リライト・プロジェクト「リライト・デイズ」

NEWSText: Aya Shomura

宮島達男「Counter Void」2003, テレビ朝日所蔵作品

宮島達男「Counter Void」2003, テレビ朝日所蔵作品

2003年に六本木ヒルズ内に設置された宮島達男パブリック・アート「カウンターボイド」が「リライト・デイズ」として今年5年ぶりに3日間限定だけ再点灯する。本作品は、デジタルカウンターによって表現された人間の「生と死」を意味する。

ADVERTISEMENT

東日本大震災が発生から2日経った2011年3月13日、宮島氏の意向により、犠牲者への鎮魂の意味を込めてその光が消された。本人は「震災から3年ほど経過した時、皆が共有していた震災以降の世界が忘れ去られていくことに忸怩たる思いがあった。同時に“カウンターボイド”を点けてもらえませんかという声も上がってきた。そうして “カウンターボイド”を再生するプロジェクトができないかと考え、立ち上げた」と今回の経緯について語る。

今回は、震災が発生してから「カウンターボイド」を消すまでの3日間だけ点灯することで、「消した意味」「点灯する意味」を多くの人と共有し、この震災以降の世界について考え直したいとの気持ちが込められている。点灯会期中は、参加型プログラムやトークセッションを実施。

リライト・プロジェクト「Relight Days」
会期:2016年3月11日(金)~13日(日)
時間:10:00~24:00(初日のみ18:00〜)
点灯式:3月11日(金)17:50~18:00 ※事前予約不要
会場:六本木ヒルズけやき坂 Counter Void
住所:東京都港区六本木6-9
主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人インビジブル
特別協力:MEDIA AMBITION TOKYO
http://relight-project.org

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE