絵を刻むMAYA MAXX展

NEWSText: Satsuki Miyanishi

MAYA MAXX 静寂 2013年 何必館・京都現代美術館蔵

京都の何必館・京都現代美術館にて「絵を刻むMAYA MAXX展」が開催される。27歳から独学で絵を描き始め、ジャンルを越えた多彩な表現とその飾らない人柄で若い世代をお中心に多くの人々から支持されているMAYA MAXX。2013年3月には、書道界の大きな賞である第8回手島右卿賞を受賞し、絵画の領域だけに留まらず垣根を越えた新しい表現の可能性を高く評価された。

ADVERTISEMENT

想像と破壊、そしてより新しい創造を生み出す芸術家の命題を10年に渡って紹介するこの展覧会は、今年で6年目を迎える。この展覧会では、古代文明や神話などをモチーフに描いた大作群をはじめ、一つの言葉から豊かなイマジネーションを描き出した100号の連作など、新作約60点を展覧する。関連イベントとして、新風館でのライブペインティングや、サイン会も行われる。

絵を刻むMAYA MAXX展
会期:2013年6月1日〜7月28日
時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜(7月15日を除く)
入館料:一般 1000円、学生 800円
会場:何必館・京都現代美術館
住所:京都市東山区祇園町北側271
TEL:075-525-1311
http://www.kahitsukan.or.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE