京都グラフィー国際写真フェスティバル”KG+”写真展

NEWSText: Satsuki Miyanishi

アニュアル・ギャラリーにて、UVライトやダイオードの光りをプラスチックの対象に照らしだすことで妖しげな世界を生み出すクロード・エステーブと、北朝鮮で自身が出会った女性や少女たちの日常生活を独自の視点で捉えたクリスティーヌ・シベール。ともにフランス人の二人による写真展が「京都グラフィー国際写真フェスティバルサテライトイベント”KG+”」の一環として開催される。

ADVERTISEMENT

同じ写真という表現方法でありながら、それぞれが違った観点を持った、その率直な「まなざし」が見る者の心を揺れ動かす。春の季節がほのかに香る京町家の空間に展示された、それらの作品たちとじっくりと静かに向き合う時間をお楽しみいただきたい。

京都グラフィー国際写真フェスティバルサテライトイベント”KG+”写真展
会期:2014年4月18日~5月6日
時間:11:00~19:00(4月21日、28日、5月5日休廊)
会場:ANEWAL Gallery
住所:京都市上京区実相院町156
TEL:075-431-6469
http://www.anewal.net

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE