insider

ニノン・ファン・デル・サンドNinon van der Sande

© Ninón van der Sande

© Ninón van der Sande

Ninón van der Sande is a multifacetic artist: she can make amazing bronce sculptures, photographs, or the styling of one of the most impressive hotels in Amsterdamニノン・ファン・デル・サンドは素晴らしいブロンズの彫刻、写真、アムステルダムで最も印象的なホテルの一つコンサヴァトリウム・ホテル・アムステルダムのスタイリングなど、その情熱とやる気を生かしたアーティストだ。彼女はこの街に不思議なエネルギーと、特別な繋がりを持っている。ニノンが教えてくれるアムステルダムの素敵な情報をたどってみよう。


自己紹介とご自身の活動について紹介をお願いします。

ニノンです。私はブロンズ彫刻のアーティストです。見方を感情表現に変えて絵画、写真の制作、インテリアのスタイリングも行っています。
今年はアムステルダムの新しいコンサヴァトリウム・ホテルのスタイリングに大忙しで、姉妹のアレクサンドラと共に作業を行いました。私たちの役割は、イタリアの建築家ピエロ・リッソーニ氏がデザインした美しいホテルの140のスイート、レストラン、ビアホール、ロビー、スパに合うような素晴らしいアイディアや家具、アート、照明などを探す事です。


コンサーバトリアム・ホテルの様な印象的なプロジェクトのスタイリストになるのはどの様な気持ちですか?

ロビーに入る度にこんなに大きな空間がまるで温かい毛布の様に落ち着きを持ち、安らげるのはなぜだろうかと考えました。素敵な事だと思いませんか?いつも私たちは夜のホテルでオブジェを置いたり、壁にかけたり、お客様の迷惑にならない様にホテルで制作をし、魔法の様な時を過ごしました。プロジェクトが始まったばかりの頃は、まだ全てが工事中で建物にヘルメットをかぶって入らなくてはなりませんでしたが、私たちはホテルが自分たちのアイディアと共に発展していくのを見ていました。それは特別な冒険の様な気分です。


あなたの街について教えてください。

アムステルダムの特別な所は、アムステルダムは世界的な街であり、同時に小さな村でもあるという所です。生活のリズムは細い通りの自転車や、運河の小さなボートの速さで決まります。


現在制作している作品について教えてください。

現在はホテルの為の大きな彫刻をつくっています。まだ完成していませんが、3メートルの長さで、スパへ続く廊下に配置されます。ホテルのジムでは木のくぼみに座っているブロンズの犬をつくりました。ギャラリー・スメリク&ストッキングなどでギャラリーでの展示も行っています。


アムステルダムの好きな場所を教えてください。

雰囲気が良いので散歩にはジョーダン地区、イベントではウェスターガスファブリック地区あたりが好きです。そしてコンサートにはもちろん「パラディソ」、旅行をしている気分になりたい時はリンデンフラハトの「デュエンデ」に行ってタパスを食べます。アムステルダムが大きな都市であると感じたい時は「ドフィネ」で食事をします。もちろん、コーヒーはコンサヴァトリウム・ホテルのロビーですね。


Text: Celeste Najt
Translation: Meiko Maruyama
, the Conservatorium Hotel, with the same passion and dedication. She has a unique energy and a special connection with the city. Let´s follow the wonderful tips about Amsterdam she is sharing with us.



Please introduce yourself and your activity.

My first name is Ninón, I am an artist making bronze sculptures, but I also ‘translate the eye’ into expressions of feelings making paintings, photographs, or doing styling for interiors.
This year I have been very busy with the styling of the new Conservatorium Hotel in Amsterdam. I work together with my sister, Alexandra, we are the ones that search for beautiful ideas, objects, furniture, art, light etc. for the interior – 140 suites, restaurant, brasserie, lobby, spa- of this incredibly beautiful place designed by the Italian architect Piero Lissoni.




How does it feel to be the stylist of such an impressive project like the Conservatorium Hotel?

Every time we walk into the lobby, we ask ourselves again, how can a big space feel so calm and comforting as if it were a warm blanket, isn´t it amazingly beautiful? Many times we have been doing our work in the hotel at night, placing objects or hanging things on the walls, as then we do not disturb guests. We had quite some magical moments. When we started the project we still had to enter the building with a helmet as everything was under construction. We saw it evolve and created our ideas evolving with it. It feels like a special adventure.


Could you tell us about your city? What do 
you think about it?

The special thing about Amsterdam is that it is a world city and at the same time it is a tiny village, where the rhythm of life is dictated by the pace of a bicycle in the narrow streets, or a little boat on the canal.


Are you working in your art at the moment? What are you doing?

I am making a huge sculpture for the hotel at the moment, it is not finished yet, it will be 3 meters long and will be placed on a floor leading towards the spa. I already made a bronze dog that is sitting in the tree pit in the gym of the hotel. Furthermore I have my usual exhibitions in art galleries, for example at gallerie Smelik & Stokking.


Please tell us about your favourite places in Amsterdam.

I like the Jordaan best to stroll around for it´s atmosphere. For events I like things that are organized around the Westergasfabriek. Of course for music concerts the best is Paradiso. If I want to pretend I am on a holiday in my own city, I like to go and eat tapas at Duende at Lindengracht. If I want to pretend Amsterdam is a bigger city then I can eat at Dauphine. Of course, a coffee should be taken at the lobby of Conservatorium Hotel.


Text: Celeste Najt

amsterdamのお勧めイベント
Recommended Events in amsterdam
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.