ヤノベケンジ展「シネマタイズ」

NEWSText: Ayumi Yakura

撮影:表恒匡

現代アーティスト・ヤノベケンジの四国における初の大規模な個展が、高松市美術館にて9月4日まで開催されている。

ADVERTISEMENT

ヤノベケンジは、1990年代初頭から「サヴァイヴァル」をテーマに身体に装着する機械彫刻を多数制作し、1997年には放射線を検知する防護服「アトムスーツ」を装着してチェルノブイリを訪問。2011年以降は復興の願いを込めた作品群を制作し、福島を含めて世界各地で巡回展示している。

本展では、初期から最新プロジェクトまでの実作の展示に加え、資料展示やドキュメンタリー映像の上映を通して、ヤノベ作品によって「シネマタイズ」された様々な空間や現実の歴史を追う。さらに、映画監督・林海象、俳優・永瀬正敏とのコラボレーションにより展示室全体を映画セットにする巨大インスタレーションが設置され、実際の公開映画を撮影。まさに美術館自体が「シネマタイズ」される。

ヤノベケンジ展「シネマタイズ」
会期:2016年7月16日(土)~9月4日(日)
時間:9:30~19:00(日曜日は17:00まで)
会場:高松市美術館
住所:香川県高松市紺屋町10-4
TEL:087-823-1711
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/ museum/takamatsu/

Text: Ayumi Yakura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE