abu Dhabi, is for Abu Dhabi to become “a cultural asset for the world” and a “beacon for cultural experience and exchange”. The two countries working together will not only lead to the creation of a historic museum, but will also put Abu Dhabi on the map as a crossroads of Western and Middle Eastern culture, as per the president’s vision.

Louvre Abu Dhabi
Address: Saadiyat Island, Abu Dhabi, UAE (open in 2016)
http://www.louvre.fr

Text: Mamiko Kawakami
卢浮宫 阿布扎比
地址:Saadiyat Island, Abu Dhabi, UAE(预定在2016年完成)
http://www.louvre.fr

dubaiのお勧めイベント
Recommended Events in dubai
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.