「八月の影 〜広島と長崎の黙想」上映会 

NEWSText: Aya Shomura

Murmur (2006), Hiroshima (2007), War's End: An Island Of Remembrance (2012), © Kirk Palmer

カーク・パルマーの映像作品「八月の影 〜広島と長崎の黙想」の上映会が、ロンドンの大和ジャパンハウスにて一夜限り行なわれる。

彼の手法は静謐さと喧噪の表現のはざまに存在する。風景と場の感覚が大きなテーマであり、世界との結びつきにおける実存的本質として捉えることができる。

ADVERTISEMENT

2005年から現在まで、彼は映像三部作「八月の影」(つぶやき(2006年)、広島(2007年)、終戦:追悼の島(2012年))を、写真作品を交えて制作してきた。広島、長崎、屋久島を中心とした一連の作品は「原爆投下による幕引きの影響が今なお潜む場の物理的本質について、歴史的事象が現在に至るまでどのように示しているのか」を一同に考察するものである。

そうしたパルマーの作品は、戦争のいわれのないイメージやその後遺症を免れているがゆえに、”ニュアンス”を重視する教訓主義とは距離を置く。本作品のひとつひとつが、公文書研究や生存者とその家族による回顧録や証言の確認を行なったそれぞれの”場所”や”風景”という彼の個人的経験への応答でもあるのだ。

この史実は解決不能なうえに計り知れず、理解をすら越えている。しかしそれこそが、パルマーが9年以上に亘り核戦争の負の遺産や今も続く影響を追求してきた理由である。生存者の高齢化に伴い、風化させてはならない状況がかつてないほどに切迫している。彼の原爆投下をテーマとした全作品は、さきの特定の場所と時間に「触れる」試みとして解釈できるだろう。

Film Screening: August Shadows -Reflections on Hiroshima and Nagasaki
会期:2014年7月8日
時間:18:00~19:00
*その後20:00までドリンク付きレセプション開催
入場:無料(要予約)
会場:大和ジャパンハウス
住所:13/14 Cornwall Terrace(Outer Circle), London NW1 4QP
主催:大和日英基金
TEL:+44 (0)20 7486 4348
http://www.dajf.org.uk

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE