トマトワークショップ:エシン

NEWSText: Aya Shomura

ProjectEsin_logo

斬新で創造性に富んだクリエイティブ・ワークで、私たちをいつも驚かせてきたクリエイティブ集団Tomato(トマト)。その設立メンバーであるスティーブ・ベイカー氏(最高経営責任者)が、Eat Creative(イート・クリエイティブ)のスティーブ・マーティン、アリスン・ジャンベール氏らと2004年に立ち上げたProject Esin(プロジェクト・エシン)が、この2月から3月にかけてワークショップ「Esin」(エシン)を東京と札幌で開催する。

ADVERTISEMENT

トルコ語でインスピレーションを意味するEsinは、あらゆるクリエイティビティを刺激し、探求し、応用する学びの場であり、特定の学生を対象とする美術教育や、座学の場所とは一線を画する。「自分のクリエイティビティを目覚めさせたい。新しい発想法を身につけたい。プロのクリエイターとしての原点を再発見したい」、そんな願いを持つ人がひらめきを生み出し、取り戻すための場所だ。スティーブ氏は弊サイトのインタビューの中で、Esinを考えたきかっけについて「行き先を見失って、孤独を感じている大勢のクリエイター。彼らに助けが必要だと気づいたのが原点です」と語った。

現在、成長とイノベーションの分野で、クリエイティブ・エコノミーが注目されている。ひらめきを実行に移すクリエイティビティの開発が、これほどまでに求められた時代はないだろう。Esinは先駆的なプロフェッショナル集団として、長期間のワークショップ、イブニングセミナー、フォーラムディスカッションなどの活動から、世界のクリエイティ ブ・エコノミーを力強く後押しする。

Esin 第1回東京ワークショップ
会期:2015年2月16日(月)〜27日(金)*実質10日間
クリエイティブ・リーダー:
ジョン・ワーウィッカー (Tomato 創設者、モナシュ大学教授)、グラハム・ウッド(Tomato 創設者、The Gild エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター)、ジョエル・バウマン(カッセル芸術大学学部長)、吉川 徹 (クリエイティブ・ディレクター、リボネシア ディレクター)
会場:Maker’s Base(目黒川沿いの工場跡スペース)
住所:東京都目黒区下目黒2-5-12
定員:20〜30名
参加費:300,000円(税込)
内容:コチラ
http://projectesin.com

Esin 第2回札幌ワークショップ「Memory is the Medium」
会期:2015年3月1日(日)〜4日(水)
クリエイティブ・リーダー:
グラハム・ウッド(Tomato 創設者、The Gild エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター)、ジョエル・バウマン(カッセル芸術大学学部長)、吉川 徹 (クリエイティブ・ディレクター、リボネシア ディレクター)
会場:ICC(インタークロス・クリエイティブセンター)
住所:札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
定員:15名
参加費:50,000円(税込)
http://projectesin.com

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE