insider

ワトソン&ルイスWatson & Lewis

In 2005 former colleagues and good pals Maaike Dommershuijzen (1975) and Gemma Broekhuis (1977) founded their small but tough brand communication agency Watson & Lewis元同僚であり、よい友人であったマイケ・ドマーシュイゼンとジェンマ・ブルックハウスの二人が2005年に設立した広告代理店「ワトソン&ルイス」。アムステルダムの街の中心でクリエイティブな一帯となっている、ダインチェルCSに位置し、二人は著名なクライアントと一緒に仕事をしたり、自分たちのプロジェクトを進めている。


最近の活動について聞かせてください。

マイケ:近々、ワトソン&ルイスの5周年のお祝いをする予定です!私たち仕事はブランドの個性を作り出すことを専門にしています。かつて仕事をした「クラブ11」や「MTV」のような“クリエイティブ”なクライアントの他、最近ではアムステルダム警察や「ING」のキャンペーンの仕事を手掛けています。2009年の終わりに「マルティーニ・モーメンツ」のオンラインキャンペーンを始めました。この成功で今月の終わりにはテレビの仕事に参入することができた。最近もオランダのテレビ番組のために新しいブランドイメージを発達させているところです。そしてもちろん私たちの記念パーティーの計画もしています。それらのどれもがとても刺激的です。

ジェンマ:会社を始めてから、最初の5年は働いて働いて働き通しでした。しばらくそんな調子だったけど、今はクライアントから仕事をもらったり、一緒に仕事をしたりしながら、その反応を受け止めるだけの余裕もありますね。


マルティーニ・モーメンツ」のキャンペーンについてですが、特筆すべき要素を挙げるとしたら何になるでしょうか?

マイケ:商業的に通用する音にするために、私たちは完璧なアーティストを探していました。そしてオランダのシンガー、カロ・エメラルドが候補にあがって、私たちが予想していた以上の人物だってことが分かったのです。そして膨大な曲のサンプルとボカールフレーズの選択を終えた後に「A Night Like This」が生まれました。マルティーニ・モーメンツのオンラインコマーシャルは、この歌の公式映像でもあります。「A Night Like This」は、オランダの音楽チャートで何週にも渡り一位になり、マルティーニブランドの潜在的コマーシャル効果が至るところでつくりだされました。

ジェンマ:マルティーニ・モーメンツのキャンペーンは、有名なブランドが他のソーシャルメディアにバナーやプリロールの広告を出したりプロモーションをしつつ、“ネットだけ”で、それもYouTubeで行った最初のキャンペーンでした。最後にはカロ・エメラルドの曲が人伝てに広まって、オランダで昔からある番組にも登場しました。マイケが前に言っていたように、どんなメディアに予算を積んで行ったとしても音楽がキャンペーンに与える影響には及ばないのです。


アムステルダムのどこに住んでいますか?そこでの生活や仕事はどうですか?

マイケ:デ・バイプ地区に住んでます。文化と生活スタイルの“るつぼ”で、とても多くのレストランやバーがあります。その年の広告の仕事が終わると私たちは郊外に移動するのですが、都市の心臓部で仕事をするのは、とても幸福なことだと思います。それにすごく刺激的ですし。すべてのプロジェクトでデザイナー、写真家、ディレクター、音楽家などの一流の専門家達と仕事をするのですが、彼らは簡単に私たちのところへ立ち寄ることができますしね。


アムステルダムで面白い場所はどこですか?

ジェンナ:「Jan de grote kleine vakman」(アルベルト・カイプ通り 203A)。アムステルダム・ファッション専門学校に通うおしゃれな子からヨルダン地区にいる典型的なおばあちゃんまで、クラフト好きの天国。

マイケ:「フェスティーナ・レンテ」。すばらしいテラスがある私のお気に入りのカフェ。持ち帰りができるお店ならイタリアンレストランの「L´Angoletto」(ヘーモニー通り18)もオススメ。サービスは最悪だけど、ピザはどこよりも美味しい!お気に入りの洋服屋は「ロック・ストック&バーレル」と「アクネ」です。


今後の予定を教えてください。

ジェンナ:全てです。例えば、ワトソン&ルイスが今とりかかっているプロジェクトの一つ、「Smartlapjes」は商業的なプロジェクトじゃなくて、おばあちゃんの手編みのハンカチが絡んだもの。アムステルダムのポップカルチャーで有名な場所「パラディソ」にて2010年5月にその展覧会が開催されます。

マイケ:カロ・エメラルドが歌う「Back it up」のミュージックビデオのリリースや、「Smartlapjes book」の立ち上げ、もちろん他にもたくさんのブランディングキャンペーンも行います。アジア向けのキャンペーンは私たちのやりたい事リストのトップです!


Text: Kirstin Hanssen
Translation: Nozomi Suzuki
. Located at creative hotspot Duintjer CS in Amsterdam´s city heart the duo works for big name clients and self initiated projects.


How are you and what is your current activity?

Maaike Dommershuijzen (M): We are doing great, thank you. Watson & Lewis is nearly celebrating its fifth birthday! We are specialized in creating brand identities. Next to ‘creative’ clients – like Club 11 and MTV/TMF in our early years – we’re nowadays also hired to create campaigns for organizations like the Amsterdam Police Department and ING. End of 2009 we started an online campaign for Martini Moments. This success will be rolled out to TV end of this month. Currently we’re also developing a new identity for a Dutch broadcast channel. And of course we‘re planning our anniversary party. All very exciting.

Gemma Broekhuis (G): When starting a company, the first five years are work, work and more work. Now that we’ve been around for a while there is – besides working for and with our clients – also room for reflection: where are we heading and what do we stand for? It’s an interesting phase, but then again, every phase has been interesting.


About your Martini Moments campaign… What do you consider to be the most remarkable element of it?

M: For the commercial’s sound we were looking for the perfect artist. Upcoming Dutch singer Caro Emerald turned out to be that person even more then we could ever expect. After selecting numerous audio samples and vocal phrases ‘A Night Like This´ was born. The Martini Moments online commercial is also the official video of the song. ‘A Night Like This´ became a number 1 hit for many weeks at the Dutch charts and created subliminal Martini branding everywhere!

G: The Martini Moments campaign was the first campaign of a big brand that was ‘only online’ and ‘living’ on YouTube, being extra promoted by other social media, banners and pre-roll advertising. And in the end, the music by Caro Emerald generated presence on traditional channels in an organic way. As Maaike already said: the music brought the campaign further than any media budget could have done.


Where do you live in Amsterdam? What makes living and working here special to you?

M: I live in De Pijp, a melting pot of cultures and styles and numerous of restaurants and bars. After working for years at advertising agencies that were based in the suburbs, we’re very happy to work in the heart of the city. It’s very inspiring. For every project we work with selected specialists like designers, photographers, directors, musicians… so they can easily stop by.


What are your Amsterdam hotspots?

G: Jan de grote kleine vakman (Albert Cuypstraat 203A). A heaven for crafters: from Amsterdam Fashion Institute hipsters to traditional grandmothers from the Jordaan.

M: Festina Lente with its great terrace is my favorite café. For takeaway food I recommend the Italian restaurant L´Angoletto (Hemonystraat 18). It offers the worst service, but best pizzas ever! My favourite fashion shops are Lock Stock & Barrel and the Acne studio. 



What can we expect from you in future?

G: Everything. For instance, one of Watson & Lewis’ current projects is Smartlapjes, a non-commercial project that involves handkerchiefs embroidered by grannies. The first orders of ‘smartlapjes’ and the grandma’s who custom-made them can be admired during the Smartlapjes exhibition on 9th of May 2010 at Paradiso, the famous Amsterdam pop & culture temple.

M: A video release for Caro Emerald’s song ‘Back it up’, the launch of the Smartlapjes book, and of course many more branding campaigns. Working for Asia-based companies is on top of our wish list!


Text: Kirstin Hanssen

amsterdamのお勧めイベント
Recommended Events in amsterdam
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.